名称
アギスミレ
和名
顎菫
属科
スミレ科 スミレ属
特   徴

高さは5-20cmで茎は柔らかく倒れやすい。葉は幅2-3.5cmの扁心形で裏面は紫色を帯びる。基部は葉の半分近くまで深く割れ張り出す。特に花後の葉はブーメラン状に葉の中心より深く湾入し独特の形となる。
托葉は披針形で全縁。

花は白色で唇弁表面が全体に赤紫色となり紫色の筋が目立つ。花弁は長さ0.8-1cmと小さい。側弁は有毛で少し跳ね上がる。
距は2-3mmと短く球形に近い。アギとはアゴのこと。  

花 期
5月〜6月
分 布
山地のやや湿った草地や林内
類似種
ツボスミレ・ヒメアギスミレ
撮影地
板取・山門湿原
ひとりごと

アギスミレはツボスミレとよく似ており、ツボスミレの葉も同じ株で心形から深く湾入するものまでがあり、一方アギスミレの葉も花期の茎上部の葉は湾入が少ないものも多く、又、どちらとも言えないような中間体の葉もあり典型的な葉のある個体以外区別するのは難しいですね。

下の1枚目は板取の我が家の庭に咲いていたもの。2・3枚目は山門湿原管理人の方に教えていただいたアギスミレ。どこか・・違うのかなぁ。

検索エンジンで入られた方は をクリックしてください。