増上寺


増上寺・大殿
増上寺 ・ 大殿


 【増上寺】

 三縁山広度院増上寺、略して縁山と呼ばれることもある増上寺は、明徳 4年(1393)、浄土宗第 8祖酉誉聖聰(ゆうよしょうそう)上人によって、豊島郡貝塚(現・麹町)付近に開かれたのがはじまりで、関東浄土宗寺院の大本山である。
 天正18年(1590)、家康公は関東に入り、江戸城に入城したが、その時に休憩に立ち寄ったのが増上寺であったといわれ、この寺で夕食をとってから、夕刻、江戸城に入ったといわれている。増上寺に伝えられている話では、この寺の門前で家康公の馬が進まなくなり、家康公が下馬して門前に出ていた住職と話してみると、三河の大樹寺で修行した存応という僧であることがわかった。さらに、存応上人の号である「源誉」は、徳川家が源姓であるのに相応しいこと、寺の山号、「三縁山」が、「三河に縁がある」と読めること、「増上寺」が「増し上る」という意味で、縁起が良いこと、などの理由で、その場で徳川家の菩提寺にすることが決まったといわれているが定かではないという。又、家康公と増上寺のつながりは、それ以前からあったともいわれ、江戸に入る時に増上寺で休憩する計画は前から練られていたらしい。
 家康公は当時の増上寺住職・源誉存応(げんよぞんのう)上人(普光観智国師)と親しく交わり、やがて増上寺を徳川家の菩提寺とし、慶長 3年(1598)の江戸城の拡張工事の際に、現在地である芝に移転させた。慶長 6年(1601)年には、家康公が数々の危機を救われたと伝えられている黒本尊を安置している。慶長10年(1605)になると、増上寺の大造営も開始され、数年のうちには、本堂、三解脱門(三門)、経堂などの 7大伽藍が完成し、徳川家の菩提寺としてのみならず、又、浄土宗の伝法根本道場として隆盛の時を迎え、慶長13年(1608)、朝廷より「常紫衣」ならびに「勅願所」の綸旨を賜った。増上寺には上野寛永寺と並んで約 50もの子院があり、浄土宗関東十八檀林(学僧の修行場)第一位として増上寺には常時3000人もの学僧が学んでいたといわれる。
 元和 2年(1616)、家康公が没すると、その遺言により増上寺で葬儀が行われている。翌年 2月には、霊廟が建立された(安国殿。のちの芝東照宮)。その後、増上寺には歴代将軍家霊廟が構築され、歴代15代将軍のうち、2代秀忠(台徳院)、6代家宣(文昭院)、7代家継(有章院)、9代家重(惇信院)、12代家慶(慎徳院)、14代家茂(昭徳院)の 6人の将軍と、その正室、側室が埋葬された。
 明治維新後も増上寺は伝法根本道場として親しまれたが、明治時代初期の廃仏毀釈や明治 6年(1873)と同42年(1909)の 2度にわたり本堂(大殿)を焼失するなどの被害にも遭い、再建はされたものの、昭和20年(1945)の空襲で、三解脱門、経堂、御成門などわずかな建物を除いて、大殿をはじめ御霊屋を含めた往時の建物の大半が灰燼に帰した。戦後になると増上寺は、往時と比べてだいぶ境内は縮小されたものの、焼失した大殿に代えて仮本堂を建てて活動、荒廃してしまった将軍家墓所も改葬され、6人の将軍と14代家茂正室の和宮親子内親王(静寛院宮)の墓碑を残し、他は合祀された。その後、昭和49年(1974)には大殿が再建されたのをはじめとして、数々の建物が再建されて今日に至っている。尚、毎年 4月上旬に行なわれる御忌大会(ぎょきだいえ)にあわせて、普段は一般には非公開の徳川将軍家墓所が特別公開される。

 ・ 増上寺フォトページ 1

 ・ 増上寺フォトページ 2

 ・ 増上寺フォトページ 3

 ・ 増上寺関連のリーフレット等

 ・ 増上寺から移築された建物
東京都港区芝公園 4-7-35 Map Fan

関連サイト : 大本山 増上寺


家康公史跡めぐり・目次へ