世界史通史
【基本情報】
 担当講師:スイショウ
 授業実施日時:1回2時間で、夏休み全体を通して15回行います。
           実施日と開催時間は、「授業予定」のところに記載しています。
 場所:「リアルタイム授業」の教室(YouTube Liveで配信)

【参加対象】
 ・学校で世界史の範囲が終わっておらず、なんとか全範囲を一通り夏休み中にやりきりたいという人
 ・用語を一対一で覚えていて、事象の意味付け・一般化が出来ていない人
 ・二次試験に論述問題が出題され、歴史的事象への本質的な理解を必要としている人

【到達目標】
 ・センター試験の「世界史B」で100点中80点以上を得点する
 ・今後の難関大への対策を円滑に進めるための下地を作る

【授業内容】
 古代オリエントから現代史までの基礎を一通りおさらいする「初心者向け」の講義を行います。
 私大向けのマニアックな知識や、暗記だけで良い「文化史」はほとんど省き、
 受験生が理解するのに苦労するであろう「歴史の流れ」に重点を置いて授業をしていきます。
 予習は不要ですが、授業で皆さんにお見せする「パワーポイント」の全スライドをプリントにまとめたものを事前配布します。
 基本的にはそのパワーポイントに沿って、講師が世界史の流れをひたすら語っていくことになります。
 「なるほど!」と思ったことはすべてメモして、授業内容がいつでも再現できるようにしておくことが大事です。
 下のほうにある「授業予定」のところに各教材のリンクが貼ってありますから、授業前に印刷をお願いします。

 ※授業では毎回確認テストがあります。世界史は「理解」した後に「暗記」しないと得点になりませんから、しっかり復習してくださいね。

【持ち物】
 コピー機(教材を事前に印刷してもらうために必要。)

【お知らせ】(最終更新日:2014.7.14)
 ★

【授業のリンク】
 第1回 / 第2回 / 第3回

【授業予定】
 第1回(7/29):古代オリエント世界、古代地中海世界
 第2回(7/31):アジア諸地域の展開
 第3回(8/4):中世のヨーロッパ世界
 第4回(8/6):アジアの巨大帝国と諸地域
 第5回(8/8):近代ヨーロッパ(1)
 第6回(8/12):近代ヨーロッパ(2)
 第7回(8/14):アジア諸地域の植民地化
 第8回(8/19):帝国主義と第一次世界大戦
 第9回(8/21):世界恐慌から第二次世界大戦
 第10回(8/23):冷戦の時代
 第11回(8/26):各国・各地域現代詩
 第12回(8/28):地域統合と国際機関
 第13回(8/30):演習(1)〜センター試験の問題〜
 第14回(9/1):演習(2)〜私立大学の問題〜
 第15回(9/3):演習(3)〜国立大学の問題〜


【指導方法】
 YouTube Liveなどを利用して配信し、Webカメラを利用して机上に問題文や板書を写します。
生徒の皆さんはそれを目で見て、講師の解説を耳で聞き、
吸収した内容をどんどん手元にメモしていってください
不明点は授業中や授業後に「チャット」で質問してもらい、その場での解決を図ります。
また、授業冒頭で前回の内容の確認テストも実施するので、
「復習」も疎かにしないようにしてください。

【その他】
◆〜
LiveClassに戻る