「バハイ祈りの書」

 

 

神について語られ、賛美されるこの地点、

 この家、この場所、この町、この心、この山、

 このかくれ家、このほら穴、この谷、この陸、

 この島、そして、この草原に祝福あれ。

                                    バハオラ

 

 祈りと瞑想 

  祈りはこの創造界でもっとも美しいものである。人は祈っている状態で生活しなければならない。

 祈りの状態にあるとき人は最高の幸せを感じる。祈りというのは神との対話をさす……。祈りによ

 り精神性が生み出され、心が敏感になり、清らかな気持が生じ、知的な感受性がみがかれて高めら

 れるのである。(西の星、八巻、p.41

 

 

 祈りの効果

 

     祈りの調べの美しさは

 おお、わがしもべよ、あなたに与えられた神のことばを、 

 神の近くにひきよせられた人びとがとなえるようにとなえよ。

 そうすれば、あなたの祈りの調べの美しさは、あなたの魂に火をともし、

 すべての人びとの心をひきつけるであろう。

 だれであれ、自室で神が啓示されたことばをとなえると、

 ひろく散らばる全能の神の天使が、その人の口からもれることばの香りをかしこに運び、

 すべての公正な人の心を感動で満たすであろう。

 たとえ最初は、そのことに気づかないとしても、

 祈る人に与えられる恩恵の効果は、おそかれ早かれ、

 かならず、その人のたましいに影響をおよぼすであろう。

 このように、神の啓示によってもたらされる神秘は、

 力と英知の源である神の意志により定められたものである。

                                                                 バハオラ

 

 援助

 

     富の大洋から分け前を

 主よ、わたしどもはみじめです。恩恵をあたえて下さい。

 わたしどもは貧しい者たちです。あなたの富の大洋から分け前をあたえて下さい。

 わたしどもは貧さにあえいでおります。満たして下さい。

 わたしどもは卑しい状態にあります。栄光をさずけて下さい。

 空とぶ鳥も、野のけものも、あなたから日々のかてを受け取っております。

 また、すべての生き物は、あなたの保護と慈愛を受けております。

 このか弱い者が、あなたのおどろくべき恩恵を失わないようにして下さい。

 また、あなたの力により、この頼りないたましいに恩寵をあたえて下さい。

 わたしどもに日々のかてをあたえて下さい。

 そして、生活に必要とするものをより多く授けて下さい。

 それにより、あなた以外のものに頼らず、

 あなたと親しく交わり、あなたの道を歩み、

 あなたの神秘を証言できますように心から願います。

 あなたは全能者であり、慈愛ある方であります。

 そして、全人類に生命のかてを与える方であります。

                                 アブドル・バハ

 

     さびしいときの友

 おおわが主よ、わが敬愛する方よ、わが望みよ!

 さびしいときのわたしの友となり、流浪のときの伴侶となりたまえ。

 わたしの悲しみをぬぐい去り、あなたの美に献身する者となしたまえ。

 あなた以外のすべてのものからわたしを引きはなしたまえ。

 神聖な香りでわたしを魅惑したまえ。

 あなたの王国で、あなた以外のすべてからはなれ、

 聖なる敷居で仕えることを切望し、

 あなたの大業ではたらく人びととわたしを交わらわせたまえ。

 わたしを、あなたの意志にかなった侍女のひとりとなしたまえ。

 まことに、あなたは慈悲深き方、寛大なる方でありたもう。

                                 アブドル・バハ

 

     気がつかずにいたわたしを呼び覚し

 わが神よ、敬愛する方よ、わが王よ、わが望みよ!

 いかなる言葉であなたへの感謝を表わすことができましょうか。

 あなたは気がつかずにいたわたしを呼びさまし、

 あなたに背を向けていたわたしを、慈悲深く向き直らせたまいました。

 死者にひとしかったわたしを、生命の水でよみがえらせたまいました。

 打ちしおれていたわたしを、

 すべてに慈悲深き方のペンからあふれ出る聖なる言葉の流れにより、

 活気づけたまいました。

 おお神の摂理よ。

 存在するものすべては、あなたの恩恵から生みだされたものであります。

 あなたの寛大なる水を、万物からうばわれないよう、

 また、あなたの慈悲の太洋から万物を遠ざけられないように願います。

 つねに、どんな状況にあっても、わたしを助け、援護されますよう、

 そして、あなたの恩寵の天から、

 あなたの古からつづく恩恵を求めることができますようこん願いたします。

 まことに、あなたは恩寵の主であり、永遠の王国の主権者であります。

                                                                 バハオラ

 

     あなたの信教の楽園に

 おお主よ!創造物がひとつもあなたの喜びの外に残されないように、

 地上のすべての人びとを、あなたの信教の楽園に入らせたまえ。

 あなたは永遠の古より、望みのままになしたもう威力をもち、

 すべての望みを超越した方でありたもう。

                                                                     バブ

 

     あなたのしもべらが栄え

 おおわが神よ!あなたのもっとも栄光ある御名にかけて願います。

 わたしの行動により、

 あなたのしもべらが栄え、あなたの都市が繁栄しますように、わたしを助けたまえ。

 まことに、あなたは万物に勝る威力を持ちたもう。

                                                                 バハオラ

 

         道から迷い出した者らが

 道から迷い出した者らが、公正で公平になり、これまでの不注意に気づきますよう、

 かれらを慈悲深く援助されるように祈ります。

 神こそは、まことに、すべてに恵み深き者、最も寛大なる者でありたもう。

 おおわが神よ。あなたの恩恵のとびらよりしもべらを締め出したもうな。

 また、あなたの面前である宮居からかれらを追放したまうな。

 かれらが妄想の霧を散らし、

 空ろな考えや望みのヴェールを引き裂くように援助したまえ。

 まことに、あなたはすべてを所有する者、最も高遠なる者でありたもう。

 あなたのほかに神はなく、あなたは全能者、情け深き者でありたもう。

 バハオラ                                                               

 

 困難・試練

                                                                        

     困難を除くもの

 神のほかに困難を除くものがあろうか?

 言あげよ。神に賛美あれ!かれこそは神なり。

 すべてはかれのしもべであり、すべてはかれにしたがうものなり。

                                                            バブ

 

     神はすべてを満たす

 言あげよ。神はすべてのものを完全に満たしたもう。

 天と地にあるもので神が満たされないものはない。

 まことに、神はすべてを知る方、すべてを維持する方、全能者でありたもう。

                                                       バブ

 

         試練のときいかなる害も

 おおわが神よ、あなたの威力により、こん願いたします。

 試練のときいかなる害もわたしに降りかかることがないように、

 また、わたしが不注意であるとき、

 聖なる霊感でわたしの歩みが正しく導かれますようこん願いたします。

 あなたは望むままになす威力をもつ神でありたもう。

 何者もあなたの意志に逆らうことはできず、あなたの目的を妨げることもできません。

                                                                     バブ

 

     試練は病を癒す薬

 おお神よ、あなたの近くにいる者にとって、その試練は病をいやす薬であり、

 あなたを愛する者すべてにとって、そのつるぎは熱烈に望むところであり、

 あなたを慕う者にとって、そのやりは心の最高の願いであり、

 あなたの真理を認めた者にとって、その命令は唯一の望みであります。

 あなたの聖なる甘美さとあなたの御顔の栄光のかがやきとにより嘆願いたします。

 いと高きあなたの隠れ家より、あなたに近づける道をわたしどもに下したまえ。

 おおわが神よ、確固とした歩みであなたの教えにしたがわせたまえ。

 そして、あなたの知識の光輝でわたしどもの心を啓発し、

 あなたの御名の輝きでわたしどもの胸を照らしたまえ。

                                                                 バハオラ

 

     神の道において出会う苦難

 神に栄光あれ。おおわが神よ、あなたの道において出会う苦難がなければ、

 どうしてあなたを真に愛する人びとが見分けられましょうか。

 また、あなたへの愛のために耐える試練がなければ、

 どうしてあなたを心から慕う人びとの地位が明かにされましょうか。

 あなたの威力こそがわたしの証人であります。

 あなたを敬愛するすべての人びとの伴侶は、かれら自身が流す涙であり、

 あなたを求める人びとの慰めは、かれら自身のうめき声であります。

 そして、あなたに会おうと急ぐ人びとの糧は、

 悲しみに打ち砕かれた心の破片であります。

 あなたの道における死の苦味は、わたしにとってどれほど甘く、

 あなたのことばを称えるときに受ける敵の矢は、

 わたしにとってどれほど貴重なものでありましょうか。

 おおわが神よ。あなたが望まれることをすべて教えによりわたしに飲ませたまえ。

 そして、あなたの定められたことをすべて愛情によりわたしに下したまえ。

 あなたの栄光にかけて誓います。

 わたしはあなたの望まれることだけを望み、あなたの貴ばれることだけを貴びます。

 いかなる時も、あなたにのみ心からの信頼を置いております。

 おおわが神よ、この啓示を促進する者として、

 あなたの御名と主権にふさわしい人びとを呼び起こしたまえ。

 かれらが、あなたの創造物の中でわたしを記憶し、

 地上にあなたの勝利の旗を掲げることができるようなしたまえ。

 あなたは思うままに為す威力ある方でありたもう。

 あなたの他に神はなく、あなたは危難の中の援助者、自力で存在する方でありたもう。

                                    バハオラ

 

    苦悩のなかの安息所

 おお主よ、わが神よ。苦悩のなかの安息所である方よ。

 わざわいのときの盾であり、かくれ家である方よ。

 貧しいときの避難所であり、逃げ場である方よ。

 さびしさにあるときの伴侶である方よ。

 苦難のなかのなぐさめであり、孤独のときのやさしい友である方よ。

 悲しみの痛みをぬぐい、罪を許す方よ。

 わたしは完全にあなたに向かい、わたしの心と精神とことばをもってたん願いたします。

 あなたのこの聖なる和合の時代において、

 あなたの意志に逆らうすべてのものからわたしを守りたまえ。

 そして、清らかで潔白な状態で、あなたの恩恵の木陰を求めることができますよう、

 わたしを妨げるすべての汚れを洗い清めたまえ。

 主よ、弱い者をあわれみ、病める者を治し、焼ける渇きをいやしたまえ。

 あなたの愛の火がくすぶるこの胸をよろこびにみたし、

 あなたの聖なる愛と精神のほのおで、この火を赤々ともえ立たせたまえ。

 聖なる和合の聖堂を神聖な衣でよそおわせ、

 わたしの頭上にあなたの恩恵の冠をのせたまえ。

 あなたの恩寵の星の光でわたしの顔をてらし、

 あなたの聖なる敷居で仕えることができますよう、恩寵深く援助したまえ。

 わたしの心を、あなたが創造されたものへの愛でみたし、

 わたしをあなたの慈悲のしるし、恩恵の証拠となしたまえ。

 そして、わたしを、あなたの愛する人びとの間に和合をもたらす者となし、

 あなたに献身し、あなたを賛美し、自分を忘れ、

 あなたに関わることだけをつねに心に留める者となしたまえ。

 おお神よ、わが神よ!あなたの許しと恵みのやさしい微風を止めず、

 あなたの援助と恩恵の泉をわたしから取り上げたまうな。

 あなたの保護のつばさのもとに、わたしをかくまいたまえ。

 そして、すべてを守るあなたの御まなざしをわたしに向けたまえ。

 あなたの御名を人びとの間にたたえることができますよう、わたしの舌を解きたまえ。

 わたしの声が大集会で高らかにひびき、

 わたしの唇からあなたを賛美することばがわき出ますよう、援助したまえ。

 まことに、あなたは恩寵深き方、栄光に満ちた方、威力ある方、全能者でありたもう。

                                 アブドル・バハ

 

 保護

 

     自我と欲情の悪から守りたまえ

 おお神よ、わが神よ!あなたの信頼されるしもべらを自我と欲情の悪から守り、

 あなたの慈愛にみちた警戒の眼で、あらゆるうらみ、憎しみ、ねたみから守り、

 あなたの堅固なとりでに保護し、うたがいの矢からかばい、

 その栄光に輝くしるしをあらわす者となし、

 その聖なる一体性のあけぼのから降りそそぐまばゆい光で、かれらの顔をてらし、

 あなたの神聖な王国から啓示されることばで心をよろこばし、

 あなたの栄光の領土からくるすべてを支配される力で、かれらの腰を強めたまえ。 

 あなたはすべてに恵み深き方、保護者、情け深き方でありたもう。

                                 アブドル・バハ

 

     わたしを安全に守りたまえ

 おお神よ、わが神よ!

