東海温泉馬鹿一代目岐阜県→南飛騨馬瀬川温泉


南飛騨馬瀬川温泉 【美輝の湯】
(みなみひだませがわおんせん




2011年6月 閉館 (現在は足湯利用)

【住所】  岐阜県下呂市馬瀬西村1450(道の駅「馬瀬 美輝の里」内)
【電話】  0576-47-2641(近くの同系列であるスパー美輝と同じ番号です)
【料金】  300円

【泉種】  アルカリ性単純温泉 pH9.98 31.9℃ 400L/分(動力) 0.20g/kg H2分析

【備品】  ボディソープ・ドライヤー(リンスinシャンプーは女性のみ有)
【営業】  10時〜17時30分(夏時間・冬時間有り、要確認) 金曜日・年末年始定休
【記録】  2008/4/19 【情報】 2012/1/10

評価
  
施設 ★★★
お湯 ★★★★
湯上感 ★★★★★
料金 ★★
総合 ★★★★



【コメント】 

 気温16℃で青い空に大きな雲が流れる天気の中、16時よ
り入泉です。この施設の横の山を登ったところに同じお湯を
使っている美輝の里スパー美輝があるのですが、同じホテル
会社が運営しており、ここの夫婦従業員もそこから派遣され
ています。                              
                                    
 国道41号から山一つ越え、道の駅に併設された温泉施設
へ向います。道の駅は規模が小さい為にあまり楽しめません
が、意外とバイクや車の休憩地となっているようです。    
                      
 なおこの道の駅に入る為には橋を渡るのですが、ここで衝
撃的にもおじいさんの裸を拝見する事になります。そう、ここ
の男湯は橋から丸見えなのです・・・(;´Д`)。         
                                    
 道の駅の駐車場に入らず、その奥に進むと温泉施設の駐
車場になります。早速車を止めて施設に向かうと営業時間の
書かれた紙が張られています。どうやら1年間で3パターンの
営業時間を設定しており、現在は春・秋モードです。なお夏は
19時半・冬は11時〜17時ですので注意しましょう( ´・ω・)o。

 木造の施設に入ると左手に入れるだけの下駄箱・正面に
脱衣所の暖簾・右手に受付とベンチ状の椅子が設置されて
います。脱衣所横に設置されている券売機で入泉券を購入
して受付に提出するのですが、その料金は300円(≧∇≦)/。
                                    
 受付を済まし、左手の脱衣所に入ります。なお脱衣所入口
左側には大きな温泉分析表が設置されているのですが、一
部が擦れて消えてしまっています。なお詳細については道の
駅に設置されている温泉スタンドの分析表が詳しく記載され
ていますので、気になる方はそちらへどうぞ〜。

 脱衣所内部は篭式と鍵付きロッカー・洗面台が設置されて
いるのですが、鍵付きロッカーは大部分が壊れており使用可
能は2箇所ぐらいです(T_T) 。洗面台横のドアからは開放感
溢れる露天風呂が見えており、おじいさん4人が世間話をし
ているようです。                          
                                    
 脱衣の後、浴場へ向います。浴場は露天風呂1つのみで、
横に出入り口はビニールカーテンで出来ている洗い場小屋
が設置されています。

 洗い場は3席で構成され、仕切りは在りませんが鏡やシャ
ワーは装備されています。なおシャンプーは何故か男湯には
無く女湯のみの設置されているようです。必要な方は持参し
て行きましょう。                           
                                    
 早々に体を洗い、岩風呂風露天風呂に向います。女風呂と
の壁から源泉と思われるぬるいお湯が投入され、湯船の内
壁からは熱いお湯が投入されています。湯船の向こうからは
馬瀬川の流れる音が聞こえ、近くの山並みが手に取るように
見ることが出来ます。ただ調子に乗って立ち上がると橋から丸見えになりますので注意しましょ
う(;´Д`)。

 お湯は無色透明でお湯の投入口では微かな岩石臭と硫黄
臭を感じられ、味も匂いに準じますが、湯船ではそれが感じ
られません。見た目は温泉か井戸水か判りませんが、浸か
ると軽いヌメリの後にしっかりした地肌を感じることが出来、
すぐに強いアルカリ性の温泉であることが判ります。     
                                    
 お湯の利用状況は未加水・加熱・循環・塩素消毒となって
おり一般的な温泉利用状況ですが、お湯の質はそんなに落
ちていないように思えます。ただ湯量はそんなに多くは投入さ
れていませんので利用者が多いと厳しい状況になるかもしれません。

 しばらく浸かっていると肌はしっかりと張りのある状態になり
ます。おぉ〜♪アルカリ性単純泉と言って馬鹿にしてはいけ
ませんな〜(^^ゞ。                          
                                    
 湯上りは受付近くのベンチでゆっくり出来ます。客層は観光
客が殆ど居ない状況で、地元の方が結構頻繁に出入りして
います。どうやら観光客は山上のスパー美輝、地元はこの施
設と棲み分けが出来ているようです(´c ` )。TVは山奥の為
かNHKのBS放送が流されており、なかなか新鮮でした。

 道の駅併設ながら素朴で利用者が少ないこの施設、結構貴重ではないでしょうか。なお館内
にはH2年の分析表が掲示されているのですが、湧出量が400L/分となっておりスパー美輝
記載されている290L/分と異なるのが気になるところです。


【情報】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 掲示板にて「あきう」様より足湯になっていたとの情報を頂き、公式HPで確認致しましたとこ
ろ、「6月15日にて閉館、7月1日より無料の足湯としてご利用下さい」とのこと。しっかり確認出
来ましたので情報を更新いたします。

 貴重な情報ありがとうございました。


TOPへ