アミスクウィア

 バージェス頁岩の動物群には、現在の生物との関係が明らかではない化石が何種か含まれている。
その中には、後の研究によって、同時代のまたは後の時代の生物との関連性が明らかになった種もいくつかある。
 しかしながら、アミスクウィアに関しては、いまだに他の生物との類縁関係がよくわかっていない。 澄江から発見されたウェツストウェルミスとの関連を指摘する学者もいるが、こちらも環形動物・節足動物・軟体動物など所属をめぐっては、多くの説が出されている。
 アミスクウィアは透明で体長2cm、頭部に一対の触角のようなものをもっている。
体の側面と後部には、鰭状の構造があり、遊泳生活をしていたと考えられている。

 一般にゼラチン状の体で、透明な復元が多いが、下の右の図でそうでない想定の復元ものせてみた。

  

アミスクウィア
Amiskwia sagittiformis