 わたしはあなたの愛のきずなにしっかりとすがりわが家を離れました。

 そして、わたしのすべてをあなたの保護と擁護に委ねました。

 あなたの威力にかけて懇願いたします。

 あなたはその威力により、あなたの愛する人びとを、強情な者とよこしまな者、

 あなたの命にそむいたすべての圧制者と

 あなたの道から迷い出たすべての邪悪な者から守られました。

 あなたの恩寵と恩恵により、わたしを安全に守りたまえ。

 あなたの威力と強大さによりわたしを家に帰らせたまえ。

 あなたは、まことに、全能者、危急の中の援助者、自力で存在する方でありたもう。

                                                                 バハオラ

 

     公正で、公平になるよう

 道から迷い出した者らが公正で、公平になるように慈悲深く援助したまえ。

 また、これまで気づかなかったことに注意を向けさせたまえ。

 まことに、神こそはすべてに恵み深き方、もっとも寛大なる方でありたもう。

 おおわが主よ、あなたの恩恵のとびらよりあなたのしもべらを排除されないように

 そして、あなたの面前からかれらを追放されないよう願います。

 かれらの空ろな幻想の霧を追い払い、

 空しい想像と願望のヴェールを引き裂くように援助したまえ。

 まことに、あなたはすべてを所有する方、もっとも高遠なる方でありたもう。

 あなたの他に神はなく、あなたは全能者、情深き方でありたもう。

                                                                 バハオラ

 

 許し

 

         わたしどもの罪を許したまえ

 おお主よ、あなたに賛美あれ。

 わたしどもの罪を許し、慈悲を与え、わたしどもをあなたの下に戻らせたまえ。

 わたしどもがあなた以外の誰にも依存しないように助けたまえ。

 そして、あなたの恩恵により、あなたが愛し、望まれ、

 またあなたにふさわしいものを、わたしどもに与えたまえ。

 あなたを真に信じる者の地位を高め、

 あなたの慈悲にあふれた寛大さでかれらを許したまえ。

 まことに、あなたは危急の中の援助者、自力で存在する者でありたもう。

                                                       バブ

 

         あなたの愛以外の喜び

 おおわが神よ、おおわが主よ、おおわが師よ。

 あなたの愛以外の喜びを求めるわたしを許したまえ。

 また、あなたの近くにいること以外の安らぎや、

 あなたの意志にそぐわない喜びを求めるわたしを許したまえ。

 さらにあなた以外の存在者との交わりを求めるわたしをゆるしたまえ。

                                                       バブ

 

         あなたの恩恵の不思議さ

 おおわが主よ、わたしはあなたに顔を向け、

 あなたの恩恵の不思議さと恩寵の現われに望みを託す者です。

 わたしが失望のうちに、あなたの慈悲のとびらに背を向けることがないよう、

 そして、あなたの大業を拒む者らのなかに放置されないように祈ります。

 おおわが神よ、わたしはあなたのしもべであり、あなたのしもべの子です。

 わたしはあなたの真理を、あなたの時代に認め、

 あなたの唯一性の岸辺へと歩みを向けております。

 そして、あなたが唯一の存在であるということを公言し、

 あなたの一体性を認め、あなたの寛容と許しを願っております。

 あなたは望むままになす威力ある者であります。

 あなたのほかに神はなく、あなたこそは全栄光者、常に許す者であります。

                                                          バハオラ

 

         あなたを心から敬愛する者たちの血により

 おお神よ、わが神よ。あなたを心から敬愛する者たちの血によりこん願いたします。

 かれらはあなたの甘美なことばに心をうばわれ、

 栄誉にかがやく殉教の場、栄光の頂へといそいだ者らです。

 わたしはまた、あなたの知識に秘められた神秘と、

 あなたの恩寵の大洋に秘蔵された真珠により、

 わたしと、わたしの父母を許されますようこん願いたします。

 まことに、あなたは慈悲深き者のなかでもっとも慈悲深き者でありたもう。

 あなたのほかに神はなく、あなたは常に許す者、すべてに恩寵深き者でありたもう。

 おお主よ、あなたは、このまったく罪深い者が、

 あなたの恩恵の大洋に向かっているのを見たまう。

 そして、このか弱いものがあなたの聖なる威力の国土を求め、

 この貧しい者があなたの富の昼の星に心を向けているのを見たまう。

 おお主よ、あなたの慈悲と恩恵により、この者を失望させたまうな。

 また、あなたの時代において、あなたの恩寵の啓示からしめ出したまうな。

 そして、あなたの天と地に住むすべての者に大きく開けられたとびらより

 この者を追放したまうな。

 悲しくあわれなことですが、わたしの罪はあなたの聖なる宮居に近づくことを妨げ、

 わたしの過ちはあなたの荘厳なる宮殿からわたしを遠ざけました。

 わたしは、あなたが禁じられたことを犯し、

 あなたがわたしに定められたことを守らずにきました。

 み名の至高の主である方により、あなたに祈ります。

 あなたに近づくことができ、過ちからわたしを清めることができるものを、

 あなたの恩寵のペンでわたしのために書きたまえ。

 この過ちはわたしがあなたの寛容と許しを受けることを妨げてきたものであります。

 まことに、あなたは力強き者、恵み深き者でありたもう。

 あなたのほかに神はなく、あなたは威力ある者、情け深き者でありたもう。

                                                       バハオラ

                                               

 精神性

 

     純粋な心へ

 おおわが神よ、わたしのなかに純粋な心をつくりたまえ。

 おおわが望みよ、わたしのうちに、やすらかな良心をよみがえらせたまえ。

 おお親愛なる方よ、力強い精神により、あなたの大業への確信を強めたまえ。

 おおわが望みの的である方よ、あなたの栄光の光で、あなたの道を示したまえ。

 おおわが存在の源である方よ、すべてを超越する威力により、

 あなたの聖なる天上に、わたしを引き上げたまえ。

 おおわが神である方よ、あなたの久遠の微風により、わたしをよろこばせたまえ。

 おおわが友よ、あなたの永遠の調べで、わたしに安らぎの息吹をただよわせたまえ。

 おおわが師よ、あなたのいにしえよりつづく豊かな恩恵で、

 わたしをあなた以外のあらゆるものから解き放したまえ。

 おお明らかなもののなかで、もっとも明らかな方であり、

 かくされたもののなかで、もっともかくされた方よ、

 あなたの朽ちることのない本質から下される啓示のよき知らせにより、

 わたしによろこびをもたらせたまえ。

                                     バハオラ

                                

     不安からよろこびへ

 おお神よ、わたしの精神を活気づけ、よろこばせたまえ。

 わたしの心を清め、わたしの力を輝きあるものとなしたまえ。

 わたしはすべてをあなたの御手にゆだねました。

 あなたは、わたしをみちびく方であり、わたしのかくれ家です。

 もうわたしは悲しみもせず、なげきもせず、幸せでよろこびに満ちた者になります。

 神よ、わたしはもう不安に満たされることも、苦しみになやまされることもありません。

 神よ、あなたはわたし自身よりも、もっとわたしに親しい方です。

 おお主よ、わたしのすべてをあなたにささげます。

                                 アブドル・バハ

 

     甘く香ぐわしい久遠の流れより

 おおわが神よ、あなたの甘く香ぐわしい久遠の流れより、わたしに飲ませたまえ。

 おおわが望みよ、あなたの存在の木の果実をわたしにあじあわせたまえ。

 おおわが栄光よ、あなたの愛の清く澄んだ泉より、心いくまで飲ませたまえ。

 おおわが光よ、あなたの永遠の摂理のもとに、わたしを住まわせたまえ。

 おおわが敬愛する方よ、あなたの面前近くの牧場をそぞろ歩かせたまえ。

 おおわが望みよ、あなたの慈悲の王座の右手にわたしを坐らせたまえ。

 おおわが目標である方よ、あなたのよろこびの甘美な微風をわたしにただよわせたまえ。

 おおわが熱愛する方よ、あなたの実在のいと高き楽園に、わたしを入らせたまえ。

 おお輝かしき方よ、あなたの単一性のはとの調べに、わたしの耳を傾けさせたまえ。

 おおわが供給者よ、あなたの力に満ちた強大な精神により、

 わたしをよみがえらせたまえ。

 おおわが救助者よ、あなたの愛の精神で、わたしを不動にしたまえ。

 おおわが創造者よ、あなたのよろこびの道に、わたしをしっかりと歩ませたまえ。

 おお慈悲深き方よ、不滅の園のあなたの面前に、わたしを永遠に住まわせたまえ。

 おおわたしを所有する方よ、あなたの栄光の座に、わたしをしっかりと据えさせたまえ。

 おおわたしに生命を与える方よ、あなたの慈愛の天界に、わたしを引き上げたまえ。

 おおわたしを魅惑される方よ、あなたのみちびきの昼の星に、わたしをみちびきたまえ。

 おおわたしの源であり、最高の希望である方よ、

 眼に見えざるあなたの精神の啓示の前に、わたしを召したまえ。

 おおわが神である方よ、あなたが現される美の芳香の本質に、わたしを帰らせたまえ。

 あなたは望みどおりに成就される強大な方でありたもう。

 まことに、あなたはもっとも高貴な方、栄光にみちた方、

 もっとも高遠なる方でありたもう。

                                    バハオラ

 

      わたしどもは弱き者

 おお主よ!わたしどもは弱き者です。力づけたまえ。

 おお神よ!わたしどもは無知な者です。知識を与えたまえ。

 おお主よ!わたしどもは貧しき者です。富ませたまえ。

 おお神よ!わたしどもは命なき者です。生命を与えたまえ。

 おお主よ!わたしどもは屈辱そのものです。あなたの王国で栄光を与えたまえ。

 おお主よ!もしあなたの援助があれば、わたしどもはきらめく星となるでしょう。

 もし援助がなければ、わたしどもは土よりも卑しいものとなりましょう。

 おお主よ!力づけたまえ。

 おお神よ!わたしどもに勝利をもたらせたまえ。

 おお神よ!自我と欲望を克服させたまえ。

 おお主よ!物質界の束縛より救い出したまえ。

 おお主よ!あなたに奉仕するために立ち上がり、あなたを賛美し、

 あなたの王国で誠実のかぎりをつくして努力するために、

 わたしどもを聖霊の息吹でよみがえらせたまえ。

 おお主よ!あなたは強力な方でありたもう。

 おお神よ!あなたは許す方でありたもう。

 おお主よ!あなたは哀れみ深き方でありたもう。

                                                        アブドル・バハ

 

         あなたに向かって進みゆくこのしもべ

 おおわが神よ、おおわが神よ。

 あなたに向かって進みゆくこのしもべは、あなたの愛の砂漠を夢中でさまよい、

 あなたへの奉仕の道を歩いております。

 そして、あなたの恩恵を待ち望み、あなたの王国に頼り、

 あなたから賜ったぶどう酒に酔っております。

 おおわが神よ、あなたに寄せる愛の熱情をいや増したまえ。

 あなたへの賛美の気持ちを確固たらしめたまえ。あなたへの熱烈な愛を強めたまえ。

 まことにあなたはもっとも寛大なる者、限りなき恩恵の主でありたもう。

 あなたのほかに神はなく、あなたは寛恕者、慈悲者でありたもう。

                                                           アブドル・バハ

 

 ゆるがぬ信念

 

         後悔の念であなたに向かう       

 おお神よ、わが神よ。わたしは後悔の念であなたに向かっております。

 まことにあなたは寛恕者であり、哀れみ深き者でありたもう。

 おお神よ、わが神よ。わたしはあなたのもとにもどってきました。

 まことに、あなたは常に許す者、情け深き者でありたもう。

 おお神よ、わが神よ。わたしはあなたの恩寵の綱にすがっております。

 あなたは天と地にあるすべてのものの宝庫を持ちたもう。

 おお神よ、わが神よ。わたしはあなたのもとへと急ぎました。

 まことに、あなたは寛恕者、限りなき恩恵の主でありたもう。

 おお神よ、わが神よ。わたしはあなたの恩恵の聖なるぶどう酒を渇望しております。

 まことにあなたは与える者、恵み深き者、情け深き者、全能者でありたもう。

 おお神よ、わが神よ。あなたは大業を啓示し、約束を果たし、

 あなたの愛される者たちの心をあなたへと引き寄せるものを、

 恩恵の天より下されたことを証言いたします。

 あなたの堅い綱にすがり、あなたのかがやく衣のすそにすがる者は幸いです。

 おお、すべての存在物の主であり、見えるものと見えざるものの王よ。

 あなたの威力、尊厳、そして主権により、あなたの栄光のペンで、

 あなたに献身する者らのなかにわたしの名が書き加えられますようこん願いたします。

 かれらこそは、罪深き者らの書き物によっても、

 あなたのみ顔の光に向かうことを妨げられなかった者らであります。

 おお、祈りを聞き、祈りに答えたもう神よ。

                                                                 バハオラ

 

         わたしを目覚めさせ、意識ある者とされた

 おお哀れみ深き神よ、わたしを目覚めさせ、意識ある者とされたことを感謝いたします。

 あなたはわたしに見る目を与え、聞く耳を恵まれました。

 そして、あなたのみ国へと導き、あなたの道へと案内されました。

 あなたは正しい道を示し、わたしを救いの箱舟に入らせました。

 おお神よ。わたしの信念をゆるがぬものとなし、不動で確固なものとなしたまえ。

 わたしをきびしい試練から守り、

 あなたの聖約と遺訓の強固なとりでにかくまい、保護したまえ。

 あなたは強力なる者でありたもう。あなたはすべてを見、聞く者でありたもう。

 おお哀れみ深き神よ。あなたの愛の光で鏡のようにかがやく心をわたしに授けたまえ。

 また、聖なる恩恵の流れにより、この世をバラ園に変える思想をわたしに与えたまえ。

 あなたは哀れみ深き者、慈悲深き者、大いなる恩恵をほどこす者でありたもう。

                                                           アブドル・バハ

 

         聖約にゆるぎない信念をもつよう

 おおわが主よ、わが望みよ。

 あなたの愛する者らがあなたの威力ある聖約にゆるぎない信念をもつように助けたまえ。

 また、あなたの明らかな大業に忠実でありつづけるようにかれらを援助したまえ。

 そして、光輝の書にあなたが定められたおきてを守ることにより、

 導きの旗となり、天上の集りのランプとなり、あなたの無限の英知の泉となり、

 天空より輝き、正しく人びとを導びく星となるように援助したまえ。

 まことに、あなたは無敵の全能者、すべてに強力なる者でありたもう。

                                                           アブドル・バハ

 

         自我と欲望のはげしい攻撃に耐え

 おお主よ、わが神よ。あなたの愛される者らが信教に不動となり、

 あなたの道を歩み、あなたの大業にゆるぎない信念をもつように援助したまえ。

 かれらが自我と欲望のはげしい攻撃に耐え、

 聖なる導きの光にしたがうことができますように恩恵を与えたまえ。

 あなたは強力なる者、情け深き者、自力で存在する者、付与者、全能者、

 すべてに恵み深き者でありたもう。

                                                           アブドル・バハ

 

 

 超脱

 

