トラクターの足まわり3

農業機械の簡単メンテナンスTOPへ戻る





クボタ・トラクタGT3で、左の後車軸ケースからオイルが漏れてきます。

高圧洗浄機で洗ってから暫く放置しておくと、後車軸ケースとブレーキ・ケースの合わせ面からオイルが漏れてくるようです。

修理としては後車軸ケースを取り外して油分を取り除き、液体ガスケットを塗り直して組み付けるだけの作業ですが、アワー・メータがかなり回っていることもあり、折角なので後車軸のオイル・シールを交換することにします。

ということで、ロータリを外しミッション・オイルを抜きます。

左右両方の後車軸のオイル・シールを交換するので、ジャッキ・アップして左右の後輪を外します。

ジャッキ・アップ後の機体の重心バランスが悪いので、小型のジャッキを2つ使って機体を安定させています。

後車軸ケースに固定されている安全フレームの支柱パイプを外さなければいけません。

したがって、安全フレームを外します。

安全フレームは手で持っても大して重たくありませんが、フォーク・リフトで軽く吊っておいてから外します。

安全フレームの支柱パイプと補強パイプを外します。

ロア・リンクとチェック・チェーン、そしてリフト・ロッドも外します。

左写真は、取り外した安全フレームの支柱パイプと補強パイプです。

ブレーキ・ロッドを外したら、後車軸ケースの固定ボルトを全て外します。

上部2箇所の固定ボルトは、水平センサも一緒に留めています。

固定ボルトを全部外したからといって、いきなりドンと落ちるわけではありません。

一応は落ちないか気にしますが…。

ケースの接合面が液体ガズケットでへばり付いています。

ハブ回りを大きいハンマで(当て物をして)1~2発叩くと、衝撃で接合面に隙間が出来ます。

外れて落ちないように、受け止める準備をしておきます。

このトラクタの後車軸ケースは手で持てる重さです。

外す順番を間違えました。

ロア・リンク・ピンとブレーキ・レバーを外していなかったのです。

この状態では手前側(後車軸ケースとブレーキ・ケースの間)は外せないので、奥側(ブレーキ・ケースとデフ・ケースの間)で外します。

ハブ回りをハンマで叩く方法から変更です。

ここは落ち着いて、奥側をスクレーパを使って外します。

少しづつゆっくり外していきます。

玉らしいものが落ちてきました。

ブレーキ・ディスクなどを落とさないように、さらに慎重に行います。

左写真のように、後車軸ケースはブレーキ・ケースが付いたまま外れてきます。

前項で説明しましたが、ロア・リンク・ピンとブレーキ・レバーを外してないからです。

同じクボタでもGLやKLなどの型式と比べると、ブレーキ回りを完全に外さないといけない分、オイル・シール交換が面倒です。

後車軸ケースを慎重に外したので、左写真のようにお粗末な状態ですが何とかブレーキ・ディスクを落とさずに済みました。

何故落とさないように気を付けているかというと、落とすと元の順番と向きが分からなくなるためです。

組み付けは元と同じ順番と向きで行うのが、間違わない一番の方法です。

外からブレーキ・ディスク、ステータ、ブレーキ・ディスク、カム・プレートの順で簡単ではありますが…。

先程落としそうになった玉は、左写真のようにデフ・ケース側の窪みに収まる構造になっています。

説明のため落ちた玉を定位置(窪み)に置いていますが、落ちてこないのはオイルが持つ粘着性のためです。

手で玉を全部(5個)外し、無くさないようにしておきます。

ブレーキ・ケースを含む後車軸ケースには、左写真のようにカム・プレートが取り付きます。

前項でプラネタリ・ギヤリングが見える写真がありますが、そのプラネタリ・ギヤリングの中央にブレーキ・シャフトが入り、そこにブレーキ・ディスク、ステータ、ブレーキ・ディスク、カム・プレートの順に取り付きます。

再び、分解作業に戻ります。





ロア・リンク・ピンを外します。

32㎜のナットが付いているので、これを緩めてロア・リンク・ピンを外します。

右側の後車軸ケースを外す時は、先にロア・リンク・ピンとブレーキ・レバーを外すつもりです。

左写真は、ブレーキ・カムを外したところです。

軸用スナップ・リングを外しブレーキ・レバーを外せば、ブレーキ・カム(軸)を抜くことができます。

外したブレーキ・レバーとブレーキ・カムです。

これらはスプライン嵌め合いですが、位置を合わせるためのポンチ穴が付いているので安心です。

また、ブレーキ・カム(軸)とブレーキ・ケースの摺動面にはOリングが付いていて、オイルが外部に漏れないようになっています。

これで、ブレーキ・ケースを外すことができます。

この2つのケースの合わせ面からオイルが漏れていたのです。

どこのメーカのトラクタにも言えることですが、ケースの接合面からオイル漏れすることは稀にあります。

ここから後車軸を抜いてオイル・シールを交換するのですが、後車軸を抜くには遊星歯車装置(プラネタリ・ギヤリング)を外さないといけません。

固定ボルトのロック・ピンを外します。

真上に引き抜く感じでロック・ピンを外します。

マイナス・ドライバの先端を90度に曲げて、ロック・ピンを外す工具を作りました。

ロック・ピンを外したら、車軸の固定ボルト(頭部14㎜)を外します。

遊星歯車装置を手で持ち上げると、ベアリングが付いたままごっそり抜けてきます。

この遊星歯車装置は、所謂減速装置です。

遊星歯車装置を外したので、後車軸ケースから後車軸を外せる状態です。

後車軸を取り外します。

軸頭に当て物をして大ハンマで叩くだけですが、割と簡単に抜けます。

オイル・シール取り外して、きれいに下処理します。

ベアリングは交換しません。

ケースの接合面は、当然きれいにします。

左側の後車軸ケースに関しての作業は一旦ここで止め、右側の後車軸ケースを外しにかかります。

今度は先程の失敗を教訓にして、ロア・リンク・ピンとブレーキ・レバーを外してから後車軸ケースを外しました。

もちろん、分離するときはブレーキ・ディスクが落ちそうにはなりますが、左側の時と違って上手く残せました。

一気に進みますが、ケースの接合面をきれいにして組み付けていくところです。

玉は脱落防止のため、薄くリチウム・グリースを塗付して定位置(窪み)に入れます。

2枚のブレーキ・ディスクは、左写真のように互いの4つ穴が塞がらないようにして取り付けます。

ブレーキ・カム軸を入れておきます。

この後、液体ガスケットを塗付して慎重にブレーキ・ケースを取り付けます。

この組付け作業が、この修理で一番神経を使いますね。





過去の記載 / その他の記載