船橋御殿跡(船橋東照宮)


船橋御殿跡(船橋東照宮)
船橋御殿跡 (船橋東照宮)


 【船橋御殿跡 (船橋東照宮)】

 家康公は鷹狩を好み、又、その際にはその地方の巡検も兼ねていたこともあり、各地に「御茶屋」、あるいは「御殿」と称される休憩所や宿泊所が設けられた。船橋御殿もその 1つで、慶長19年(1614)、家康公は上総土気(とけ)、東金で鷹狩を行なっているが、船橋から東金に向かってほぼ一直線に延びる御成街道や東金御殿などとともにこの頃に建てられたと推測されている。船橋御殿の面積は約 3万3000平方メートルで、海老川西側の土手に囲まれた地域であったといわれ、広大な正殿が建てられたといわれる。
 家康公は元和元年(1615)11月、東金方面に向かう途中、船橋御殿に宿泊している。家康公の船橋御殿宿泊はこれが最初にして最後のこととなるが、2代将軍秀忠は鷹狩の際には度々、船橋御殿に立ち寄ったといわれている。将軍家による東金での鷹狩が、寛永 7年(1630)頃に終止した後も船橋御殿は存続していたが、寛文年間の終わり頃(1670年代)には、廃止となったようで、その後、御殿の敷地は船橋大神宮宮司の富氏に与えられ、開墾されて畑地となった。
 現在、船橋御殿跡地に建てられている東照宮は富氏が建立したものであるが、この場所がかつて御殿の中心であった場所であると伝えられている。

 ・ 船橋御殿跡(船橋東照宮)フォトページ
千葉県船橋市本町 4-29 Map Fan


家康公史跡めぐり・目次へ