         多くの冷ややかな心が

 おおわが神よ、多くの冷ややかな心があなたの大業の火で燃え立ち、

 多くの眠りにあった者らがあなたの甘美な声に呼び覚まされました。

 いかに多くの異邦人があなたの唯一性の陰のもとに保護をもとめ、

 いかに多くの渇きにあえぐ者らが、あなたの時代に、

 生命の水の泉を渇望してきたことでしょう。

 あなたに向かい、あなたの顔の光のあけぼのである方に急ぐ者に祝福あれ。

 あなたの啓示の出現の場であり、

 聖なる霊感の源泉である方に情熱のすべてを傾けて向かう者に祝福あれ。

 あなたの恩寵と恩恵を通じて与えられたものを、あなたの道にささげる者に祝福あれ。

 あなたを深く慕うあまり、あなた以外のすべてを投げすてる者に祝福あれ。

 あなたと親しく交わり、あなた以外のすべてへの愛着を断つ者に祝福あれ。

 おおわが主よ、

 あなたの主権と威力により牢獄の地平線上にのぼったみ名によりこん願いたします。

 すべての人びとに、あなたにふさわしいものと、

 あなたの崇高さにふさわしいものを授けたまえ。

 まことに、あなたの威力は全創造物に匹敵するものであります。

                                                                 バハオラ

 

         わたしはあなたに保護を求め

 おお主よ、わたしはあなたに保護を求め、

 あなたのしるしのすべてに心を向けております。

 おお主よ、わたしは、旅に出ているときも、家にいるときも、仕事中も、作業中も、

 つねにあなたを全く信頼しております。

 おお、卓越する慈悲をもつ方よ、わたしがいかなるものにも左右されないように、

 十分な援助を与えたまえ。

 おお主よ、あなたの思いのままにわたしの分け前をさずけたまえ。

 そして、あなたがわたしに定められたことすべてにわたしが満足するように助けたまえ。

 あなたは絶対的な権威をもって命令できる者でありたもう。

                                                                     バブ

 

         わたしは親族の影響を脱し

 おおわが神よ、わが神よ、わが師よ。

 わたしは親族の影響を脱し、地上に住むだれにも左右されず、

 あなたの眼に賞賛に値するものをつねに受け入れることができますよう求めてきました。

 あなた以外のなにものにも依存することがないよう、よきものをさずけたまえ。

 そして、あなたの限りない恩恵から、より豊富な分け前を与えたまえ。

 まことに、あなたは恩寵に満ちた者でありたもう。

                                                                     バブ

 

         わたしをあなたに近づけさせ

 おおわが神よ、わたしをあなたに近づけさせ、あなたの宮居の境内に住まわせたまえ。

 あなたから遠くに離れているため、わたしはまったく消耗されているからです。

 あなたの恩恵のつばさの庇護のもとにわたしをいこわせたまえ。

 あなたからの別離の炎はわたしの心を溶かしているからです。

 わたしをまことの生命の川に近づけたまえ。

 わたしの魂は、あなたを求めるたえまない渇きで焼きつくばかりだからです。

 おおわが神よ、わたしの嘆息はわたしの苦い苦しみを訴え、

 わたしの流す涙はあなたへの愛の証であります。

 あなたが自らを称えられる賛美と、

 あなたが自らの真髄を賞賛される栄光によりこん願いたします。

 あなたの時代に、あなたを知り、

 あなたの主権を認めた者らのなかにわたしどもを加えたまえ。

 おおわが神よ、わたしどもがあなたの慈悲の指から、

 慈愛の生命の水を心ゆくまで飲めるように助けたまえ。

 それにより、わたしどもがあなた以外のものをすべて忘れ、

 あなたにのみ専心できますように。

 あなたは望むままに為すことのできる強力なる者でありたもう。

 あなたのほかに神はなく、あなたは威力ある者、危急の中の援助者、

 自力で存在する者でありたもう。

 あなたのみ名に栄光あれ。おおすべての王の中の王である方よ。

                                                                 バハオラ

 

 

         あなたはわたしの希望であり

 おお神よ、わが神よ。あなたはわたしの希望であり、最愛なる方であり、

 最高の目標であり、望みであります。

 心からの謙虚さと深い献身の気持ちでこん願いたします。

 わたしをあなたの国土の愛の尖塔となしたまえ。

 また、創造されたものの中における知識のランプとなしたまえ。

 そして、あなたの国土におけるあなたの聖なる恩寵の旗となしたまえ。

 わたしをして、あなた以外のすべてのものから離れ、

 この世のはかないものから清められ、

 空ろな考えをもつ者らの誘惑から逃れたしもべらのひとりとなしたまえ。

 あなたの王国から下される精神的な確証により、わたしの心をよろこびで満たしたまえ。

 また、あなたの最大の栄光の王国よりつづけて下される聖なる援助のを見ることにより、わたしの

 眼をかがやかせたまえ。

 まことに、あなたは全能者、全栄光者、すべてに強力なる者でありたもう。

                                                           アブドル・バハ

 

 賛美と感謝

 

         あなたはすべてのものに崇拝され

 おお主なる神よ、あなたのみ名に賛美あれ。

 あなたはすべてのものに崇拝されますが、あなたが崇拝するものはありません。

 あなたはすべてのものの主で、だれにも従うことはありません。

 あなたはすべてを知っておられるが、だれもあなたを知ることはありません。

 あなたは自らを人間に知らせるため、自らの口からもれることばを通して、

 創造物をこの世にもたらし、宇宙を造られました。

 あなたのほかに神はなく、あなたは造形者、創造者、全能者、

 もっとも強力なる者でありたもう。

 あなたの意志の地平線上に輝くそのことばによりこん願いたします。

 選ばれた者らの心を活気づけ、あなたを愛する者らのたましいを蘇らせた生命の水を

 心ゆくまで飲ませたまえ。

 それにより、何時であっても、またどんな状態のもとでも、

 わたしの顔をあなたのみに向けることができますように。

 あなたは威力と栄光と恩恵の神でありたもう。

 あなたのほかに神はなく、あなたは最高の支配者、全栄光者、全知者でありたもう。

                                                                 バハオラ

 

         すべての栄光と尊厳

 おおわが神よ、すべての栄光と尊厳、偉大さと栄誉、主権と支配、

 崇高さと恩恵、畏敬と権力の源泉であるあなたに賛美あれ。

 あなたは思いのままだれであれ最大の大洋に引き寄せ、

 望むままだれであれ最古のみ名を認めるという栄誉を与えられました。

 天と地にあるものはだれであれあなたの至上の意志に逆らうことはできません。

 あなたは永遠のいにしえより全創造物を支配し、

 永遠の未来まですべての創造物を統治しつづけられるでありましょう。

 あなたのほかに神はなく、あなたは全能者、もっとも高貴なる者、すべてに強力なる者、すべてに

 賢き者でありたもう。

 おお主よ、しもべらの顔を照らしたまえ。

 それによりかれらがあなたを見ることができますように。

 また、かれらの心を清めたまえ。

 かれらが聖なる恩恵の宮居に向かい、あなた自らの顕示者であり、

 あなたの真髄のあけぼのである者を認めることができますように。

 まことに、あなたはすべての世界の主でありたもう。

 あなたのほかに神はなく、あなたは全く拘束を受けない者、

 すべてを従わせる者でありたもう。

                                                                 バハオラ

 

 子供

         子供は真珠

 おおやさしき主よ!これらのかわいい子供たちは、

 あなたの威力ある指でつくられたあなたの偉大さのおどろくべきしるしです。

 おお神よ!これらの子供たちを守りたまえ。

 かれらが教育され、人類に奉仕できますように慈悲深く援助したまえ。

 おお神よ!これらの子供たちは真珠です。

 あなたの慈愛あふれる真珠貝のなかで養育されるように助けたまえ。

 あなたは恵み深き方、すべてに慈愛ある方でありたもう。

                                 アブドル・バハ

 

     慈愛の胸で育て

 おお比類なき主である方よ。この乳飲み子を、あなたの慈愛の胸で育てたまえ。

 また、この子をあなたの安全で保護されたゆりかごの中で守り、

 あなたのやさしき愛情の腕の中で養育しまえ。           

                                                           アブドル・バハ

 

     かがやくランプ、きらめく星

 おお神様、私をみちびき、守ってください。

 わたしをかがやくランプ、きらめく星としてください。

 あなたは威力ある方、強力な方であります。

                                                           アブドル・バハ

 

     あなたの果樹園の若木

 おお神様、この子供たちを教育してください。

 この子供たちはあなたの果樹園の若木であり、

 あなたの牧場の花であり、あなたの庭園のバラの花であります。

 あなたの雨を子供たちの上に降らせ、

 あなたの愛で真実の太陽の光を注いでください。

 子供たちが訓練され、成長し、進歩し、

 最高の美しさをあらわすことができますよう、

 あなたのそよ風で活気づけてください。

 あなたは与える方であり、あわれみ深い方であります。

                                                           アブドル・バハ

 

     慈悲の乳で養い

 おおわが主よ。おおわが主よ。わたしは幼い子供です。

 あなたの慈悲の乳で養い、あなたの愛の胸の中で訓練してください。

 あなたの導きの学舎で学ばせ、あなたの恩寵の蔭の下で育ててください。

 暗やみから救い、かがやく光としてください。

 みじめさを取り去り、バラ園の花としてください。

 わたしをあなたの敷居で仕えるしもべとなし、正しい人の気質と性格を授けてください。

 わたしを人間世界への恵みのみなもととなし、

 わたしの頭上に永遠の生命の冠を飾ってください。

 まことに、あなたは強力なる方、威力ある方、

 すべてを見る方、すべてを聞く方でありたもう。

                                                           アブドル・バハ

 

         この幼子をあなたの愛情の胸のなかではぐくみ

 おお神よ、この幼子をあなたの愛情の胸のなかではぐくみ、

 あなたの摂理の乳房を与えたまえ。

 この若木をあなたの愛のバラ園に植え、

 あなたの恩恵の雨で養いたまえ。

 この幼子を王国の子となし、

 聖なる世界に導きたまえ。

 あなたは力強く、親切でありたもう。

 あなたは恵み深き者、寛容なる者、そして比類なき恩寵の主でありたまう。

                                                           アブドル・バハ

 

 青少年

     この若者をかがやく者となし

 おお主よ!この若者をかがやく者となし、このあわれな者に恩寵をあたえたまえ。

 この若者に知識をあたえ、毎日夜明けに力を増させ、

 あなたの保護の下にある避難所の中で守りたまえ。

 それにより、この若者は過ちから解き放たれ、大業への奉仕に身を捧げ、

 強情な者を指導し、不孝な者を導き、とらわれの身にある者を解放し、

 無頓着な者を目覚めさせることができるでありましょう。

 そうして、すべての者はあなたを思い起こし、賛美し、

 あなたより祝福を受けるでありましょう。

 あなたは威力ある者、強大なる者でありたもう。

                                                           アブドル・バハ

 

 

 両親

 

     わたしどもの父母を許し

 おお主よ、あなたはわたしどもの哀願の手が、

 あなたの恩恵と恩寵の天上へと差しのべられているのを見たもう。

 その手をあなたの寛大さと豊かな恩寵の宝物で満たしたまえ。

 わたしどもとわたしどもの父母を許し、

 あなたの恩恵と聖なる寛大さの太洋でわたしどもの望みをすべて満たしたまえ。   

 おおわたしどもの心の最愛なる方よ。

 あなたの道におけるわたしどもの行いをすべて受け入れたまえ。    

 まことに、あなたはもっとも強力なる者、もっとも高遠なる者、

 比類なき者、唯一者、許す者、情深き者でありたもう。

                                                                 バハオラ

 

     両親に代わって祈る

 おお主よ!このもっとも偉大なる時代において、

 あなたは子供が両親に代わって祈ることを認められました。

 これは、この時代におけるはかりり知れない特別の贈り物のひとつであります。

 それゆえ、おお親切な主である方よ、

 あなたの唯一性の敷居でのわたしの願いを受け入れ、

 わたしの父をあなたの恩寵の太洋に浸して下さい。

 なぜなら、この息子はあなたへの奉仕に立ち上がり、

 あなたの愛の道において常に努力しているからです。

 まことに、あなたは与える者、許す者、親切なる者でありたもう。

                                                           アブドル・バハ

 

 

 

     夫の目に視力を

 おお神よ、わが神よ!このあなたの侍女は、あなたを信頼し、あなたに顔を向け、

 あなたを呼び求めております。

 この侍女に、あなたの天の恩恵を注ぎ、あなたの精神の神秘を明かし、

 あなたの聖なる光を投げかけたまえ。

 おおわが主よ!わたしの夫の目に視力をあたえたまえ。

 あなたの知識の光で、かれの心をよろこばせたまえ。

 あなたの光りかがやく美に、かれの知性を引きつけ、

 あなたの明らかな光輝をかれに示して、かれの精神を活気づけたまえ。

 おおわが主よ!かれの視力をさえぎるヴェールを引き上げたまえ。

 あなたの豊かな恩恵をかれに降り注ぎ、あなたへの愛の美酒でかれを酔わせたまえ。

 かれを、足は地上を歩きながらも、

 魂は高き天上に舞い上がるあなたの天使のひとりとなしたまえ。

 かれを、人びとの中で、あなたの英知の光でかがやく明るいランプとなしたまえ。

 まことにあなたは貴き者、常にあたえる者、

 すべてに手を広げられている者でありたもう。

                                                           アブドル・バハ

 

 妊婦

 

