トラクターのその他1

農業機械の簡単メンテナンスTOPへ戻る





クボタ・トラクタGL32で、ポンパ・レバーが折れました。

ステアリング下のカバーを取り外します。

カバーは、3本のボルト(頭部12㎜)で固定されています。

ポンパ・レバーを取り付けます。

決まった位置でしか取り付かないようになっています。



イセキ・トラクタTA317で、回転計とアワー・メータの故障です。

分解してみると、プラスティクのギヤ(ねじ歯車)が破損していました。

通常は、回転計ワイヤが切れて作動しなくなることが多いのですが、これは珍しい症状です。



クボタ・トラクタGL220で、PTOレバーがくたくたです。

今のところギヤ・チェンジは何とか出来ますが…。

ブーツを外してみると、頭部14㎜の固定ボルトが緩んでいました。

ボルトを締めるだけです。



クボタ・トラクタKT24で、アイドリング時に油圧レバーから振動音が出ます。

レバーにクッションを入れます。

グリップを 外します。

ポンプ・プライヤでグリップを掴んでグリグリ回すと引き抜くのが楽になります。

デプス・レバーのグリップも同様に外します。

純正部品のクッションです。

内面にボンドを少し塗っておきます。

油圧レバーとデプス・レバーにクッションを入れます。

グリップを差し込んで完了です。

これで振動音は無くなります。





過去の記載 / その他の記載