親鸞会の真実

親鸞会の真実 なにが息子を変えたのか


全国の大学を中心に活発な活動を展開する、浄土真宗親鸞会
オウムや統一教会などの新宗教による被害の記憶も新しい中、
親鸞会を母体とする学生サークルに、息子は入っていた。
親鸞会は、異端か、伝統仏教か?
これは会員の息子をもつ父親の見た、親鸞会の姿である。
同じ悩みを持つ方の、助けになればと思っている。

はじめに
1.息子が大学のサークルに入る
2.怪しい宗教とかじゃないだろうな?
3.ゴールデンウィークの合宿
4.いずれお父さんにも話すよ、でもちょっと待って
5.高森顕徹氏の講演会
6.家内がサークルの行事に参加する
7.専従の講師との話
8.「親鸞会は新興宗教だ」と住職は言った
9.会員H氏の主張
10.お前が求めているのは、死んでも変わらない幸せって事なのか?
11.マインドコントロール
12.親鸞会は異端か、伝統仏教か?
13.「生きる意味」
14.「死ぬ瞬間」(親鸞会との比較)
15.親子の対話(親鸞会会員の息子)
16.「死の壁」と親鸞会で教える無明の闇
17.文学から親鸞会をみる−カラマーゾフの兄弟
18.親鸞会と「死を見つめる心」
19.「なぜ生きる」を再読する
20.父と子の関係について
21.「家族の会」が訴えたいこと

読者からの反響

当サイト公開後頂いたメールの一部から、皆さんの反響を公開いたします。

1.アインシュタイン150の言葉

2.『科学時代の仏教』より

3.親鸞会会員の母から息子へ

4.親鸞会会員の大学生より

5.友はなぜ死を選んだのか

6.生きたしるしが欲しかった

7.野球少年だった私

8.冷めた人生からの転換

参考リンク

浄土真宗親鸞会 公式ホームページ
親鸞会 親子ネット〜心の絆〜
親鸞会 ブログポータル
親鸞会 ドットネット
親鸞会 東京公式サイト
親鸞会 総合リンク集
真宗「原理主義」の台頭 浄土真宗親鸞会
親鸞会批判の真実 「家族の絆」の正体
マインドコントロールと親鸞会の真実
メディアの見た親鸞会
自殺サイト なぜ死んではいけないのですか?

Counter