     賞賛に価する者となし   

 おおわが主よ!おおわが主よ!あなたはこのつつましい侍女、

 あなたのとらわれ人となった者に恩恵をあたえられました。

 それに対しわたしはあなたに賛美と感謝をささげ、祈り嘆願いたします。

 あなたは明らかな王国へとわたしを導き、はかないこの世において、

 あなたの高遠なる呼び声を聞かせ、

 万物を支配する主権の出現を証明するあなたのしるしを見させたまいました。

 おおわが主よ、わたしの胎内に宿る子をあなたにささげます。

 その子をあなたの王国で賞賛に価する者となし、

 あなたの恩恵と寛大さにより幸いなる者となしたまえ。

 そして、あなたの導きで進歩し、成長させたまえ。

 まことにあなたは情深き者でありたもう。

 まことにあなたは偉大なる恩恵の主でありたもう。

                                                           アブドル・バハ

 

 故人・祖先

 

     崇高なる慈悲の領土にこのしもべを入れさせたまえ

 おおわが神よ!この者はあなたのしもべであり、あなたのしもべの息子であります。

 この者はあなたとあなたのしるしを信じ、顔をあなたに向け、

 あなた以外のすべてのものへの愛着をまったく断った者であります。

 まことに、あなたは慈悲ある者の中のもっとも慈悲深き者でありたもう。

 人びとの罪を許し、その短所をおおいかくす者よ。

 あなたの恩寵の天上と、恩恵の太洋にふさわしく、このしもべを扱いたまえ。

 天と地の創造以前より存在するあなたの崇高なる慈悲の領土に

 このしもべを入れせたまえ。

 あなたのほかに神はなく、あなたは常に許す者、もっとも寛大なる者でありたもう。

    この後に「アラホ・アブハ」を六回となえ、続けて以下の句をそれぞれ十九回と   なえる。

 まことに、わたしどもは皆神を礼拝いたします。

 まことに、わたしどもは皆神のみ前にぬかずきます。

 まことに、わたしどもは皆神に献身いたします。

 まことに、わたしどもは皆神を賛美いたします。

 まことに、わたしどもは皆神に感謝いたします。

 まことに、わたしどもは皆神を信じ、耐え忍びます。

    死者が女性の場合、「この者はあなたの侍女であり、あなたの侍女の娘でありま   す・

 ・・」と言いかえる。

                                                                 バハオラ

 

     精神界にのぼった人たちの罪を許したまえ

 おおわが神よ。罪を許す者、賜物をさずける者、苦しみをぬぐい去る者よ。

 まことに、肉体の衣を捨て、精神界にのぼった人たちの罪を許したまえ。

 おおわが主よ。かれらの罪を清め、悲しみを取りのぞき、暗黒を光となしたまえ。

 かれらを幸福の園に入らせ、もっとも清らかな水で洗い清めたまえ。

 そして、山頂にかがやくあなたの光輝を仰がせたまえ。

                                 アブドル・バハ

 

     朽ちざる主権の威力により高められた者を卑しめたもうな

 おお主なるわが神に栄光あれ。

 あなたの朽ちざる主権の威力により高めれた者を卑しめられぬよう、

 また永遠の幕屋に召された者をあなたから遠くへ移されぬよう願います。

 おおわが神よ。あなたの支配のもとに保護された者を見捨てられますでしょうか。

 おおわが望みよ。あなたのもとに避難してきた者を追放されますでしょうか。

 あなたが引き上げられた者に屈辱をあたえられますでしょうか。

 あなたを思い起こさせた者を忘れてしまわれるでしょうか。

 限りなき栄光にかがやく主よ!

 あなたは永遠の古より全創造の王であり、その原動力であります。

 そして、永遠の未来まで全創造物の主であり、命令者であります。

 おおわが神よ、あなたに栄光あれ!

 もしあなたがしもべらに慈悲をあたえることを止められるならば、

 だれが代わってかれらに慈悲を示せるでありましょうか。

 もしあなたが愛される者を救うことを拒まれるならば、

 だれが代わってかれらを救うことができましょうか。

 栄光ある者よ、計り知れぬ栄光にかがやく者よ!

 あなたは真理なるゆえに敬愛されます。

 まことに、わたしどもは皆あなたを崇拝いたします。

 あなたの正義は明らかで、まことに、わたしどもは皆あなたに証言いたします。

 実に、あなたは恩恵にあふれ、すべてに敬慕される者でありたもう。

 あなたのほかに神はなく、

 あなたは危急の中の援助者、自力で存在する者でありたもう。

                                                                 バハオラ

 

     恩恵の木の果実を与えたまえ

 かれこそは神でありたもう。神こそは高遠で、慈愛と恩恵の主でありたもう。

 おおわが神よ、全能の主であるあなたに栄光あれ。

 あなたの無限の強大さ、主権と慈愛、恩恵と威力、

 あなたが唯一の存在であること、その真髄はひとつであること、

 あなたは創造界とその中のすべてを越えて神聖で高遠なる者であることを

 証言いたします。

 おおわが神よ!あなた以外のすべてをはなれ、あなたにしっかりとすがり、

 あなたの恩寵の太洋に向かい、

 恩恵の天上と恵みの昼の星に顔を向けるわたしをあなたは見たもう。

 主よ!あなたはしもべに信頼を置き、

 その同じ聖なる精神でこの世界に生命をあたえられたことを証言いたします。

 あなたの啓示の太陽の輝きにかけて願います。

 このしもべがあなたの時代に成し遂げたことを慈悲深く受け入れたまえ。

 そして、この者があなたの喜びにかなう栄光にあずかり、

 あなたに受け入れられるという飾りでかざりたまえ。

 おおわが主よ!わたしとすべての創造物はあなたの威力を証言いたします。

 あなたのもと、あなたの聖所、あなたの高遠なる楽園、

 あなたに接近した避難所へと昇ったこの魂をあなたから退かれないように祈ります。

 おお全人類の主である方よ!おおわが神よ。このしもべが、ペンが述べることも、

 舌が語ることもできないほどの聖なる場所において、

 選ばれた人や聖者ちや聖なる使者と親しく交わることができますように援助したまえ。

 おおわが主よ、まことに、この貧しい者はあなたの富の王国にいそぎ、

 この見知らぬ者はあなたの領土内のわが家と歩を早め、

 この渇きにあえぐ者はあなたの恩恵の天上の川へと向かいました。

 おお主よ、この者から恩恵の宴の分け前と恩寵の賜物を拒みたまうな。

 まことに、あなたは全能者、情深き者、すべてに恵み深き者でありたもう。

 おおわが神よ、あなたが預けられた魂はあなたのもとへ戻りました。

 この新しく迎えられた者に、あなたの贈り物と賜物をさずけ、

 あなたの恩恵の木の果実を与えたまえ。

 これは天地の領土を包むあなたの恩恵と恩寵にふさわしいことであります。

 あなたは意のままに為す強大なる者でありたもう。

 あなたのほかに神はなく、あなたは情深き者、もっとも恵み深き者、哀れみ深き者、

 与える者、許す者、高貴なる者、すべてを知る者でありたもう。

 おおわが主よ、あなたは人びとに客を敬うことを命じられたことを証言いたします。

 そして、あなたに向かって昇った者は、まことにあなたのもとに届き、

 あなたの面前に達しました。

 この者をあなたの恩恵と恩寵にかなうように扱いたまえ。

 あなたがしもべらに命じられたことを拒まれることはないと

 あなたの栄光にかけて確信しております。

 また、あなたの恩寵の綱にすがり、

 あなたの富のあけぼの昇った者を退けられることもないと確信しております。

 あなたのほかに神はなく、あなたは唯一の存在者、威力ある者、

 すべてを知る者、恵み深き者でありたもう。

                                                                 バハオラ

 

 治癒

 

     あなたのみ名はわたしの治癒

 おおわが神よ、あなたのみ名はわたしの治癒であり、

 あなたを想い起こすことは、わたしのくすりであります。

 あなたの近くにいることは、わたしの望みであり、

    あなたへの愛は、わたしの伴侶であります。

 あなたの慈悲は、この世においても、来るべき世においても、

 わたしの治癒であり、救いであります。

 まことに、あなたはすべてに恵み深き者、すべてを知る者、

 すべてに賢き者であります。

                                    バハオラ

 

         あなたの治癒の大洋と

 おお神よ、わが神よ!

 あなたの治癒の太洋と恩恵の太陽のかがやき、しもべらを従わせたみ名、

 あなたのもっとも崇高なる言葉の浸透力ともっとも尊いペンの威力、

 そして天と地にあるすべての創造物に先がけたあなたの慈悲によりたん願いたします。

 あなたの恩寵の水により、わたしをあらゆる苦痛と病気、

 すべての虚弱と薄弱から清めたまえ。

 おお主よ、あなたは恩寵のとびらの前に待ちわびるこの嘆願者、

 そしてあなたの寛大さの綱にすがるこの者を見たまう。

 この者が、あなたの恩恵の太洋と慈愛の太陽から求めるものを拒まれないように

 こん願いたします。

 あなたは望みのまま為したもう強力なる者でありたもう。

 あなたのほかに神はなく、あなたは常に許す者、もっとも寛大なる者でありたもう。

                                                                 バハオラ

 

 

  

    治癒の雨をこの幼児に降り注ぎたまえ

 おおわが神よ、あなたこそは、そのみ名により病める人を治し、

 苦しむ人を回復させる方でありたもう。

 また、渇いた人には飲ませ、心を痛める人を落ち着かせ、道に迷った人を導き、

 卑しい人を高め、貧しい人を豊かにし、無知な人を教え、沈んだ人に光を与え、

 悲しむ人を元気づけ、心が冷たくなった人を暖め、

 踏みにじられた人を立ち上がらせる方でありたもう。

 おおわが神よ、あなたのみ名により、すべての創造物は覚醒され、

 天界は広げられ、大地は固められ、雲は上げられ、地上に雨が注がれました。

 まことに、これこそはすべての創造物に対するあなたの慈悲のしるしであります。

 それゆえ、あなたのみ名にかけてたん願いたします。

 あなたのみ名により、あなたはその神性をあらわし、

 すべての創造物以上にあなたの大業を高め、

 あなたのもっとも卓越したそれぞれの称号ともっとも尊いそれぞれの属性により、

 また、あなたの超絶的でもっとも高遠な実体がほめたたえられるすべての徳性により、

 この夜のうちに、あなたの慈悲の雲より、治癒の雨をこの幼児に降り注ぎたまえ。

 この幼児は、あなたの創造の王国において、

 栄光に満ちたあなたご自身と関連づけられた者であります。

 おおわが神よ、あなたの恩寵により、この子に幸福と健康の衣服を着せたまえ。

 おおわが敬愛する方よ、この子をすべての苦しみと障害から守り、

 あなたが忌み嫌われるすべてのものから保護したまえ。

 まことにあなたの威力は万物に匹敵するものであります。

 あなたは、実に、もっとも強大なる者、自力で存在する者でありたもう。

 おおわが神よ、さらに、この子にこの世と来るべき世の良きものと、

 前の世代と後の世代の良きものを与えたまえ。

 まことに、あなたの威力と英知はこれに匹敵するものであります。

                                                                 バハオラ

 

     長い治癒の祈り

  神は治癒者、満足を与える者、援助者、すべてを許す者、すべてに慈悲深き者でありたもう。おお

 高遠なる者、おお誠実なる者、おお栄光ある者よ。わたしはここにあなたを呼び求めます!あなた

 は満足を与え、病を癒し、永遠に変わらぬ者でありたもう。おお永遠に変わらぬ者よ!

  おお主権者、おお高揚される者、おお審判官よ。わたしはここにあなたを呼び求めます。あなたは

 満足を与え、病を癒し、永遠に変わらぬ者でありたもう。おお永遠に変わらぬ者よ!

  おお比類なき者、おお永遠者、おお唯一者よ。わたしはここにあなたを呼び求めます。あなたは満

 足を与え、病を癒し、永遠に変わらぬ者でありたもう。おお永遠に変わらぬ方者よ!

  おおもっとも賞賛される者、おお聖なる者、おお援助者よ。わたしはここにあなたを呼び求めます。

 あなたは満足を与え、病を癒し、永遠に変わらぬ者でありたもう。おお永遠に変わらぬ者!

  おお全能者、おおもっとも英知ある者、おおもっとも偉大なる者よ。わたしはここにあなたを呼び

 求めます。あなたは満足を与え、病を癒し、永遠に変わらぬ者でありたもう。おお永遠に変わらぬ

 者よ!

  おお寛大なる者、おお威厳ある者、おお命令者よ。わたしはここにあなたを呼び求めます。あなた

 は満足を与え、病を癒し、永遠に変わらぬ者でありたもう。おお永遠に変わらぬ者よ!

  おお敬愛する者、おお慕われる者、おお恍惚とさせる者よ。わたしはここにあなたを呼び求めます。

 あなたは満足を与え、病を癒し、永遠に変わらぬ者でありたもう。おお永遠に変わらぬ者よ!

  おおもっとも威力ある者、おお支える者、おお力強き者よ。わたしはここにあなたを呼び求めます。

 あなたは満足を与え、病を癒し、永遠に変わらぬ者でありたもう。おお永遠に変わらぬ者よ!

  おお支配者、おお自力で存在する者、おおすべてを知る者よ。わたしはここにあなたを呼び求めま

 す。あなたは満足を与え、病を癒し、永遠に変わらぬ者でありたもう。おお永遠に変わらぬ者よ!

  おお聖霊である者、おお光明である者、おおもっとも明らかな者よ。わたしはここにあなたを呼び

 求めます。あなたは満足を与え、病を癒し、永遠に変わらぬ者でありたもう。おお永遠に変わらぬ

 者よ!

  おおすべてに訪問される者、おおすべてに知られている者、おおすべてから隠されている者よ。わ

 たしはここにあなたを呼び求めます。あなたは満足を与え、病を癒し、永遠に変わらぬ者ありたも

 う。おお永遠に変わらぬ者よ!

 

  おお隠されている者、おお勝利者、おお授ける者よ。わたしはここにあなたを呼び求めます。あな

 たは満足を与え、病を癒し、永遠に変わらぬ者でありたもう。おお永遠に変わらぬ者!

