木綿や麻などの植物性繊維は、セルロースでできているため、羊毛や絹のようにタンパク質でできている動物性繊維に比べ、染まりが悪いです。そのため、助剤処理が必要になります。
 植物性繊維に、人工的にタンパク質加工するのが助剤で、助剤には、豆汁(ごじる)が適しています。
《豆汁の作り方》

  @白大豆をカップ1とり、そこへ、カップの上まで水を注ぎこみ、一晩
    つ けておく。

  Aふやけた白大豆を、水ごとミキサーにかけて、どろどろになるまで
    潰す。

  B布で漉す。
     ※助剤として使うときは、水で10倍に薄める。

《下処理の方法》

  @綿布をお湯で炊き、糊をよく落としておく。

  A水で10倍に薄めた豆汁の中に綿布をつけて、中の空気を抜く。

  B染むらをなくすために、布を動かしながら、30分間つける。

  C綿布を絞って、しわをよくのばし、1日以上陰干しにする。乾燥が
    不十分だと染むらの原因になるので、完全に乾かす。

  D数日間、綿布を寝かせてから染める。
 《かんたん助剤》

   豆汁の代わりに、市販の豆乳でも代用できます
   が、豆汁より染着力は落ちます。豆乳を3倍に
   薄めて、豆汁と同じように使います。