トラクターの油圧まわり2

農業機械の簡単メンテナンスTOPへ戻る





クボタ・トラクタGL27で、デリバリ・パイプ回りからオイルが漏れてきます。

ミッション・ケースの下に油溜まりが出来ていた事から発覚しました。

落下調整弁のグリップと固定ボルト(頭部12㎜)4本を外して、シート下のカバーを外します。

ベタベタでよく分からないので、高圧洗浄機できれいに洗います。

電気配線のカプラ等に凍み込んだ水気は、コンプレッサを使いエア吹きして飛ばしておきます。

何故かデリバリ・パイプ上のオイル・チューブが抜けかかっています。

ここからオイル漏れしている可能性はありますが、とりあえず押し込んでホース・バンドを増し締めしておきます。

それよりもデリバリ・パイプと油圧シリンダ・ケースの接合面からのオイル漏れを疑っているからです。

念のため、Uシフト変速バルブ側(反対側)のホース・バンドも増し締めしておきます。

少しやり難いです。

オイル漏れする箇所を特定させる必要があるので、エンジンを始動してしばらく放置します。

直ぐにデリバリ・パイプを固定しているボルト回りからオイルが漏れてきます。

やはり、デリバリ・パイプと油圧シリンダ・ケースの接合面からのオイル漏れですね。

エンジンが回っている間はオイル・ポンプも回り続けるので、作動油兼ミッション・オイルは、オイル・ポンプからデリバリ・パイプと油圧シリンダ・ケースを経由し昇降用コントロール・バルブ(油圧シリンダ・ケース下)に送られます。

つまり、エンジンが回っている間はオイルが漏れ続けるって事です。

頭部12㎜の固定ボルト2本を外し、フランジ・キャップとデリバリ・パイプを外します。

外したフランジ・キャップと固定ボルトです。

デリバリ・パイプ側にOリングが2つくっ付いたまま残っていますが、このOリングを交換します。

Oリングを外します。

デリバリ・パイプと油圧シリンダ・ケースの間にもOリングが2つありますが、このままでは外せないのでミッション・ケースの側面にあるパイプ固定金具を外します。

頭部14㎜の固定ボルトを外して、デリバリ・パイプを固定している金具を外します。

少し強引ですが、これでデリバリ・パイプを手前に引く事が出来ます。

左写真で分かるようにOリングが2つありますが、これらも交換するので外します。

デリバリ・パイプとフランジ・キャップのOリングが収まる窪みには、それぞれ潤滑材を吹き付け洗浄しておきます。





Oリングは、フランジ・キャップ側と油圧シリンダ・ケース側の計4つを交換します。

左写真は外したOリングですが、やはり押し潰れています。

左写真は新品のOリングです。

P10㎜とP12㎜が2つずつです。

デリバリ・パイプの窪みに新品のOリング(P10㎜)を2つ入れます。

きれいな指でOリングを押さえておきます。

左写真のように直ぐ外れようとするので、そうならないうちに素早く油圧シリンダ・ケースに押し付けます。

フランジ・キャップ側の窪みにもOリング(P12㎜)を2つ入れます。

数秒~数十秒くらいは窪みに収まっているので、外れてくる前に素早くデリバリ・パイプに押し付けます。

フランジ・キャップとデリバリ・パイプを油圧シリンダ・ケースに押し付けながら、固定ボルトを締めていきます。

Oリングが窪みから落ちていない事を確認しながら行います。

2本の固定ボルトをしっかり締め付けたら、パーツ・クリーナでデリバリ・パイプ回りを洗浄して油分を取り除きます。

デリバリ・パイプの固定金具も取り付けますが、外す時に緩衝材であるゴム・チューブが付いてなかったので、ゴム・チューブを入れて取り付けます。

ミッション・オイルが検油窓から見えないくらい漏れていたので、ミッション・オイルを補充しなければいけません。

給油口キャップを外し、ミッション・オイルを入れます。

左写真のように、検油窓の半分くらいまでオイル量があればOKです。

もちろん、ロータリが地面まで下がった状態でのオイル量です。

給油口キャップを締めたら、エンジンを始動し回転を上げ数分放置します。

デリバリ・パイプ回りからオイルが漏れていない事を確認出来たらOKです。





過去の記載 / その他の記載