  おお全能者、おお救助者、おお隠される者よ。わたしはここにあなたを呼び求めます。あなたは満

 足を与え、病を癒し、永遠に変わらぬ者でありたもう。おお永遠に変わらぬ者よ!

  おお創造者、おお満足を与える者、おお根絶者である者よ。わたしはここにあなたを呼び求めます。

 あなたは満足を与え、病を癒し、永遠に変わらぬ者でありたもう。おお永遠に変わらぬ者よ!

  おお上昇される者、おお集められる者、おお高揚される者よ。わたしはここにあなたを呼び求めま

 す。あなたは満足を与え、病を癒し、永遠に変わらぬ者でありたもう。おお永遠に変わらぬ者よ!

  おお完成者、おお束縛を受けない者、おお恩寵深き者よ。わたしはここにあなたを呼び求めます。

 あなたは満足を与え、病を癒し、永遠に変わらぬ者でありたもう。おお永遠に変わらぬ者よ!

  おお恵み深き者、おお差し控える者、おお創造者よ。わたしはここにあなたを呼び求めます。あな

 たは満足を与え、病を癒し、永遠に変わらぬ者でありたもう。おお永遠に変わらぬ者よ!

  おおもっとも崇高なる者、おお麗しき者、おお慈悲深き者よ。わたしはここにあなたを呼び求めま

 す。あなたは満足を与え、病を癒し、永遠に変わらぬ者でありたもう。おお永遠に変わらぬ者よ!

  おお正義ある者、おお情深き者、おお寛大なる者よ。わたしはここにあなたを呼び求めます。あな

 たは満足を与え、病を癒し、永遠に変わらぬ者でありたもう。おお永遠に変わらぬ者よ!

  おおすべてを従わせる者、おお永遠に変わらぬ者、おおもっとも知る者よ。わたしはこここにあな

 たを呼び求めます。あなたは満足を与え、病を癒し、永遠に変わらぬ者でありたもう。おお永遠に

 変わらぬ者よ!

  おお崇高なる者、おお日の老いたる者、おお高潔なる者よ。わたしはこここにあなたを呼び求めま

 す。あなたは満足を与え、病を癒し、永遠に変わらぬ者でありたもう。おお永遠に変わらぬ者よ!

  おお守られたる者、おお喜びの主、おお望まれる者よ。わたしはこここにあなたを呼び求めます。

 あなたは満足を与え、病を癒し、永遠に変わらぬ者でありたもう。おお永遠に変わらぬ者よ!

   おおすべてに親切なる者、おおすべてに哀れみ深き者、おおもっとも慈悲深き者よ。

 わたしはこここにあなたを呼び求めます。あなたは満足を与え、病を癒し、永遠に変わらぬ者であ

 りたもう。おお永遠に変わらぬ者よ!

  おおすべての安息所である者、おおすべての避難所である者、おおすべてを保護する者よ。わたし

 はこここにあなたを呼び求めます。あなたは満足を与え、病を癒し、永遠に変わらぬ者でありたも

 う。おお永遠に変わらぬ者よ!

  おおすべての救助者、おおすべてに懇願される者、おお活気づける者よ。わたしはこここにあなた

 を呼び求めます。あなたは満足を与え、病を癒し、永遠に変わらぬ者でありたもう。おお永遠に変

 わらぬ者よ!

  おおすべてを明らかにされる者、猛威を振るう者、もっとも温和なる者よ。わたしはこここにあな

 たを呼び求めます。あなたは満足を与え、病を癒し、永遠に変わらぬ者でありたもう。おお永遠に

 変わらぬ者よ!

   おおわたしの魂である者、おおわたしの最愛なる者、おおわたしの信念である者よ。

 わたしはこここにあなたを呼び求めます。あなたは満足を与え、病を癒し、永遠に変わらぬ者であ

 りたもう。おお永遠に変わらぬ者よ!

  おお渇きを癒す者、おお卓越した主、おおもっとも貴い者よ。わたしはこここにあなたを呼び求め

 ます。あなたは満足を与え、病を癒し、永遠に変わらぬ者でありたもう。おお永遠に変わらぬ者よ!

  おおもっとも偉大なる記憶、おおもっとも高貴なみ名、おおもっとも古来からの道である者よ。わ

 たしはこここにあなたを呼び求めます。あなたは満足を与え、病を癒し、永遠に変わらぬ者であり

 たもう。おお永遠に変わらぬ者よ!

  おおもっとも賛美される者、おお最も聖なる者、おおもっとも聖別された者よ。わたしはこここに

 あなたを呼び求めます。あなたは満足を与え、病を癒し、永遠に変わらぬ者でありたもう。おお永

 遠に変わらぬ者よ!

  おお解かれる者、おお忠告を与える者、おお救助者よ。わたしはこここにあなたを呼び求めます。

 あなたは満足を与え、病を癒し、永遠に変わらぬ者でありたもう。おお永遠に変わらぬ者よ!

  おお聖なる友、おお聖なる医師、おお魅惑される者よ。わたしはこここにあなたを呼び求めます。

 あなたは満足を与え、病を癒し、永遠に変わらぬ者でありたもう。おお永遠に変わらぬ者よ!

  おお栄光者、おお麗しき者、おお恵み深き者よ。わたしはこここにあなたを呼び求めます。あなた

 は満足を与え、病を癒し、永遠に変わらぬ者でありたもう。おお永遠に変わらぬ者よ!

  おおもっとも信頼される者、おお最高に敬愛する者、おお夜明けの主である者よ。わたしはこここ

 にあなたを呼び求めます。あなたは満足を与え、病を癒し、永遠に変わらぬ者でありたもう。おお

 永遠に変わらぬ者よ!

  おお火を点す者、おお明るくする者、おお喜びをもたらす者よ。わたしはこここにあなたを呼び求

 めます。あなたは満足を与え、病を癒し、永遠に変わらぬ者でありたもう。おお永遠に変わらぬ者よ!

  おお恩寵の主、おおもっとも哀れみ深き者、おおもっとも慈悲深き者よ。わたしはこここにあなた

 を呼び求めます。あなたは満足を与え、病を癒し、永遠に変わらぬ者でありたもう。おお永遠に変

 わらぬ者よ!

  おお変わらぬ者、おお命を与える者、おおすべての存在物の源である者よ。わたしはこここにあな

 たを呼び求めます。あなたは満足を与え、病を癒し、永遠に変わらぬ者でありたもう。おお永遠に

 変わらぬ者よ!

  おおすべてに浸透される者、おおすべてを見る者、おお発言の主よ。わたしはこここにあなたを呼

 び求めます。あなたは満足を与え、病を癒し、永遠に変わらぬ者でありたもう。おお永遠に変わら

 ぬ者よ!

  おお明らかにして隠されたる者、おお不可視にして名高い者、すべてが求める傍観者よ。わたしは

 こここにあなたを呼び求めます。あなたは満足を与え、病を癒し、永遠に変わらぬ者でありたもう。

 おお永遠に変わらぬ者よ!

  おお敬愛される人を殺傷する者、おお邪悪者に対し恩寵の神である者よ。わたしはこここにあなた

 を呼び求めます。あなたは満足を与え、病を癒し、永遠に変わらぬ者でありたもう。おお永遠に変

 わらぬ者よ!

  おお満足を与える者よ。わたしはここにあなたを呼び求めます。おお満足を与える者よ!おお病を

 癒す者よ。わたしはここにあなたを呼び求めます。おお病を癒す者よ!おおつねにに変わらぬ者よ。

 わたしはここにあなたを呼び求めます。おおつねにに変わらぬ者よ!あなたこそは永遠に変わらぬ

 者でありたもう。おお永遠に変わらぬ者よ!

  神聖なる者、おおわが神よ。あなたの寛大さにかけてたん願いたします。あなたはその恩寵と恩恵

 のとびらを大きく開け、神聖なる寺院を永遠の王座の上に確立されました。またあなたの慈悲にか

 けてたん願いたします。あなたはそれによりすべての創造物を恩寵と賜物の食卓へと招かれました。

 そしてまた、あなたの恩恵にかけてたん願いたします。あなたはそれにより、天と地にあるすべて

 に代わって、あなたご自身の中で「然り」という言葉で答えられました。それは、あなたの統治と

 荘厳さが啓示された時刻であり、あなたの主権の威力が明らかにされた夜明けでありました。

  そしてまた、これらの美しき名称と、これらの高貴で崇高な属性と、これらのもっとも高揚された

 思い出と、あなたの純粋で汚れなき美と、もっとも隠された神殿の中の隠された光と、毎朝毎夕苦

 難の衣服に包まれたあなたのみ名によりたん願いたします。

  この祝福された書簡を持参する者、それをとなえる者、それに出会う者、その書簡が置かれている

 家の周りを通る者らすべてを守りたまえ。

  また、この書簡により、すべての病める者、貧しい者のあらゆる困難と苦難、あらゆるいまわしい

 苦しみと悲しみをいやしたまえ。そして、あなたの導きの道、あなたの寛大さと恩恵の道に入るこ

 とを望む者をすべて導きたまえ。

  あなたはまことに、強力なる者、すべてを満足する者、病を癒す者、守る者、与える者、哀れみ深

 き者、すべてに寛大なる者、すべてに慈悲深き者でありたもう。

                                                                 バハオラ

 

 人類

 

     すべての人は同じ家族

 おお親切な主よ!あなたは全人類を同じ祖先からつくられました。

 そして、すべての人が同じ家族に属することを定められました。

 あなたの聖なる面前では、人類はすべてあなたのしもべであり、

 その神殿のもとに守られるものであります。

 すべての者は、あなたの恩恵の食卓につどい、その摂理の光にてらされております。

 おお神よ!あなたはすべての者に親切で、すべての者をやしない、

 すべての者を保護し、すべての者に生命をさずけられました。

 あなたは各人に才能と能力をあたえられました。

 そして、すべての者はあなたの慈悲の大洋にひたっております。

 おお親切な主よ!すべての人びとを和合させたまえ。

 人びとがお互いに同じ家族の者とみなし、全地球がひとつの故国となりますように、

 もろもろの宗教を調和させ、国ぐにをひとつにしたまえ。

 人類が皆、完全な調和のうちに住むことができますよう心から願います。

 おお神よ!人類の一体性の旗を高くかかげたまえ。

 おお神よ!最大平和を確立したまえ。おお神よ!人びとの心をひとつに結びたまえ。

 おお親切なみ父である神よ!あなたの愛の芳香により、わたしどもをよろこばせたまえ。

 あなたの導きの光により、わたしどもの目をかがやかせたまえ。

 その聖なることばの旋律により、わたしどもの耳を楽しませ、

 その摂理のとりでに、わたしどもをすべて保護したまえ。

 あなたは威力ある者、強力な者でありたもう。

 あなたは許す者であり、全人類の短所を見逃す者でありたもう。

                                 アブドル・バハ

 

     人類を和合し、人間の世界を明るく

 おお哀れみ深き主よ、寛大で力に満ちた者よ!

 わたしどもはあなたの摂理の下に保護されているしもべらであります。

 あなたの恩恵のまなざしをわたしどもに向けたまえ。

 わたしどもの目に光を与え、耳を聞こえるようにし、心に理解と愛を与えたまえ。

 あなたの良き知らせにより、わたしどもの魂をよろこばせ、幸せにしたまえ。

 おお主よ!あなたの王国への道を示したまえ。

 また、聖霊の息吹でわたしどもすべてをよみがえらせたまえ。

 わたしどもに永遠の生命を与え、不滅の栄誉をさずけたまえ。

 人類を和合し、人間の世界を明るくなしたまえ。

 わたしどもすべてがあなたの道に従い、あなたの喜ばれることを熱望し、

 あなたの王国の神秘を探し求めることができますように。

 おお神よ!わたしどもを和合させ、わたしどもの心を、

 決して切れることのないあなたのきずなで結びたまえ。

 まことにあなたは与える者であり、親切なる者、全能者でありたまう。

                                                           アブドル・バハ

 

     人類への愛

 おお神よ、人類への愛を明かにされた神に栄光あれ。

 わたしどもの生命であり、光である者よ。

 しもべらをあなたの道に導き、わたしどもがあなたの内に豊かになり、

 あなた以外のすべてから解放されるようになしたまえ。

 おお神よ、わたしどもがあなた以外のものを見ないように、

 あなたの唯一性を教え、あなたの一体性を認識させたまえ。

 あなたは慈悲深き者、恩寵を与える者でありたもう!

 おお神よ、あなた以外のすべてに対する思いを焼きつくせますように、

 あなたが愛される人の心にあなたへの愛の火を燃え立たせたまえ。

 おお神よ、あなたは永遠の古より、永遠の未来まで存在し、

 あなたの他に神はないという高遠なる永遠性を、わたしどもに明かしたまえ。

 まことに、わたしどもはあなたのうちに安らぎと力を見いだすでありましょう。

                                                                 バハオラ

 

         おお親切な主である者よ

 おお親切な主である者よ!おお寛大で慈悲深き者よ!

