九州の旅;写真と解説

平成年20(2008)年10月25日〜11月1日  (8日間)
福岡県⇒佐賀県長崎県熊本県大分県福岡県



天神、天満宮の総本社、大宰府天満宮・本殿と飛梅(右)


「九州」とは・・?!

四国は「身一つにして面四つ」と言われたが、同じく数字の付く「九州」は、九つの国の成立によって九州の呼称が生まれた。 
即ち筑前、筑後、肥前、肥後、豊前、豊後、日向、大隅、薩摩の九ヶ国のことである。  

尚、古代、大和朝廷の時代には、
九州は「筑紫(ちくし)の国」、「豊(とよ)の国」、「肥(ひ)の国」、「日向(ひゅうが)の国」と称して四つの国であった。  
それが律令によって細分化され、筑紫の国が筑前(ちくぜん)、筑後(ちくご)に、豊の国が豊前(ぶぜん)、豊後(ぶんご)に、肥の国が肥前(ひぜん)、肥後(ひご)に、日向の国が日向(ひゅうが)、薩摩(さつま)、大隅(おおすみ)の九つに分けられて、
筑前にあった「太宰府」が九州全域を統括する場所として九州が完成している。


そして、日本列島で、いち早く国々が成立したのは九州であり、
その後、国々の名が付けられたのは律令国家が成立した時期(7世紀後半から8世紀前半頃)と言われる。 
律令制(奈良期後半に定められた政令)において、九州は「西海道」と称し、
特に、都より山陽道、西海道を経て太宰府までつながる道を大路(主官道)と称し、
太宰府より九州各地へと向かう西海道を小路と呼んでいた。 

因みに、中路は東海道、東山道等のことで当時は道を軸として国名が付されていったのである。 
また、西海道の別名として鎮西とも呼ばれていた。
 
その間の平安時代から明治初期になって廃藩置県が決行せれるまでの凡そ1000年の長期にわたって変更がなかった。 
廃藩置県以降は、府県合併を経て現在の九州七県が誕生している。


尚、今回巡ったのは九州北部の四県であるが、
過去に(2006年秋)、「日本一周の旅」で九州を一周しており、
この時の様子を下記構文(リンク)にて詳細記載してありますので参考にして頂きたい。


詳細目次;  九州(北、西部) 九州(南部) 九州(東部)  沖縄本島 



【本文関連情報





長崎平和記念公園; 雨の中、平和の像を見つめる修学旅行生


九州旅行   九州旅行1へ   日本周遊紀行   旅と山の紀行   日本の世界遺産紀行   古都鎌倉紀行


【本文関連情報



平成年20(2008)年10月25日〜11月1日  (8日間)
福岡県⇒佐賀県長崎県熊本県大分県福岡県
日 程 
リンク 
主 要(観光)コース

宿泊地

リンク

第1日 厚木自宅⇒羽田発7:30⇒⇒⇒福岡空港着9:15⇒空港(マツダレンタカー)⇒香椎宮⇒海ノ中道⇒宗像大社⇒門司・レトロ街⇒福岡市内(中洲、天神で夕食)⇒宿泊(平和台ホテル)


福岡 リンク1
第2日

ホテル⇒大宰府と天満宮⇒武雄温泉(元湯・入浴⇒大村湾P・A⇒長崎平和記念公園・浦上天主堂⇒グラバー亭、大浦天主堂⇒宿(長崎ワシントンホテル)⇔繁華街、めがね橋、中華街・・・夕食)

長崎 リンク1
リンク2
リンク3
第3日 ホテル⇒諫早干拓堤⇒小浜温泉⇒雲仙地獄・温泉(仁田峠スカイライン)⇒深江道の駅、災害記念館⇒島原F・T⇔島原城、武家屋敷跡⇒⇒⇒熊本F・T⇒熊本城⇒宿(六花の湯・ドーミーイン熊本)⇔熊本繁華街(夕食)

