豊崎神社


豊崎神社
豊崎神社


 【豊崎神社】

 豊崎宮。伝えられているところでは、この地は孝徳天皇の難波長柄豊碕宮跡地で、宮の廃された後、荒地となり、跡地一帯は松林となったため、八本松と称されるようになったという。正歴年間(990~995)、藤原重治がこの地を開墾する際に跡地が埋滅してしまう事を恐れ、樹林中に小祠を建立して孝徳天皇を祀ったという。これが豊崎神社のはじまりといい、のちには村人たちの願いにより、須佐男命が合祀されたといわれる。しかし、明和 9年(1772) 6月29日の火災により、社殿等のみならず、由来書なども悉く焼失しており、そのため、豊崎神社の由緒等については定かではないといわれる(又、近年では調査等により、難波長柄豊碕宮(=前期難波宮)跡地という説は否定されている)。
 豊崎神社は、明治 5年(1872)に村社に列せられ、明治末年 、南長柄の村社・八幡神社を本殿に合祀し、又、近くにあった家康公を祀る東照宮を境内に遷し、さらに相殿として厳島神社を東照宮に合祀した。この東照宮には次のような話がある。慶長19年(1614)、大阪冬の陣の時のこと、家康公が休憩するために豊崎の足立市兵衛宅へ立寄った。その際に市兵衛より差出された麦飯を食べて家康公は大満足し、そこでその姓を尋ねると、市兵衛が足立であると答えたことから、大いに喜び、「永く足立と唱へよ」と、紋章などを賜ったという。そのことに因み、安永 5年(1776) 3月、許可を得て、本庄杉山の足立家邸宅内へ鎮守として東照宮が勧請されたという。この東照宮が近くの豊崎神社境内に末社として遷されたのは、明治40年(1907) 4月14日のことである。境内には東照宮の他に、末社として恵美須神社、稲荷神社、摂社の鹿島神社(相殿として豊受大社を合祀)が祀られている。

 ・ 豊崎神社フォトページ
大阪府大阪市北区豊崎 6-6-4  Map Fan


家康公史跡めぐり・目次へ