 わたしどもはあなたの敷居に仕えるしもべらであり、

 あなたの聖なる唯一性の庇護のもとに集っております。

 あなたの慈悲の太陽は、すべてのものにかがやき、

 恩恵の雲はすべてに雨と降り注いでいます。

 あなたの贈り物はすべてに行き渡り、慈愛の摂理はすべてを養い支え、

 あなたのすべてを保護し、恩恵のまなざしはすべてに投げかけられております。

 おお主よ!わたしどもにあなたの無限の贈り物をさずけ、導きの光を照らしたまえ。

 目を明るくし、永続する喜びで心を喜ばせたまえ。

 すべての人びとに新しい精神と永遠の生命を与えたまえ。

 真の理解のとびらを開き、信念の光をまばゆくかがやかせたまえ。

 人類があたかもひとつの太陽の光線、ひとつの海の波、

 一本の木の果実となりますように、

 全人類をあなたの恩恵のかげのもとに集め、調和のうちに和合させたまえ。

 かれらが同じ泉の水を飲み、同じ微風で活気づけられ、

 同じ光の源泉から光明を得ることができますように祈ります。

 あなたは与える者、慈悲深き者、全能者でありたもう。

                                                           アブドル・バハ

 

 和合

 

     全世界の再生と人類の和合

 おお主のなかの主である者よ!あなたは全創造の主であり、

 目にみえるもの、見えざるもの、すべて存在するものの

 教育者であることを証言いたします。

 あなたの威力は全宇宙を包み、地上の軍勢はけっしてあなたを挫くことはできません。

 また、すべての民族と国家の主権をもってしても、

 あなたの目的の達成をはばむことはできないことを証言いたします。

 あなたの望みは、全世界の再生と、人類の和合の確立と、

 地上に住むすべての人びとの救済以外にはないことを確信いたします。

                                    バハオラ

 

     偉大な目的を示したまえ

 おおわが神よ!おおわが神よ!しもべらの心をひとつに結びたまえ。

 そして、かれらにあなたの偉大な目的を示したまえ。

 かれらがあなたの命令にしたがい、法を守るようになしたまえ。

 おお神よ、かれらの努力を助け、あなたに奉仕する力を与えたまえ。

 おお神よ!かれらを見捨てず、かれらの心をあなたの愛ではげましたまえ。

 まことに、あなたはかれらの援助者であり、主でありたもう。

                                    バハオラ

 

     すべての心をひとつに結び

 おおわが神よ!おおわが神よ!

 まことに、あなたの大いなる慈悲がこれらの人びとに下されますよう、

 あなたに呼びかけ、あなたの敷居の前でたん願いたします。

 これらの人びとにあなたの恩恵と真理を特別にさずけたまえ。

 おお主よ!すべての心をひとつに結び、すべての魂を一致させ、

 あなたの神聖さと唯一性のしるしにより、精神を活気づけたまえ。

 おお主よ!あなたの唯一性の光で、これらの人びとの顔をかがやかせたまえ。

 あなたの王国に奉仕するしもべらの腰を強めたまえ。

 おお主よ、かぎりない慈悲を持つ者よ!おお寛容と許しの主よ!

 わたしどもの罪を許し、短所を見過ごしたまえ。

 わたしどもをして、あなたの寛大なる王国に顔を向け、

 あなたの威力と強大さの王国にたん願し、あなたの聖堂の前にぬかずき、

 栄光あるあなたのしるしの前に従順でありますように援助したまえ。

 おお主なる神よ!あなたの愛の恵みにより、

 わたしどもを海の波のように、また花園の花のように調和させ、融合させたまえ。

 おお主よ!あなたの一体性のしるしにより、人びとの胸を開き、

 全人類を同じ栄光の高みにかがやく星となし、生命の木に実る完全な果実となしたまえ。

 まことに、あなたは全能者、自力で存在する者、与える者、許す者、

 寛恕する者、すべてを知る者、唯一の創造者でありたもう。

                                                           アブドル・バハ

 

 集会

 

         わたしどもの身体はここに集うとも

 おお王国の主なる神よ。わたしどもの身体はここに集うとも、心はあなたに魅せられ、

 あなたの愛にうばわれております。

 そして、光りかがやくあなたのみ顔の光に喜びで満たされております。

 弱き者であるわたしどもは、あなたの威力と強大さが啓示されるのを待望しております。

 貧しく、いかなる物質も手段も持たないわたしどもは、

 あなたの王国の宝庫から富をさずかっております。

 ひとしずくの水滴にすぎないわたしどもは、

 あなたの大洋の底深くひそむものをくみ上げております。

 一片のちりにすぎないわたしどもは、

 あなたの光りかがやく太陽の栄光でかがやいております。

 われわれに生命の糧を与える者よ。

 ここに集う者のひとりひとりが、灯されたローソクのようになり、

 人を引きつける中心となり、

 天上の領土へと人びとを招き入れる者となるように援助したまえ。

 そしてついには、この地上をあなたの楽園を映し出すものとすることができますように、援助を下

 したまえ。

                                                           アブドル・バハ

 

         あなたの恩恵の嵐と

 おお主なるわが神に栄光あれ。

 あなたの恩恵の嵐と、あなたの目的と霊感を現す人びとによりこん願いたします。

 わたしと、あなたのみ顔を求める者らすべてに、

 あなたの寛大さと豊かな恩寵にふさわしいもの、

 そして、あなたの贈与と恩恵に値するものを下したまえ。

 おおわが主よ、わたしは貧しく、みじめであります。あなたの富の大洋に浸したまえ。

 わたしは渇きにあえいでおります。あなたの慈愛の流水から飲ませたまえ。

 あなたご自身によりこん願いたします。

 また、あなたの存在とあなたの明確なことばを、

 天と地にあるすべてに顕示する者として定められた者によりこん願いたします。

 しもべらをあなたの恩寵深き神意の木陰に集めたまえ。

 そして、かれらがその木の果実を口にし、

 木の葉のそよぎと枝にさえずる聖なる小鳥の甘美な歌声に耳を傾けるように助けたまえ。

 まことに、あなたは危難の中の援助者、近づき難い者、全能者、

 最も恵み深き者でありたもう。

                                                                 バハオラ

 

 精神行政会の集会

 

   会議室に入るたびに、神の愛に高鳴る心と、神の思うこと以外のすべてのものから清められた舌

 をもってこの祈りをとなえよ。それにより、すべてに強力なる神が、最高の勝利が得られるように

 あなたがたを恩寵深く助けたまうであろう。

 

         わたしどもはあなたに献身し

 おお神よ、わが神よ。わたしどもはあなたに献身し、あなたの聖なるみ顔に向かい、

 この栄光ある日に、あなた以外のすべてのものへの愛着を断ったしもべらであります。

 わたしどもは、考えと見解をひとつにし、

 あなたの言葉を人類の間に高揚するという一致した目的をもって、

 この精神行政会に集うものであります。

 おお主よ、われらの神よ、わたしどもを、あなたの聖なる導きのしるしとなし、

 人びとの間に立つあなたの崇高なる信教の旗じるしとなしたまえ。

 また、あなたの強大な聖約にしたがうしもべとなしたまえ。

 おお最も高遠なるわれらの主よ、

 わたしどもを栄光の王国におけるあなたの聖なる和合を現す者らとなし、

 あらゆる地域を照らすかがやく星となしたまえ。

 主よ、わたしどもを、あなたのおどろくべき恩恵の波が打ち寄せる海となし、

 栄光に満ちた頂よりあふれ出る流れとなし、

 聖なる大業の木に実る良き果実となし、

 天上のぶどう園であなたの恩寵のそよ風にゆらぐ木となしたまえ。

 おお神よ、わたしどもの魂をあなたの聖なる和合の聖句にたよるものとなし、

 あふれ出る恩恵により、わたしどもの心を活気づけたまえ。

 それにより、わたしどもはひとつの海の波のように和合し、

 さんぜんとかがやく光の光線のようにひとつに融合し、

 わたしどもの考え、見解、感じがひとつの実体のようになり、

 世界中に一致和合の精神を示すことができましょう。

 あなたは情け深き者、恵み深き者、付与する者、全能者、慈悲深き者、

 哀れみ深き者でありたもう。

                                                           アブドル・バハ

 

 精神行政会の閉会の祈り

 

         あなたの聖約に不動の信念をいだき

 おお神よ、おお神よ、あなたを信じ、あなたのしるしを確信し、

 あなたの聖約に不動の信念をいだき、あなたに心ひかれ、あなたの愛の炎でかがやき、

 あなたの大業に誠意をかたむけてこの精神の会合に集いましたわたしどもを、

 あなたは眼に見えざる一体性の王国より見たもう。

 わたしどもは、あなたの果樹園のしもべであり、あなたの教えの普及者であり、

 あなたのみ顔の熱心な崇拝者であります。

 わたしどもは謙虚にあなたの愛される人びとに向かい、

 あなたのとびらの前にあって従順な態度で、あなたにたん願いたします。

 あなたの選ばれた人びとへの奉仕において、確証をさずけ、

 あなたの見えざる軍勢によりわたしどもを支持し、

 あなたへの奉仕において、わたしどもの腰をしっかりと据えさせ、

 わたしどもをして、あなたと親しく交わり、

 あなたに従順で、あなたを愛慕するしもべとなしたまえ。

 おおわが主よ、わたしどもは弱く、あなたは威力ある者、強力なる者でありたもう。

 わたしどもは生命をもたないものであり、

 あなたは生命をあたえる偉大な聖霊でありたもう。

 わたしどもは貧しく、あなたは支える者、強力なる者でありたもう。

 おおわれらの主よ、わたしどもの顔をあなたの慈悲深きみ顔に向かわせ、

 あなたの豊かな恩恵により天上の食卓からわたしどもを養い、

 あなたの至高の天使たちの軍勢によりわたしどもを助け、

 アブハ王国の聖者たちを通じて、わたしどもに確証をさずけたまえ。

 まことに、あなたは寛容なる者、慈悲深き者でありたもう。

 あなたは偉大なる恩寵の持ち主であり、そしてまことに、

 あなたは哀れみ深き者、情け深き者でありたもう。

                                                           アブドル・バハ

 

     日々の必須の祈り

 

   日々の必須の祈りには三つあり、バハイはそのうちどれか一つを毎日となえなければならない。

 どれを用いるかは自由であるが、選んだ祈りに伴う規定に従わなければならない。

   必須の祈りに関して用いられる「朝」とは日の出から正午までの間を意味し、「昼」とは正午か

 ら日没まで、そして「夕方」とは日没からその後二時間を意味する。

 

          短い必須の祈り

          (日に一度、昼にとなえる)

 おおわが神よ、あなたがわたしをつくられましたのは、

 あなたを知り、賛美するためであることを証言いたします。

 いま、わたしは自分の無力さとあなたの強大さを、

 わたしの貧しさとあなたの豊かさを証言いたします。

 あなたのほかに神はなく、あなたは危急のときの援助者であり、

 自力で存在する者でありたもう。

                                    バハオラ

 

 

         中位の必須の祈り

           (日に三度、朝・昼・夕方にとなえる)

 

   この祈りをとなえたい者は、まず手を洗い、洗いながらつぎの句をとなえる。

 

 おおわが神よ、わたしの手を強くなしたまえ。

 それにより、この世の大軍も打ち勝てないほどの確固たる力で、

 あなたの書をしっかり握ることができますように。

 そして、この手にふさわしくないあらゆるものに関わらないようにこの手を守りたまえ。

 まことに、あなたは全能者であり、最も強力なる者でありたもう。

 

   つぎに顔を洗いながらつぎの句をとなえる。

 

 おおわが主よ、わたしはあなたに顔を向けております。

 あなたのみ顔の光でわたしの顔を照らしたまえ。

 そして、この顔があなた以外のだれにも向くことがないように守りたまえ。

 

   つぎに起立し、ゲブレー(崇拝の的、すなわちアッカのパージにあるバハオラの廟)に向かって

 となえる。

 

 神は、ご自身のほかに神はないことを証言したもう。

 神は啓示と創造の王国を治めたもう。

 まことに、神は啓示のあけぼのである者を現したもうた。

 その者はシナイ山上で神と語り、その者を通して崇高なる地平線はかがやき、

 通り越すことのできないロートの聖なる木は語ったのであります。

 そして、その者を通して、天と地にあるすべてのものに呼び声が発せられたのです。

 「見よ、万物の所有者は来れり。天も地も、栄光も支配も、全人類の主であり天上の玉座と地上を

 所有する神のものなり」

 

   つぎに身体を前に曲げ、両手をひざにおきとなえる。

 

 おおわが神よ、切なる願いをこめた指で、

 あなたの慈悲と恩恵のすそにすがる者を失望させたもうな。

 おおあなたは慈悲深き者のうち最も慈悲深き者でありたもう。

 

   つぎに座ってとなえる。

 

 わたしはあなたの一体性と唯一性とを証言し、

 また、あなたこそ神であり、あなたの他に神はないことを証言いたします。

 まことに、あなたは大業をあらわし、聖約を果たし、

 天と地に住むすべてのものに恩寵のとびらを広く開きたまいました。

 祝福と平安、敬意と栄光があなたの愛される人びとに与えられますように願います。

 かれらこそは世の移り変わりによってもあなたに向かうことを妨げられず、

 あなたに属するものを得る望みをもって、すべてをささげた者たちであります。

 まことに、あなたは常に許す者であり、すべてに恵み深き者でありたもう。

 

 「望む人は、長い句の代わりにつぎの句をとなえても十分である。『神は自らの他に神はないこと

 を証言したもう。神こそは危急の中の援助者であり、自力で存在する者でありたもう』。同様に、

 つぎの句を座ってとなえても十分である。『あなたの一体性と唯一性を証言し、また、あなたこそ

 は神であり、あなたの他に神はないことを証言いたします』

                                                                 バハオラ

 

         長い必須の祈り

           (24時間に一度となえる)

 

   この祈りをとなえたい者は起立して神に向かい、起立した状態で、最も慈悲深く、哀れみ深き主

 の慈悲を待ち望むかのように、まず右を、つぎに左を仰ぎ見る。それからつぎの句をとなえる。

 

 すべての名あるものの主であり、天の創造者である方よ!

 最も高貴で、栄光に満ちたあなたの見えざる真髄のあけぼのである方々により

 こん願いたします。

 わたしのこの祈りを、あなたの美からわたしをさえぎるヴェールを燃やす炎となし、

 あなたの面前の大洋にわたしを導く光となしたまえ。

 

   つぎに、神聖で高遠なる神に向かい、たん願の両手を上げてとなえる。

 

 おお世界の希望の的であり、もろもろの国民の最愛なる方よ!

