すが漏れ!(特に、たての屋根、たて長尺屋根に多く見られる現象です。)


普段の雨なら、どんなに強く降っても雨漏りしない屋根でも、冬は違います。

下の絵のように、寒さが続くと、軒先には、氷の塊が出来てしまいます。

これは、家の中の空気は暖房器具などで暖められていて、上へのぼっていき、暖められた空気は、屋根に積もった雪をわずかに溶かします。

溶けた水は、屋根をつたい下に流れていき、部屋を通り過ぎると、その先は外の気温に近づき、凍っていきます。

この水は、うまく下に流れ着き、雨樋に入ればいいのですが、雨樋も凍りつき、雪もはみでているためツララとなり、だんだんと成長していきます。

昼間はなんとか流れ出ていた水も、夜になると完全に凍り、行き場のなくなった水が屋根の隙間を伝い入り込み、雨漏りの原因となります。


軒先の
軒天部分にしみができているのをよく見かけますね。たまに、軒天からつららが下がっている家もあります。

間違いなく、すが漏れしているので、早急に対策を考えないと、木部の腐食が進み、軒先が雪の重みに耐え切れずに、折れ下がってしまいます。


暖房を多くとっている部屋の上の屋根には、かなりの雪解け水が溜まっています。

雪下ろしなどをしていて、雪の下に水溜りを見つけたことがある人もいると思います。

すが漏れは、
カバールーフ(屋根かぶせ工法)により、防止することが出来ます。


軒先からの雨漏りなので、家の中には漏らないので、気がつかないことが多いです。

軒天を外から見るだけで、水が漏っているか確認できますので、ぜひ一度ご自分の家を点検してみて下さい。

軒天に、シミや塗料のはがれ、ひどいときにはベニヤがささくれてぶら下がっていることがあります。

木部の腐食が進まないうちに点検を依頼してください。



        

  戻  る