大澤舎 新井家

     
                                大澤舎新井家表門
           
                                    

                                      大澤舎扁額
       
       柳原前光卿 筆  卿は大正天皇の伯父に当たる。
 

  後北条氏に被官した新井家は戦国時代巾着田にほど近い舌状台地である
この地に土着し、以来現在で16代を数え、江戸時代は代々名主を務めた旧家です。
その居宅『大澤舎』は式台や付け書院などを備えた格式高い造りになつて
おり、今も暮らしの場として歴史を重ねている。

        歴史        建物と屋敷地  

                               新井家の家紋は丸に井筒(井桁)と丸に三つ大

※一般公開は中止しました。公開再会の予定は有りません。
※大澤舎新井家は巾着田前の古民家、旧新井家住宅とは出自縁戚等一切関係ありません。