バハオラ

 

  故人のための祈り

     故人のための必須の祈り

 

      「故人のための必須の祈り」、バハイの必の祈りの中で唯

   集会に寄り集まった人々をにして唱えるもので。出席者全員が起立

   沈黙した中で、一人の信者が唱えます。バハオラは、この祈りは故人が十五歳

     以上である時のみ必須で、埋葬の前に唱えら、唱える間にゲブレをく必要は

      ないと明記されていま。祈りの後半「アラ・アブハ」を一回唱

    次に最の聖句を十九回唱、次「アラ・アブハ」一回唱、二つ目の

       聖句を十九回唱、同じよにし「アラ・アブハ」と各聖句を交互に

      ながら最後まで唱えま。な、死者が女性の場合、最初の聖句「これは

      あなたの侍女(じじょ)であり、あなたの侍女(じじょ)の子であります」と言い換、そ(しもべ)   

    はすべ侍女(じじょ)」   、「彼」「彼女」に換えて唱えます 

 

 おおわが神、これはあなたの(しもべ)であ、あなたの(しもべ)の子であります。彼はあなたご自身、あなたの御しるしとを信、あなたに顔を向け、あなた以外のすべてのものを超越いたしまし。まこと、あなたは慈悲深き者の中の最も慈悲深き御方におわします。

 人々の罪を許、人々の(あやま)ちを(おお)いかくし給う神。ご恵沢(けいたく)の天上と、恩寵(おんちょう)の大海原に相応(ふさわ)しいままにこの(しもべ)をあしらい給。天と地の創以前より続く崇高なるご慈悲の領土に入ることをこの(しもべ)に許し給なたの他に神はいまさ、あなたは常に許し給、最も寛大なる御方におわします。

 

 (次に「アラホ・アブハ」を一回唱えるごとに、その下に続く聖句をそれぞれ十九回ずつ唱える )

 

 アラホ・アブハ             我らみな、まことに神を礼拝いたします。

 アラホ・アブハ             我らみな、まことに神の御前に(ぬか)ずきます。

 アラホ・アブハ             我らみな、まことに神に献身いたします。

 アラホ・アブハ             我らみな、まことに神を賛美いたします。

 アラホ・アブハ             我らみな、まことに神に感謝いたします。

 アラホ・アブハ             我らみな、まことに神のもとに、耐え忍びます。

                                  バハオラ

 

     故人のための一般の祈り

 

 おお主なるわが神に栄光あ。不朽のご主権の威力により高め給いした者を(いや)しめ給わ、永遠の幕屋に()し給いました者をあなたからく移し給う。おおわが神、ご支配のもとにかばい給いました者をなたは見捨て給うでしょう。おおわがあこがれの御方、あなたがくまい給いました者をあなたは追放し給うでしょう。あなたが引きげ給いました者をあなたはおとしめ給うでしょう。ま、あなたがあなたを思い起させ給いました者をお忘れになるでしょうか。

 限りなき栄光に輝き給うあなたに栄光あ。あなたは(いにしえ)より全宇宙王におわ、その最初の原動力にましま未来永劫(みらいえいごう)を通じて森羅万象(しんらばんしょう)の主におわ、命令者におわしま。おおわが神、あなたに栄光あれ。もしあなたが(しもべ)らに御恵(みめぐ)みを()れ給うことをおやめになれば誰が代わって彼らに慈悲を示すでありましょ。もしあなたが愛し給う者らを救うことを拒み給えば、誰が代わって彼らを救うことができましょう。

 計り知れぬ栄光に輝き給う御方なるあなたに栄光あ。あなたは真なるがゆえ敬愛(けいあい)され給。まこと、私どもはみなあなたを崇拝(すうはい)しま。あなたはあなたの正義において明白におわしま。まことに、私どもはみなあなたに証言いたしま。実にあなたは恩寵(おんちょう)深きがゆえ(けいぼ)の的におわしま。あなたの他に神はいまさ、あなたは危急(ききゅう)場の救助者におわし、ご自力にて存在し給う御方にまします。

                                                                   バハオラ

 

                   

 

 彼こそは神におわしま。神は崇高におわ、慈愛と恩恵の主にまします。

 おお全能なる主にましますわが神に栄光あ。あなたが全能者におわし、御力に満ち給うことを証言いたしますまたあなたのご主権、ご慈愛、ご恩寵(おんちょう)、 ご威力、 あなたの存在の唯一性、 ご本質の一体性、 そしてあなたは、創造の世界とそこにあるすべてのものより聖別さ、はるかに超越し給うことを証言いたします。

 おおわが神。ご覧のよう、私はあなた以外のすべてのものを離れ、あなたにしっかりとすが御恵(みめぐ)みの大海原に向か、ご恵沢(けいたく)の天上と、恩寵(おんちょう)の昼の星に顔を向けております。

