[ Text Top ]

PikaZip活用法 1 (基本編)

Pika Zipとは?
PikaZipとは、パス付きZIPファイルのパス解析ツールである。
フリーウェアで解析が早い上に、レジストリを一切使わない。
使いやすいオススメのツールである。

PikaZip入手法
http://www.ipc-tokai.or.jp/~pusa/
こちらの「Soft」というリンクから入手できる。 (もしくは ベクター よりDL可)
本家には、本体とともに「辞書」も置いてある。忘れずにダウンロードしておこう。
2種類あるが、落とすのは「megadic.zip (3.49MB)」と書かれた
大きな方の辞書だけでよい。非常に優れた辞書である。

[2009.9.15 追記]
megadic.zipが置いてあった本家サイトが休止しているようである。
再配布は特段禁止されていなかったと思うので、ここにオリジナルを置いておく。


PikaZipの設定
メイン画面の「設定」アイコンをクリックして設定画面に入る。


(1) [共通]タブ

ここはデフォルトのままでよいだろう。

(2) [検索方法]タブ

ここでは「辞書検索をする」「全数検索をする」にチェック。

(3) [文字]タブ

このタブはほとんどデフォルトで良いだろう。ただ一つ注意すべきは、
「全て大文字」 をチェックしないことぐらいだろう。

(4) [辞書]タブ

このタブにおいては、「辞書追加」を押して必ずmegadicを登録しておく。


(5) [全数]タブ

桁数は7〜10桁程度で十分だろう。
それ以上に設定しても、非現実的な時間がかかるだけである。
文字は「小文字」には必ずチェックを入れる。「数字」もチェックすることを勧める。
他は好みで(チェックを増やすほど検索数は多くなってしまうが)。

すべてOKならば、右下の「保存」を押して設定を保存する。


PikaZipの使い方
メイン画面の 「アーカイブを開きます」 アイコンをクリックして、解析したいファイルを選ぶ。

もしくは、メイン画面に直接D&D(ドラッグ&ドロップ)で放り込んでも良い。
そして、 「パスワードの検索を始めます」 をクリックして検索スタート。

パスワードが発見されれば、下図のように通知される。


これで一応は使えるようになった。
単純な英単語のパスであれば、ほぼすべて一瞬で解析できるハズである。
しかし、このままの状態では日本語のパスに対応していない。
そこで、俺様独自の日本語辞書などの便利辞書を用意してみた。

>>Next

| Text Top  | bbs  |