熊本 リンク1
リンク2
第4日

ドーミーイン熊本⇒水前寺公園⇒南阿蘇鉄道(みなみあそみずのうまれるさとはくすいこうげんえき:日本一長い駅名)⇒阿蘇中岳火口⇒阿蘇・草千里⇒大観峰(阿蘇外輪景勝地)⇒飯田高原・長者原⇒九酔峡(九重大吊橋)⇒筋湯⇒黒川温泉:御客屋旅館(宿泊)⇔散策・ふもと旅館(立寄り湯)

黒川温泉 リンク1
リンク2
リンク3

リンク4
第5日 黒川温泉・宿⇒九重I・C⇒大分空港⇒国東(仏の里)⇒両子寺⇒天念寺、川中不動⇒長安寺⇒富貴寺⇒
伝乗寺(真木大堂)⇒熊野磨崖仏⇒宇佐神宮(八幡宮総本社)⇒鉄輪温泉:陽光荘(宿泊)


別府・
鉄輪温泉
リンク1
リンク2
第6日 鉄輪温泉・地獄めぐり:海地獄⇒かまど地獄⇒地の池地獄⇒宿宿⇒別府市内、竹瓦温泉(立寄り入浴)⇒陽光荘

別府・
鉄輪温泉
リンク1
リンク2
第7日 陽光荘⇒湯布院(由布院散策、金隣湖、下ん湯 ( したんゆ )立寄り湯、「天上桟敷」(休憩:モン・ユフ、林檎のコンポート)⇒湯平温泉(散策:共同湯・中央湯入浴)⇒湯布院⇒宿・陽光荘⇔ひょうたん温泉(立寄り湯、食事)

別府・
鉄輪温泉
リンク1
リンク2
リンク3
第8日 宿(光陽荘)⇒大分道・玖珠⇒深耶馬溪(一目八景⇒耶馬溪ダム⇒溪石園)⇒本耶馬渓(羅漢寺⇒青の洞門・競秀峰⇒オランダ橋)⇒R496(魔林峡、猿飛千壺峡)⇒英彦山・高住神社⇒花公園ケーブルカー⇒⇒奉幣殿⇒参道⇒旧亀石坊(雪舟庭園)⇒小石原(道の駅)⇒秋月⇒大分道・甘木⇒福岡空港(レンタカー返却、土産、夕食)、20時45分発⇒⇒⇒羽田22時15分着(息子送迎)⇒自宅帰着

最終日 リンク1
リンク2
リンク3

        



【本文関連情報




九州旅行
  九州旅行2へ  日本周遊紀行  旅と山の紀行  日本の世界遺産紀行  古都鎌倉紀行

日本周遊紀行:詳細目次
詳細目次(東日本)  信越・東北西沿岸 北海道T、世界遺産:知床 北海道U 東北・東沿岸 関東沿岸
詳細目次(西日本)  鎌倉・湘南 東海 近畿 四国 山陽 九州(北、西) 九州(南) 九州(東)  沖縄  
               山陰・北近畿  
北陸  世界遺産:紀伊熊野 宮島 石見銀山
【小生の旅のリンク集】
旅の紀行・記録集
山の紀行・記録集 山のエッセイ
「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (別URLです)

【日本の世界遺産紀行】 
北海道・知床  
白神山地 
紀伊山地の霊場と参詣道 
安芸の宮島・厳島神社  
石見銀山遺跡とその文化的景観 

ハワイ旅行2007
沖縄旅行2008
北海道道北旅行
北海道旅行2005
南紀旅行2002

「山行リスト」 

立山、剣(天の記)(1971年)
白馬連峰登頂記(2004・8月)
北ア・槍−穂高(1968年)
上高地・明神(2008年)
南ア・北岳(1969年)
八ヶ岳(1966年)
八ヶ岳越年登山(1969年)
谷川岳(1967年)
丹沢山(1969年)
西丹沢・大室山(1969年)
西丹沢・檜洞丸(1970年)
丹沢、山迷記(1970年)
奥秩父・金峰山(1972年)
「上高地雑感」
「上越国境・谷川岳」
「丹沢山塊」
「大菩薩峠」
 


スキーの記録  
「スキー履歴」