大阪和泉市繁殖場崩壊の犬たちについて

要望の内容  (6月14日変更)


92頭全頭が愛情と責任ある適切な飼い主に譲渡されるまで、
責任を持って犬達の命をお守りして欲しい

92頭の犬達について広報期間の延長・拡大等、出来得る限り
個人の家庭に譲渡されるようにご配慮してほしい。

18頭全頭が無事に適切な里親へと譲渡を完了されますよう、
強く要望致します。


特に大型犬種は、飼養が困難だという理由から譲渡希望者から避けられて期限内に譲渡が完了しない可能性があり、また、老犬や疾病の重い犬についても、府が『適切でない』と判断して譲渡を行わない可能性があります。
上記の要望に賛同される方は、どうか下記の要望書にご署名ください。


直筆が可能な方用のプリントアウトできる署名用紙は、
  こちらから
(封筒に必ず「要望書在中」と書いてください)
       
                 「大阪和泉要望書」PDF


             「オンライン署名」

                    (一度締め切ります。)



 
             
★「祈りの声」

貴重なコメントを沢山お寄せいただきましたので、
コメント部分のみその一部を抜粋掲載させていただきます。
事後報告となりますがお詫び申し上げます

※お送り頂いた署名は個人情報が漏れる事のないように細心の注意を払った上で
責任を持って大阪府へ提出させて頂きます。
※感想の覧にに、ひとことでも、意見、要望等をお書き下さい。有志一同

☆ 要望書は、大阪崩壊繁殖場の犬達のことをネットで知った後、 1月よりずっと経過を見守り続けてきた個人達が、 有志として協力し合い、作成しました。『今度こそ111頭全頭が適切に譲渡され、新しい家族の元で幸せに暮らして欲 しい』 そんな願いを込め、知事、及び副知事に最善の措置をご配慮頂きたいと思い作成 しました。 ☆