 わたしがあなたに向かい、あなた以外のあらゆるものに対する愛着をすべて捨て、

 あなたの綱にすがっているのをあなたは見たまう。

 その綱の働きにより全創造物は躍動しはじめました。

 おおわが主よ、わたしはあなたのしもべであり、あなたのしもべの子であります。

 あなたの意志と望みにしたがう用意の整え、

 あなたが満足されること以外は何も望まないわたしをあなたは見たもう。

 あなたの慈悲の大洋と恩寵の太陽とによりこん願いたします。

 このしもべをあなたの望みと満足がいくように扱いたまえ。

 すべての表現と賛美をはるかに超えたあなたの威力により誓います。

 あなたが啓示されたものはすべて、わたしの心の望みであり、

 わたしの魂の愛するものであります。

 おお神よ、わが神よ!わたしの望みと行いを見ることなく、

 ただ天と地をおおいつくしたあなたの望みに目を向けたまえ。

 おおすべての国民の主である者よ、あなたの最大のみ名により誓います。

 わたしはあなたの望まれることのみを望み、あなたの愛されることのみを愛します。

 

   つぎにひざまずき、額を地につけてとなえる。

 

 あなたこそはご自身以外のいかなる者の表現も、

 あなた以外のいかなる者の理解もはるかに超えて高遠なる者でありたもう。

 

   つぎに起立してとなえる。

 

 おおわが主よ、わたしの祈りを生命の泉となしたまえ。

 それにより、あなたの主権のつづくかぎり生き、

 あなたのもろもろの世界を通じて

 あなたについて述べることができるようになしたまえ。

 

   つぎにふたたびたん願の両手をあげてとなえる。

 

 あなたとの別離は心も魂も溶かしてしまいました。

 そして、あなたの愛の炎は全世界を燃え立たせてしまいました。

 おお全人類を治める方よ、全創造を征服されるあなたのみ名により、

 あなたに属するものをわたしに拒まれないようこん願いたします。

 おおわが主よ、あなたの威力の天蓋のもと、

 そしてあなたの慈悲の境内にある最も高遠なる住まいに急ぐこの不慣れな者を

 あなたは見たもう。

 あなたの許しの大洋を求めるこの罪人を、あなたの栄光の宮廷を求めるこの卑しい者を、

 あなたの富の夜明けを求めるこの貧しい者をあなたは見たもう。

 意のままに命じる主権はあなたと共にあります。

 あなたの為されることは賛美され、あなたの命令は守られ、

 また、あなたは何の拘束も受けずに命令を下す者であることを証言いたします。

 

   つぎに両手をあげて「最大名」(アラホ・アブハ)を三度となえる。それから、神聖で高遠なる

 神の面前に上体を前にまげ、両手をひざに置いてとなえる。

 

 おおわが神よ、あなたを礼拝し、あなたを記憶し、

 ほめたたえようとする切なる思いに、わたしの身体と四肢の内にある精神は

 どれほど奮い立たされているかをあなたは見たもう。

 また、あなたの言葉の王国とあなたの知識の天上で、

 あなたの命令の舌が証言したもうたことを、

 わたしの精神がいかに証言しているかをあなたは見たもう。

 おおわが主よ、この状態にあってわたしが切望することは、

 あなたと共にあるすべてのものをわたしに与えられるように願うことです。

 それにより、わたしは自らの貧しさを示し、あなたの恩寵と豊かさを賛美し、

 わたしの無力さを宣言し、あなたの威力と強大さを表すことができましょう。

 

   つぎに起立し、嘆願の両手を二度あげてとなえる。

 

 全能者でありすべてに恵み深き者であるあなたの他に神は存在しません。

 始めにおいても終わりにおいても命令者であるあなたの他に神は存在しません。

 おお神よ、わが神よ!わたしはあなたの許しにより勇気づけられ、

 あなたの慈悲により力を与えられ、あなたの呼び声により目覚め、

 あなたの恩恵により立ちあがり、あなたの面前へと導かれました。

 そうでなければ、あなたに接近する都の門前に立ち、

 あなたの意志の天上よりかがやきわたる光に、

 わたしの顔を向けることがどうしてできましょうか。

 おおわが主よ、あなたは、あなたの恩恵のとびらをたたくこのあわれな者を見たもう。

 また、あなたの恩寵の手から永遠の流れを求めるこのはなかい魂を見たもう。

 おおすべての名の主なる者よ、あなたこそはつねに命令される者であり、

 わたしはあなたの意志に身をゆだね、喜んで従う者です。

 おおもろもろの天の創造者よ!

 

   つぎに両手を三度あげてとなえる。

 

 神こそはあらゆる偉大なるものを超えて偉大なるものであります。

 

   つぎにひざまずき、額を地につけてとなえる。

 

 あなたに近づいた者たちの賛美も、あなたの面前の天上にのぼることはできず、

 また、あなたに献身する者たちの心の鳥も、

 あなたの門のとびらに行き着くことはできないほどあなたは高遠なる者でありたもう。

 あなたは、すべての属性を超えて神聖で、

 いかなる名称をも越えて気高き者であることを証言いたします。

 最も高貴なる者、栄光に満ちた者なるあなたの他に神はありません。

 

   つぎに座ってとなえる。

 

 あらゆる創造物、天上の集合、そして最も高遠なる楽園の住民たちが証言してきたこと、

 また、それらを越えて栄光に満ちた地平線そのものから現れた荘厳の舌なる方が

 証言されたことを、わたしはここに証言いたします。

 あなたこそは神であり、あなたの他に神はなく、顕示された方はかくされた神秘であり、秘蔵され

 たしるしであります。

 その方を通して「存在」の二つの文字は合わされ、結ばれました。

 最も高遠なる者のペンにより書きとめられたのはその方のみ名であること、

 また、天上の王座と地上の主なる神のもろもろの書に述べられていることを

 証言いたします。

 

   つぎに起立してとなえる。

 

 万物の主であり、目に見えるもの、見えざるものをすべて所有する者よ!

 あなたはわたしの涙とわたしのもらすため息に気づきたもう。

 そして、わたしのうめき声と泣き声と心の嘆きを聞きたもう。

 わたしは自分の悪行のため、あなたに近づくことが阻まれ、

 犯した罪のため、あなたの神聖なる宮廷から遠く引き離されております。

 おおわが主よ、あなたの愛はわたしを豊かにし、

 あなたとの別離はわたしを破滅させ、

 あなたから遠く引き離されていることはわたしを消耗させてしまいました。

 この荒野に残されたあなたの足跡により、

 この広漠とした地であなたの選ばれた人たちが口にした

 「われここにあり、われここにあり」という言葉により、

 そしてあなたの啓示の息吹とあなたの顕示のあけぼのの微風によりこん願いたします。

 願わくば、あなたの美を見つめ、あなたの書に記されたすべてを守るように命じたまえ。

 

   つぎに「最大名」を三度となえ、上体を前に曲げ、両手をひざに置いてとなえる。

 

 おおわが神よ、あなたに賛美あれ。

 あなたの助けにより、わたしはあなたを記憶し、賛美することができ、

 あなたのしるしのあけぼのである者を知ることができました。

 そしてあなたの主権の前にひざまずき、

 あなたの神性の面前にひれ伏すことができました。

 また、あなたの荘厳なる口からもれることばを認めることができました。

 

   つぎに起立してとなえる。

 

 おお神よ、わが神よ。わたしの背は罪の重荷で曲がり、

 思慮のなさはわたしを破滅に追いやりました。

 わたしの悪行とあなたの慈悲を思うたびに、

 わたしの心はわたしの中で溶け、わたしの血潮は血管の中で沸き立つのです。

 おお世界の希望である者よ、あなたの美にかけて誓います。

 顔を上げてあなたに向けるにも赤面し、

 切望の両手をあなたの恩寵の天に差しのべるのも恥ずかしいのです。

 おおわが神よ、わたしの涙が、あなたを思い起こし、

 あなたの美徳をたたえることを妨げているのを見たもう。

 おお天上の王座と地上の主なる者よ!

 あなたの王国のしるしとあなたの領土の神秘によりこん願いたします。

 おお万物の主よ、あなたの愛したもう者たちをあなたの恩寵にふさわしく、

 また、あなたの恩恵に価するように扱いたまえ。

 おお見えるものと見えざるものの王なる者よ!

 

   つぎに「最大名」を三度となえ、ひざまずき、額を地につけてとなえる。

 

 おおわれらの神よ、あなたに賛美あれ。

 あなたはわたしどもがあなたに近づけるものを下したもうた。

 そしてあなたが下された書と聖典により、すべてよきものを与えたもうた。

 おおわが主よ、空しい妄想とむだな想像の軍勢からわたしどもを守りたもうよう

 こん願いたします。

 まことに、あなたは威力ある者、全知者でありたもう。

 

   つぎに頭をあげ、座ってとなえる。

 

 おおわが神よ、あなたの選ばれた方々が証言されたことを、

 わたしもここに証言いたします。

 また、最も高遠なる楽園の住民とあなたの威力ある王座を取り囲む人びとが

 認めたものを、わたしもここに認めます。

 おおあらゆる世界の主よ、天と地の王国はすべてあなたのものであります。

                                                                 バハオラ

 

 

 特別の祈り

 

         アーマドへの書簡

 神こそは全知者であり、英知ある者でありたもう。

 見よ、楽園のナイチンゲールは、永遠の木の小枝で、

 聖らかでうるわしい調べを奏でている。

 それは、誠意ある人びとに、神が近づきたもうとの吉報を宣言し、

 神の唯一性を信じる人びとを寛大なる者の面前に招き、

 王であり、栄光に満ちた者であり、比類なき者である神により啓示されたメッセージを、

 この世のものへの愛着を断った人びとに伝え、

 愛する人びとを神聖の座とこの光りかがやく美に導いている。

 

 まことに、これこそ神の使者たちの書に予言されていた最大の美なる者である。

 その者を通して、真理は誤りと区別され、すべての命令の英知は試されるである。

 まことに、この者こそは、高遠で威力あり、

 また偉大なる神の果実を生み出す生命の木である。

 

 おおアーマドよ、まことに神は神であること、また、王であり、保護者であり、

 比類なき者であり、全能者である神のほかに神はないことを証言せよ。

 そして神から遣わされたアリという名の者(バブ)は、

 神の真の使者であり、われらが皆その命に従うことを証言せよ。

 

 言あげよ。おお人びとよ、

 栄光者であり、賢き者によってバヤンの書に命じられた神の定めを守れ。

 まことにバブは神の使者たちの中の王であり、その書は母なる書である。

 あなたがこのことを知ることができれば。

 

 このようにナイチンゲールはこの牢獄よりあなたに呼びかける。

 ナイチンゲールはただこの明らかなメッセージを伝えるのみである。

 この忠告に顔をそむけたいと望む者はそうするがよい。

 主の道を選ぶことを望む者はそうするがよい。

 

 おお人びとよ、もしこれらの聖句を否定するならば、

 いかなる証拠をもって神を信じてきたのか。

 その証拠を示してみよ。おお不実なる人びとの集まりよ。

 否、わたしの魂をその手に持ちたもう者にかけて誓う。

 これらの不実なる人びとは、たとえ皆で集まって力を合わせても、

 その証拠を示すことは決してできないであろう。

 

 おおアーマドよ。わたしがいないときでも、わたしの恩恵を忘れてはならない。

 わたしの過ごした日々と、この辺境の牢獄でのわたしの苦難と追放を日々思い起こせ。

 そして、たとえ敵の剣が雨と降り注ぎ、もろもろの天と地があなたに反抗してきても、

 あなたの心はゆるがないほどに、確固とした愛をわたしにもて。

 そして、わたしの敵に対しては燃える炎のようになり、

 わたしの愛する者たちには永遠の生命の川のようになり、疑う者となってはならない。

 

 また、わたしの道において苦難に陥り、

 またはわたしのために辱めを受けても、それを思いわずらうことはない。

 あなたの神であり、あなたの祖先の主である神を信頼せよ。

 なぜなら人びとは迷いの道にさまよい、

 自らの目で神を見、自らの目で神の調べを聞く力を失っているからである。

 わたしは人びとがこのこのような状態にあることを見いだし、

 あなたもまたそれを証言するであろう。

 こうしてかれらの迷信は、自分と自分自身の心をさえぎるヴェールとなり、

 高遠にして偉大なる神の道からかれらを遠ざけることになったのである。

 

 まことに、この美に顔をそむける者は、過去の神の使者にも顔をそむける者であり、

 また、神に対し、永遠のいにしえより永遠の未来にわたって、

 高慢さを示す者であることを深く認識せよ。

 

 おおアーマドよ、この書簡を暗記し、日々それをとなえよ。このことを怠るな。

 なぜなら、まことに神はこの書簡をとなえる者に、

 百人の殉教者の報いと、この世と次の世における奉仕を定められた。

 これらの恩恵は、あなたが感謝する者らの中に数えられるように、

 わたしからの恩寵として、また、わたしのもとからの慈悲としてあなたに与えられた。

 

 神にかけて誓う!苦悩と嘆きにある者が、

 真心から誠意をこめてこの書簡を読むならば、

 神がその悲しみをぬぐい去り、困難を解決し、苦悩を取り除いてくれるであろう。

 まことに、神は慈悲深き者、哀れみ深き者でありたもう。

 あらゆる世界の主なる神に賛美あれ。

                                                                 バハオラ

 

         火の書簡

 最古より存在する者、最も偉大な者なる神のみ名において。

 

 まことに誠実なる者らの心は別離の火で焼き尽くされております。

 あなたのみ顔の光のかがやきはどこにあるのでしょうか。

 おお、もろもろの世界から敬愛される者よ。

 

 あなたに近づいた者らは、荒廃の暗やみの中に見捨てられております。

 あなたとの再会のあかつきのかがやきはどこにあるのでしょうか。

 おお、もろもろの世界の望みである者よ。

 

