東海温泉馬鹿一代目岐阜県→高砂温泉


高砂温泉 【天然温泉 瑞浪の湯たかさご】
(たかさごおんせん)




廃業

【住所】  岐阜県瑞浪市小田町寺之前709-3
【電話】  0572-67-3500
【料金】  800円(20時〜500円)

【泉種】  アルカリ性ナトリウム・カルシウム-塩化物泉 pH8.8 90L/分 3.19g/kg H3分析

【備品】  リンスinシャンプー・ボディソープ・ドライヤー・櫛・タオル大小・館内着(20時以降なし)
【営業】  10時〜22時 平日は11時〜 第3水曜日・年末年始定休
【記録】  2006/7/10 【再訪@】 2006/12/6 【再訪A】 2008/7/12 【確認】 2009/5/31

評価
  
施設 ★★★
お湯 ★★
湯上感 ★★★★
料金
総合 ★★★


【コメント】 

 国道19号からちょっと入った所にある施設。車寄せがある
温泉施設で身体障害者の方でも使いやすい施設ではないで
しょうか。さて今回は21時過ぎからの利用で、外気温26℃・曇
りの中での利用です。                       
                                    
 駐車場は施設前と奥にあるのですが8割方埋まっており、
なかなか人気のある施設です(^^ゞ。道路の反対側にはボー
リング場の建物もあり同じ経営母体とのこと。(再訪Aの時に
はすでになくなり、ドラックストアーになっていました)

 施設に入ると右手に下駄箱・正面に別のドアがあって施設
中心部となっています。下駄箱は100円リターン式ですので
100円玉を準備しましょう。                    
                                    
 奥へ進むと受付カウンターがお出迎えして頂けます。「22時
閉店ですがよろしかったでしょうか?500円になります。」 
ん?500円?入り口には800円と書いてあります。カウンター
付近を見渡すとありました!20時以降は500円の張り紙が
(≧∇≦)/。20時以降が500円というのは初めて知りましたが
これはお得!但し館内着はありません。 
  
 館内は受付の反対側に広い休憩エリアが設置されていま
す。TVや新聞もあり、地元の方が会話を楽しんでいる様子。
またその奥には食事処・受付横には売店が設置されていま
すが、時間があまりないので脱衣所にすぐ突入です。    
                                    
 暖簾をくぐると成分表と利用状況表がど〜んと掲示されて
います。脱衣所内部のロッカーはザルと100円リターン式ロッ
カーの2種で、100円リターン式ではハンガー付きの大きなロ
ッカーとなっております。しかし残念ながらスーツは擦ってしま
うので無理ですね(T_T) 。また洗面台や休憩エリアもちゃんと設置されており、のんびり身支度
が可能です。

 浴場に入ると微かな塩素臭と漢方湯の毒々しい香りが鼻を
刺激します。内部構成は左手にコンパクトなサウナ・正面に
左手から水風呂・温泉利用風呂・薬草湯となっており、右手
に洗い場が並んでいます。照明は少し暗めですが目が慣れ
てしまえば落ち着く感じがします。また内風呂と露天風呂の
間はガラス張りとなっていますので開放感は結構あります。 
                                    
 掛け湯が入り口右横にあり、微かに白濁です(再訪A時は
透明)。洗い場は仕切ナシのタイプで席数は施設にしては多
めです。シャワーは押しボタンタイプで結構長くお湯が出てくれます(´ー`)ノ。ソープ類は天然成
分配合のタイプで匂いは強くありません(´ー`)ノ。

 さっと体を洗い、メインの湯船に浸かります。この湯船はジ
ェットバスやバイブラーバスが設置されておりますが、場所に
よっては波が立たない所もあります。しばらくボケーとお湯に
浸かります。                             
                                    
 お湯は無色透明で軽めの塩素臭と、鉱石臭・塩素味と微か
ながらまろやかな塩味を感じます。お湯の投入口では弱いな
がらも硫黄臭も感じられ、このエリアでは珍しく放射能泉では
ありません。

 脱衣所の壁に掲示されている日本天然温泉検査機構の温
泉利用証を確認すると、毎分25Lの新湯を投入し、加温・未
加水・塩素消毒とのこと。ぜひ他の温泉全施設にも情報公開
の為にこの利用証を明記してもらいたいものです。      
                                    
 露天は大人5人で一杯になる広さの岩風呂があり、手入れ
された庭園とカッパの置物を見ながらゆったりと出来ます。
半身浴をしながらアルカリ性の突っ張り感と塩のパリッとした
感覚を弱いながら楽しみました。全体的に塩素臭はします
が、そんな強くはありませんので許せる範囲です。 

 湯上がりはフロント前の休憩エリアで新聞を読みながらゆ
っくりします。周囲は閉店ぎりぎりまで結構な客がおり、地元
に愛されている施設であることが判ります。          
                                    
 湯上り感は体がポカポカ〜、肌はサラサラ〜なのですがこ
の時期は正直熱いです。やっぱり塩化物温泉は冬向け温泉
ですね(再訪Aでは夏でも夜風が気持ちいいと感じました)
夜布団に入ってから正直少し辛い物がありました。(再訪A
ではそこまで辛くありませんでした)。翌日朝にシャワーを浴
びるまでは、その火照った状態がつづきました。また匂いは特に残ることはありませんでした。

蛇足:閉店時に流れる「蛍の光」はブラスバンド演奏によるもの、攻撃的な演奏で非常に新鮮
でした。


【再訪@】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 会社帰りの夜8:45〜気温4℃の中での再評価です。施設装
備面で変化無し、漢方湯の毒々しい香りも変わらず。ただお
湯は微かに硫黄臭を感じることが出来ました。        
                                    
 露天風呂横のモミジの紅葉が赤く染まり、雰囲気はなかな
か良い感じです。同じ施設ながら季節によって風景が変わる
とは風流ですね〜(´ー`)ノ。                    
                                    
 湯上がりは冷え込む中でも暖かく感じられ、翌日は疲れが
ド〜と出て来ました。寒いときに効く温泉ですね(≧ω≦)/。


【再訪A】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 2008/7/15に廃業するとのことで、最後に行って参りました。最初の評価文に書き足し、写真
を追加しました。受付前には存続の為に署名をお願いしますという張り紙とともに紙がありまし
たので書かせていただきました。

 廃業は残念ですが、また再開して欲しいものです(;´Д`)。とりあえず今までお疲れ様でした。


【確認】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 付知峡倉屋温泉の再訪帰りに寄ってみました。建物は完
全に撤去され、更地にされていました。横には「たかさご温
泉」という名のバス停が、その地に温泉があったことを示して
います。                               
                                    
 この後どのように土地が利用されるかわかりませんが、更
地になった温泉地は虚しい気分になってしまいますね。ぜひ
機会があれば、せっかくの温泉を有効活用していただきたい
ものです。


TOPへ