 主、あなた(しもべ)に信頼をお、その同じ精神によってこの世に生命を与え給いましたことを証言いたします。

 あなたのご啓示の天体の輝きにより嘆願いたしま(しもべ)があなたの御代(みよ)において達成したこと、慈悲深く受け入れ給。そして(しもべ)があな御心(みこころ)()すことの栄光にあずか、あなたのご承認をもって飾られるよう恵み給え。

 おおわが主。私自身、すべての創造物は皆共にあなたの強大なことを証言いたしま。そし、あなたのもと、ま、あなたの天の聖所と至上の楽園へと昇、あなたのおそば近い避難所へと昇天しこの魂をあなたのもとから退(しりぞ)け給わぬようお祈りいたしま。おお全人類の主にまします御方よ。   

 おおわが神筆舌(ひつぜつ)に尽くしがたい天上の聖所でこの(しもべ)、あなた選び給うた人々、聖人たちや使徒らと共に親しく(まじ)わることができますよう恵み給え。

 おおわが主。この貧しい者はあなたの富の王国に向か、この旅はあなたのご境内(けいだい)にあるわが家へと急(かわ)きにあえぐこの者はあなの恩恵の天上の川へと旅立ちまし。おお主恩寵(おんちょう)(うたげ)の分け前と、賜物(たまもの)御恵(みめぐ)みをその者に拒み給うなまことに、あなたは全能者におわし、恩寵(おんちょう)深く、限りなき御恵(みめぐ)みの御方にまします。

 おおわが神。あなたが託し給いました者があなたのもとへと返さまし。新しく迎え入れられた者にあなたの賜物(たまもの)と贈物を授、ご恩寵(おんちょう)の木の実を与え給うことは天と地のあなたの領土を取り囲むあなたの恩寵(おんちょう)と恩恵に相応(ふさわ)しいことでありま。あなたは御心(みこころ)のままになし給御力の御方にましま。あなたの他に神はいまさ、あなたは恩寵(おんちょう)御方におわ、恩恵に満(あわ)れみ深き御方にましま。そし、あたは与え給、許し給う御方におわ、いと貴、すべてを知り給う御方にまします。

 おおわが主。ここに証言いたしま。あなたは人々に客人を(うやま)とを(めい)じ給いまし。そしてあなたを目ざして昇天いたしました者は、まことにあなたのもとに届、あなたの御前に到達いたしまし。願くは恩寵(おんちょう)とご恵沢(けいたく)とにかなうようこの(しもべ)をあしらい給。ご栄光にかて申しま(しもべ)らに(めい)じ給いましたことをあなたご自身が拒み給うこは決してな、ま、ご恩恵の御綱(みつな)にすが、あなたの富の(あけぼの)にのぼった者を退(しりぞ)け給うことは決してないと確信しております。

 あなたの他に神はいまさ、あなたは唯一無二におわ、限りなき力の御方にましま。あなたはすべてを知り給、恩恵に満ち給う御方にまします。

                                  バハオラ

 

                   

 

 おおわが神、罪を許し給う御方賜物(たまもの)を授け給う御方。苦しみをぬぐいさり給う御方よ。

 肉体の(ころも)を捨、霊の世界にのぼった人々の罪を許し給うよう切に嘆願いたします。

 おおわが主。彼らを罪汚(つみけがれ)から清め給、彼らの悲しみをぬぐいさり、彼らの暗黒を転じて光明と化し給。彼らを幸福の花園に迎え入も純粋な水で彼らを清め給。そし、彼ら、至上の(いただき)に映えるあなたの御光を(あお)ぎ見させ給え。

                               アブドル・バハ

 

                   

 

 おおわが神、わが神。まことにあなたの(しもべ)、あなたの聖なる高性の荘厳(そうごん)さの御前でへりくだ、あなたの唯一性の御扉(みとびら)の前で身分(いや)しい者であります、彼、あなたとあなたの聖句を信、あなたの言葉を証言、あなたの愛の火に(とも)、あなたの知識の大海の底深く身をしずめあなたの微風に魅了(みりょう)されあなたに頼りあなたに顔を向け、あなたに嘆願、あなたのご寛恕(かんじょ)御許(みゆる)しを確信しておりま(しもべ)の有限の生命を放棄、あなたに会うことを望みつ不滅(ふめつ)の王国へ飛び立って行きました。

 おお主、神秘の世の光の海に飛び込むことができますよう(しもべ)の地を高、あなたの至高のご慈悲の宮廷(きゅうてい)に庇護し給。そし、あなた栄光ある楽園に導き入、あなたの卓越(たくえつ)した花園での存在を永遠なもとなし給。まこと、あなたは寛大にして力強、許し給、与え給う御方におわします。

                               アブドル・バハ

 

                    

 

