冬枯れの西丹沢の峰々と富士山

【本文関連情報



西丹沢;大室山
(index)


index
大室山 檜洞丸
大室山(1) 檜洞丸(1)
大室山(2) 檜洞丸(2)
大室山(3) 檜洞丸(3)
大室山(4) 檜洞丸(4)
丹沢山塊 檜洞丸(5)


 大室山(1)へ   檜洞丸   丹沢山塊    山行記録    旅と山旅    関東百名山    日本百名山  

「山の詩」
(丹沢山塊にリンク)


山を歩く、登山を楽しむ・・!、


人生はよく山に譬えられる 

人生、山あり谷あり、

今まで晴れていたが、何時の間にか霧が発生して視界が遮られた、 
地獄のように、こっぴどく吹かれた後の天国のような青天井、

断崖あり落石あり、この先、前へ進もうか退こうか、
一歩、踏み出そうか、止めようか、
この時の一瞬の落差変貌が人生の命運を決する時もある。

山は、登りも下りも辛くて苦痛の連続である
だが登りの苦痛は、快感にも変わる、マラソンと一緒だ・・!

辛くて下山するのも良し、
頑張って到達した山頂から、雲海を眺めるのも良し、
総ては自分で選択する、それは人生そのもの

結果として、脱落した者には後悔が残り、
達成した者には満足感が残る、 

躊躇して退いてから後悔を積み重ねる人生よりも、
更に一歩踏み出して得られる満足感、達成感
万感を重ねる人生の方がやはり素晴らしい。 

山頂から望む周囲は夢世界で広大無限、 
下界は人々がひしめき合うちっぽけな世界

天上世界は人々の日常的な悩みなどは吹っ飛ぶ、
登山することは、立体的な三次元の体験もさることながら、
現実の世界で、夢を見れる場所でもある。


さあ・・!、今日も夢を見に行こう、

☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

西丹沢;大室山

☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆


【本文関連情報



  【山旅の記】


今から90年も前の英国の登山家・ジョージ・マロリーは、国威発揚かけて三度のエベレストへ挑戦していた。1924年6月、その第三次遠征において、マロリーはパートナーのアーヴィンと組んで頂上を目指したが、北東稜頂上直下で行方不明となった。

マロリーの死因や行動は、不明後75年にわたって謎につつまれていたが、1999年5月に国際探索隊によって、その遺体が発見された。 
無線が未だ発達していなかった時期であり、マロリーが世界初の登頂を果たしたか否かは不明だし、未だに論議を呼んでいるという。

遠征の直前に、マロリーが「なぜ、あなたはエベレストを目指すのか」と問われて、「そこに山があるから・・ 」(Because it is there.)と名セリフで答えたという逸話はあまりにも有名である。 

だが、マロリーのあの有名なセリフは取材陣の質問攻めに答えるのが面倒くさくなって、その場しのぎに適当に答えたセリフだというが・・?。

マロリーの名セリフは兎も角として・・、

神奈川県に住む(当時は東京大田区)小生にとって、「そこに山があるから」の“そこ”は神奈川の屋根といわれる「丹沢山塊」であった。 
そして、先ず丹沢山系に取り付いたのが20代後半で、今から40数年も前のことである。 

その頃は、一種の登山ブームであり、週末ともなると有名な山岳は登山道は人で溢れ、宿泊の山小屋は岳人でごったがえした。 
又、八ヶ岳やアルプスへ向かう新宿発の夜行列車は超満員であり、仕事帰りに遅れて出向いて、デッキで立ちっぱなしで、翌朝、寝ずのままそのまま頂上へ向かった事なぞ4度や5度ではなかった。  

当時は、このような多少無理しても平気な若年層が登山者の主流であったが、現在は、どちらかといえば50代、60代の熟年層のハイカーが大半のようだ。

小生も、今は熟年となった今日(こんにち)ではあるが、頻度は少なくなったが相変わらず、それらを楽しんでいる。
叉、、60歳の定年を迎えて登山を楽しむかたわら、現実的な夢であり、兼ねてより念願だった「日本一周旅行」も果たし、現在、その旅の紀行をつらつらと書き綴っている。 

気が付くと、若年より足の向くまま、気の向くまま、登りに登った各地の山の雑記、雑文なども、机の周辺のソチこちに散らばっていた。

ところで、若輩の頃から、本や勉強、新聞やTV等々から情報を「インプット」することばかり経験してきた。 しかし、自身から「アウトプット」という経験を積む機会はほとんどなかった。
現在ではP・Cとかを使用して過去のメモ、記録を集成し、編集し、保存することも可能になったようである。

又、普通の人もNetwark・Webとかで自己を表現し、世間に発信する事ができるようになったようである。
そんな訳で、いわゆる現代の機器を利用して、小生なりに、手持ちの記録集や雑文集を「備忘録」としてまとめ上げ、そして必要に応じてこれらを公表・「アウトプット」しようとも考えた。 

しかし、何しろ定年後に多少なりともウルウルに覚えた電子機器なので、御見苦しい点や不可思議な面所(めんどころ)は多々あると思われる。 

そこは是非、ご容赦願いたい。 


先ずは次回、西丹沢;大室山をお楽しみに・・!!




        

【本文関連情報

大室山(1)へ   檜洞丸   丹沢山塊      山行記録    旅と山旅    関東百名山   日本百名山

【小生の旅のリンク集】
旅の紀行・記録集
山の紀行・記録集 山のエッセイ
「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (別URLです)

【日本の世界遺産紀行】 
北海道・知床  
白神山地 
紀伊山地の霊場と参詣道 
安芸の宮島・厳島神社  
石見銀山遺跡とその文化的景観 

ハワイ旅行2007
九州旅行2008
沖縄旅行2008
北海道道北旅行
北海道旅行2005
南紀旅行2002

鎌倉・湘南紀行


「山行リスト」 

立山、剣(天の記)(1971年)
白馬連峰登頂記(2004・8月)
北ア・槍−穂高(1968年)
上高地・明神(2008年)
南ア・北岳(1969年)
八ヶ岳(1966年)
八ヶ岳越年登山(1969年)
谷川岳(1967年)
丹沢山(1969年)
西丹沢・大室山(1969年)
西丹沢・檜洞丸(1970年)
丹沢、山迷記(1970年)
奥秩父・金峰山(1972年)
「上高地雑感」
「上越国境・谷川岳」
「丹沢山塊」
「大菩薩峠」
 


スキーの記録  
「スキー履歴」