田植機の電装まわり1

農業機械の簡単メンテナンスTOPへ戻る





クボタ田植機SPA55で、ポンパ・レバー操作で苗載せ台を下げることができません。

足元のカバーを取り外します。

レバー下げ側の配線が、マイクロ・スイッチの根元で切れていました。

見事に切れていますね。

プレートごと取り外して交換します。



ヒタチ田植機HPU50H(クボタSPU50H)で、バッテリ交換です。

マイナス・ターミナルから外します。
頭部10㎜のボルトとナットです。

次にプラス・ターミナルを外します。

バッテリ本体の固定を外します。

バッテリ下にある2本の吊りロッドのナット(頭部10㎜)を緩めます。

ダブル・ナットになっています。

吊りロッドを横ずらしして、バッテリを受け台ごと外します。

取り外したバッテリは、26A19Lです。

新品バッテリを受け台に乗せて、取り外しとは逆の手順で取り付けます。

取り付けたバッテリは、30A19Lです。

ターミナルの取り付けは、プラス側から行います。

仮に、マイナス・ターミナルから取り付けたらどうなるかと言ったら、それは全く問題ありません。

プラス・ターミナルを取り付ける時、工具をボディ(田植機の金属部)に触れないように気を付ければよいだけです。

触れてしまうと大抵はヒューズ(ヒュージブル・リンク)が切れます。

そんなリスクを犯してまで行う必要はないということです。

最後にマイナス・ターミナルを取り付け完了です。





過去の記載 / その他の記載