 あなたから選ばれた者らの身体は、遠い砂漠で倒れ、ふるえております。

 あなたの面前の大洋はどこにあるのでしょうか。

 おお、もろもろの世界を魅惑される者よ。

 

 切望の両手は、あなたの恩恵と寛大さの天に向けて差し伸べられています。

 あなたの賜物の雨はどこにあるのでしょうか。

 おお、もろもろの世界に答える者よ。

 

 不信心者らはあらゆる場所で暴虐をふるっております。

 あなたの抑えがたい命令のペンの力はどこにあるのでしょうか。

 おお、もろもろの世界の征服者よ。

 

 犬の吠え声は四方八方から騒々しく聞こえております。

 あなたの威力の森のライオンはどこにいるのでしょうか。

 おお、もろもろの世界の懲罰者よ。

 

 寒気が全人類を苦しめています。

 あなたの愛の温かさはどこにあるのでしょうか。

 おお、もろもろの世界の炎である者よ。

 

 災難は絶頂に達しました。

 あなたの救援のしるしはどこにあるのでしょうか。

 おお、もろもろの世界の救済者よ。

 

 暗黒が人類の大半を覆っています。

 あなたの光かがやの明るさはどこにあるのでしょうか。

 おお、もろもろの世界のかがやきである者よ。

 

 人びとの首は悪意で引き伸ばされています。

 あなたの復讐の剣はどこにあるのでしょうか。

 おお、もろもろの世界の破壊者よ。

 

 屈辱はどん底まで達しました。

 あなたの栄光の象徴はどこにあるのでしょうか。

 おお、もろもろの世界の栄光である者よ。

 

 悲しみが、全慈悲者であるあなたのみ名の啓示者を苦しめております。

 あなたの啓示のあけぼのの喜びはどこにあるのでしょうか。

 おお、もろもろの世界の歓喜である者よ。

 

 苦悶が地上のすべての民族に降りかかっております。

 あなたの歓喜のしるしはどこにあるのでしょうか。

 おお、もろもろの世界の喜びである者よ。

 

 あなたのしるしのあけぼのの地点が、邪悪な暗示によってかくされております。

 あなたの強力な指はどこにあるのでしょうか。

 おお、もろもろの世界の威力ある者よ。

 

 すべての人びとはのどの渇きにあえいでおります。

 あなたの恩寵の川はどこにあるのでしょうか。

 おお、もろもろの世界の慈悲者よ。

 

 貪欲が全人類をとりこにしてしまいました。

 超脱の権化はどこにあるのでしょうか。

 おお、もろもろの世界の主よ。

 

 あなたはこの虐げられた者が、流罪に処せられてさびしい状態にあるのを見たもう。

 あなたの指揮下にある天の軍勢はどこにいるのでしょうか。

 おお、もろもろの世界の君主よ。

 

 わたしは異国に見捨てられております。

 あなたの忠実さの象徴はどこにあるのでしょうか。

 おお、もろもろの世界の信頼者よ。

 

 死の苦悶がすべての人びとを捕らえました。

 あなたの永遠の生命の大洋にうねる波はどこにあるのでしょうか。

 おお、もろもろの世界の生命である者よ。

 

 サタンがあらゆる生き物にささやいております。

 あなたの炎の流星はどこにあるのでしょうか。

 おお、もろもろの世界の光である者よ。

 

 情欲の狂乱が人類の大半を邪道に陥らせてしまいました。

 純潔の夜明けはどこにあるのでしょうか。

 おお、世界の望みである者よ。

 

 あなたはこの虐げられた者がシリア人たちの中で暴虐に蔽い隠されているのを見たもう。

 あなたの夜明けの光のかがやきはどこにあるのでしょうか。

 おお、もろもろの世界の光である者よ。

 

 あなたは、わたしが宣言することを禁じられているのを見たもう。

 ではあなたの調べはどこから発せられるというのでしょうか。

 おお、もろもろの世界のナイチンゲールである者よ。

 

 人類の大半は妄想と空想に包まれております。

 あなたの確信を示す者たちはどこにいるのでしょうか。

 おお、もろもろの世界に確信を与える者よ。

 

 バハは苦難の海でおぼれかけています。

 あなたの救助の箱舟はどこにあるのでしょうか。

 おお、もろもろの世界の救助者よ。

 

 あなたは創造の暗やみの中で、あなたの言葉の夜明けを見たもう。

 あなたの恩恵の天の太陽はどこにあるのでしょうか。

 おお、もろもろの世界に光を与える者よ。

 

 真理と純潔、忠誠と栄誉の灯火は消されました。

 あなたの復讐の怒りのしるしはどこにあるのでしょうか。

 おお、もろもろの世界を動かす者よ。

 

 あなた自身を擁護する者、また、あなたの愛の道において

 彼に降りかかったことを考える者を見いだすことができましょうか。

 今、わたしのペンは動きを止めます。

 おお、もろもろの世界の敬愛者よ。

 

 神聖なるロートの木の枝は、吹き荒れる運命の疾風によって折れ、倒れております。

 あなたの援助の旗はどこにあるのでしょうか。

 おお、もろもろの世界の擁護者よ。

 

 この顔は中傷のちりの中にかくされております。

 あなたの哀れみの微風はどこにあるのでしょうか。

 おお、もろもろの世界の慈悲者よ。

 

 聖なる衣は偽る人びとによって汚されております。

 あなたの聖なる衣はどこにあるのでしょうか。

 おお、もろもろの世界を飾る者よ。

 

 恩寵の海は人びとの手がもたらしたことのために静まっております。

 あなたの恩恵の波はどこにあるのでしょうか。

 おお、もろもろの世界から望まれる者よ。

 

 神の面前に通じるとびらはあなたの敵の暴虐によって閉ざされております。

 あなたの贈与のかぎはどこにあるのでしょうか。

 おお、もろもろの世界のかぎを開ける者よ。

 

 木の葉は毒を含んだ扇動の風によって黄ばんでおります。

 あなたの恩寵の雲から注ぐ雨はどこにあるのでしょうか。

 おお、もろもろの世界の贈与者よ。

 

 宇宙は罪のちりで暗くなっております。

 あなたの許しの微風はどこにあるのでしょうか。

 おお、もろもろの世界を許す者よ。

 

 この若者は荒廃した土地で孤独であります。

 あなたの天上の恩恵の雨はどこにあるのでしょうか。

 おお、もろもろの世界の付与者よ。

 

 おお、崇高なるペンよ、永遠の領土でなんじのもっとも甘美な呼びかけを聞いた。

 荘厳なる舌が発したことに耳を傾けよ。

 おお、もろもろの世界の虐げられた者よ。

 

 もし寒さがなければ、いかにしてなんじの言葉の暖かさは広がるであろうか。

 おお、もろもろの世界の解説者よ。

 

 もし災難がなければ、いかにしてなんじの忍耐の太陽はかがやき出せようか。

 おお、もろもろの世界の光よ。

 

 邪悪な者らのために嘆くな。なんじは忍び、耐えるために創造された。

 おお、もろもろの世界の忍耐者よ。

 

 扇動者たちに囲まれる中、聖約の地平線上へのなんじの出現と、

 なんじの神に対するあこがれはいかに甘美であったことか。

 おお、もろもろの世界の愛よ。

 

 なんじにより独立の旗は最高峰に掲げられ、

 恩寵の海はうねった。

 おお、もろもろの世界の歓喜よ。

 

 なんじの孤独により一体性の太陽はかがやき出した。

 なんじの追放により和合の国は飾られた。

 忍耐せよ。おお、もろもろの世界の追放者であるなんじよ。

 

 われは屈辱を栄光の衣とし、苦難をなんじの聖堂の飾りとした。

 おお、もろもろの世界の誇りよ。

 

 なんじは人びとの心が憎しみで満たされているのを見るが、

 それを見過ごすことがなんじの努めである。

 おお、もろもろの世界の罪を隠す者よ。

 

 剣がひらめく時前進せよ。

 矢が飛ぶ時突進せよ。

 おお、もろもろの世界の犠牲者であるなんじよ。

 

 なんじが嘆くか、それともわれが嘆こうか。

 むしろなんじの擁護者の少なさにわれは涙を流そう。

 おお、もろもろの世界の嘆きをもたらしたなんじよ。

 

 まことに、わたしはあなたの呼びかけを耳にしました。

 おお、栄光に満ちた最愛なる者よ。

 そして今、バハの顔は苦難の熱と、あなたのかがやくことばの火で燃え上がっています。

 そしてかれは、あなたの喜びを求めて、犠牲の場に忠実に立ち上がっています。

 おお、もろもろの世界の制定者よ。

 

 おお、アリ・アクバルよ、この書簡をもってなんじの主に感謝せよ。

 これにより、なんじはわが従順の芳香をかぎ、

 あらゆる世界の敬慕者である神の道において、

 われを悩ませたことが何であったかを知るであろう。

 

 すべてのしもべがこれを読み、熟考するならば、

 かれらの血管中には、もろもろの世界を燃え上がらせる火が赤々と燃え立つであろう。

                                                                 バハオラ

 

         参堂の書(一)

 (この祈りはバブとバハオラの聖廟において用いられる。また、バブとバハオラに関   連する祝祭

 日にも用いられる)

 

 最も尊いあなたご自身から発せられた賛美と、

 最も光かがやあふれるあなたの美からかがやき出た栄光は、

 荘厳なる顕示者であり、永遠の王であり、

 天と地にあるすべての主であるあなたに向けられます。

 あなたを通じて神の主権と支配、神の尊厳と偉大さは現わされ、

 いにしえよりかがやく昼の星々は、あなたの取り消せない命令の天上を照らし、

 眼に見えざる者の美は創造界の地平線上にかがやき出たことを証言いたします。

 あなたのペンのひとつの動きにより、「存在せよ」というあなたの命令が実施され、

 神のかくされた秘密が明らかにされ、万物が創造され、

 すべての啓示が下されたことをもまた、証言いたします。

 

 あなたの美を通して愛慕される者の美は明らかにされ、

 あなたのみ顔を通して望みの的である者のみ顔は光りかがやき、

 あなたから発せられたある言葉により、

 あなたはすべての創造物に審判を下し、

 それにより、あなたに献身する者らは栄光の頂にのぼり、

 不信心者は深淵の底に落ちたことを、わたしはさらに証言いたします。

 

 あなたを知る者は神を知る者であり、

 あなたの面前に達した者は神の面前に達した者であることを証言いたします。

 それゆえに、あなたとあなたのしるしを信じ、

 あなたの主権の前にひれ伏し、あなたとの面会の栄誉にあずかり、

 あなたの望みにかない、あなたの周りをまわり、

 あなたの王座の前に立つ者の祝福は大いなるものであります。

 あなたにそむき、あなたを否認し、あなたのしるしを否定し、

 あなたの主権に反駁し、あなたに反対して立ち上がり、

 あなたの面前で虚勢をはり、あなたの証言に異論をとなえ、

 あなたの統治と支配から逃れ、あなたの命令の指により、

 あなたの神聖な書簡にその名を記された不信心者たちの中に数えられる者に災いあれ。

 

 おおわが神よ、わが敬愛する者よ。

 あなたの慈悲と慈愛の右手から、あなたの恩恵の聖なる息吹をわたしに漂わせたまえ。

 それにより、わたしが自我と俗世から離れ、あなたの近くへ、

 あなたの面前の宮居へと引き寄せられますように。

 あなたは思いのままになす力強き者でありたもう。

 まことに、あなたはすべてのものを君臨する者でありたもう。

 

 おお神の美なる者よ、神の記憶と賛美、神の栄光と光輝はあなたに向けられております。

 創造界の眼はあなたように虐げられた者をかって見たことがないことを証言いたします。

 あなたは生涯を通じて日々苦難の大洋に浸っておられました。

 ある時はくさりや足かせにつながれ、またある時は敵の剣におどされました。

 しかも、こうした中であなたはなお、すべてを知り、すべてに賢い神が

 あなたに指示したもうたことを、全人類に守るように命じられました。

 

 あなたに降りかかった虐待にわたしの精神がささげられんことを。

 わたしの魂もまた、あなたが耐えられた逆境に対する償いとならんことを。

 あなたと、あなたのみ顔の光輝で照らされ、

 また、あなたの愛のために、命じられたことをすべて守った人びとにより

 神にたん願いたします。    

 あなたとあなたの創造物の間をさえぎるあるヴェールを取り除き、

 この世と来るべき世の良きものをわたしに授けたまえ。

 もことに、あなたは全能者、最も高貴なる者、栄光に満ちた者、常に許す者、

 最も哀れみ深き者でありたもう。

 

 おお主なるわが神よ、あなたの最も高貴なる名称がつづくかぎり、

 そして、あなたの最も崇高なる特性が残るかぎり、

 聖なるロートの木とその葉、その大枝、その小枝、その幹、その側枝を祝福したまえ。

 また、それを侵略者の危害や、暴虐の軍勢から守りたまえ。

 まことに、あなたは全能者、最も強力なる者でありたもう。

 主なるわが神よ、あなたの面前に参じたあなたのしもべらと侍女らをも祝福したまえ。

 まことに、あなたはすべてに恵み深き者であり、その恩寵は無限であります。

 あなたの他に神はなく、あなたは常に許す者、最も寛容なる者でありたもう。

                                                                 バハオラ

 

         参堂の書(二)

 (この祈りは、アブドル・バハにより著わされたもので、その廟において用いられる。また一般の

 祈りとしても用いられる。)

 

   謙虚な心で、熱意をこめてこの祈りをとなえる者はだれであれ、このしもべ(アブドル・バハ)

 の心に満足とよろこびをもたらすであろう。それはまた、このしもべと対面するに等しい。

 

 神こそは栄光に満ちたもう者なり。