親鸞会の真実

反響集・アインシュタイン150の言葉より

※当サイトに投稿いただいた、私と同じような立場の方からの体験談を紹介いたします。

(50代・男性)

一体どんな話を聞かせるのだろうかとは気になっていましたが、息子から
「一度話を聞いてみてから、判断してほしい」
と言われたことに後押しされ、親鸞会の行事に参加してみました。

この日は学生中心の集まりで、印象としては、淡々と仏教がどういうものであるかを説明する、といった内容でした。

しかし、参加してみて、
「私が仏教に対して、随分と偏った見方をしていたな」
ということに気付かされました。

丁度、『アインシュタイン150の言葉』という本の一部を、資料にして話がなされていましたが、 これが私にとっては新鮮な驚きでした。


「無限なものはふたつあります。宇宙と人間の愚かさ。
 前者については、断言できませんが。」

「手段は完全になったというのに、肝心の目的がよく分からなくなったというのが、この時代の特徴と言えるでしょう。」

「偉大な人々は、常に、凡庸な人々からの激しい抵抗にあってきました。」

「宗教なくして科学は不具であり、科学なくして宗教は盲目です。」

「人間の邪悪な心を変えるより、プルトニウムの性質を変える方が優しい。」
   (アインシュタイン150の言葉 より)



「仏教なら宗教だ。宗教ならやめておけ。」
という論理は、なんだか、無知から来るものに思えてきました。
仏教が何たるものかを、まったく学んでこなかったのは、他ならぬ私でした。親鸞会云々の前に、人間や宗教について、私ももっと勉強すべきだと、アインシュタインの言葉から感じているところです。

息子とのこれまでのやり取りの手前、面と向かって言えませんが、正直に申して、もう少し聞きたくなっている自分がいるのは確かです。

次へ 『科学時代の仏教』より

親鸞会の真実 トップページに戻る