 おお許し給う主なる御方よ。

 ある魂たち、人生の日々を無知のうちに過ご、よそよそし抗的になりまし。しか、あなたのお許しの大海からのたったひとの波によっ、罪に取り囲まれている者らはみ、自由にされましょう。あなた、お望みなら、誰であれ親友とな、あなたの選択の対象の者はだれであ、違反者と見なし給。あなた、正義を持って(さば)給え、私どもはみ罪人(つみびと)に他なら、あなたから閉め出されるにするのでありま。しか、もしあなたが慈悲を()れ給え、あらゆ罪人(つみびと)は清めら、すべての見知らぬ者は友とされましょ。それゆえ、あなたのお許しとご容赦(ようしゃ)を授け給えまた、すべての者に慈悲を()給え。

 あなたは、許し給う御方、光を与え給う御方、全能者におわします。

                               アブドル・バハ

 

     女性のための故人の祈り

 

 おおわが神。おお罪を許、苦難をぬぐいさり給う御方。おおし給う御、慈悲深き御方。私は嘆願の両手をあなたに差し伸なたの聖なるご本質の宮廷(きゅうてい)で涙しながら懇願しておりま。真理の座昇っていっ侍女(じじょ)、ご慈悲と御許(みゆる)しを通して容赦(ようしゃ)し給うよう。お。あなた御恵(みめぐ)みとご好意の雲で彼女を庇護、御許しとご寛容大海に(ひた)し給。ま、聖別された住処(すみか)たるあなたの天なる楽園に入らしめ給え。

 まこと、あなたは強大なる御(あわ)れみ深き御、寛大なる御方、慈悲深き御方におわします。                             アブドル・バハ

 

                   

 

 おお主。あなたのご慈悲はすべてを取り囲御許(みゆる)しはすべてを、ご恩恵は壮大(そうだい)であ、ご寛恕(かんじょ)と寛大さはすべてを包み込御許(みゆる)しの光は世界中に放散されておりま。おお栄光の主。私は涙して、熱烈にあなたに懇願いたしま。あなたのもとへ昇っていった侍女(じじょ)に、ご慈悲の御まなざしを向け給。天の楽園の飾りで輝く御恵(みめぐ)みの(ころも)女に着、あなたの一体性の木陰にかくま、ご慈悲とあわれみの光でその顔を照らし給え。

 おお神。あなたの天上の侍女(じじょ)御許(みゆる)しの精神から生じる聖な芳香(ほうこう)を授け給。彼女を至福の住処(すみか)に住まわ、あなたとの再会の妙薬(みょうやく)でその悲しみを(いや)、 あなたの御心(みこころ)に沿って、 聖なる楽園に入らしめ給え。彼女のもとへご慈愛の天使たちを次々と下、彼女をあなたの祝福の陰にかくまい給。まこと、あなたは常に許し給う御、最も寛大

る御方、すべてに恩寵(おんちょう)深き御方におわします。            アブドル・バハ

 

                   

 

 おお親切なる主。心より愛されたこ侍女(じじょ)はあなた()せられ、熟考(じゅっこう)(どうさつ)を通し、あなたの面前に達、あなたの領土に入ること切望いたしまし。そし、涙ながらの目で神秘の王国を見つめました。この侍女(じじょ)は多くの夜をあなたとの親密な対話に(つい)、多くの日を心らあなたを思って過ごしまし。毎、あなたのことを心に留、毎夜、あなたに思いを()せまし。彼女、さえずる小鳥のように聖句を唱え、鏡のようにあなたの御光を映し出そうと努力いたしました。

 おお罪を許し給う御方。この目覚めた魂があなたの王国へ入れますよう道を開き給えそして、あなたの御手によってしつけられたこの鳥が、永遠のバラ園に舞いあがれるようになし給。彼女はあなたに近づくとを願って燃え上がっておりま。あなたの御前に達することができようなし給。彼女はあなたから引き離されたことにより取り乱苦しんでおります。彼女を天の(やかた)に入らしめ給え。

 おお主。私どもは罪人(つみびと)であ、あなたは許し給う御方におわします。私どもは欠点の海に沈められてお、あなたは許し給う御、親切な御方におわしま。私どもの罪を許、満ち(あふ)れる御恵(みめぐ)みで祝福し給え。お顔を(はい)する特権を与、歓喜と至福の杯を授け給。私どもは自ら罪の(とりこ)となってお、あなたは大いなる御恵(みめぐ)みの王におわしま。私もは罪悪の海に(おぼ)れてお、あなたは限りないご慈悲の主におわします。あなたこそは与え給う御、栄光ある御、永遠なる御恩寵(おんちょう)深き方におわしま。そし、あなたはすべてに恵み深き御、すべてに悲深き御、全能なる御、贈り物を授、罪を許し給う御方におわ。まこと、あなたこそ、欠点を許していただくために私どもが向かう御方におわし、主の中の主にまします。

                                アブドル・バハ