精米機2

農業機械の簡単メンテナンスTOPへ戻る





カンリウ精米機SR2212Eで、ロールの交換です。

1回通し型の精米機ですが、抵抗をかけても思うような白さにならなくなってきました。

消耗部品(ロール、除糠網など)の交換依頼もあり、それで症状は改善されると思います。

白度ダイヤル、カバーを外します。

排出部(出口ケース)を外すと、出側開口部からロールが見えます。

排出部にある円盤のようなものが圧迫板です。

これは、前項写真の出側開口部から出てくる白米に対して、妨げるように抵抗をかける重要な役割があります。

圧迫板のベアリングは、かなりがたついていたので交換しました。

このがたつきが酷いと、ムラ搗きなどの精米不良になります。

ひょっとしたら、ここのベアリング交換だけで症状が改善されるかもしれませんが…。

糠の落とし口を外しておきます。

Vベルトとプーリを外します。

そして、ロール軸の軸受固定ボルト3本と、前面ケースの固定ネジ(前項写真)4本を外します。

この時、ロール・ハウジングが外れるので、落ちないように手で支えておく必要があります。

このように本体(ロール・ハウジング)がごっそり外れます。





ロール軸を固定している逆ネジの特殊ナットを外します。

シャフトは、ディスク・グラインダで削ったような跡があります。

以前に、プーリがすんなり外れなかったのでしょうか…。

逆ネジなので、このようにネジ山が左回りになっています。

固定ボルトを外し、ロール・ハウジングと前面ケースを分離します。

受枠に組み込まれた除糠網は、挟み込んであるだけなので簡単に外れます。

ロール・ハウジングからロール軸を抜きます。

ロールの頭(ロール止め)は、そこそこ摩耗しています。

まだ使えそうな気がしますが、交換依頼なので交換します。

6角穴付きボルトを外しロール止めを外すと、ロール軸からロールを外す事ができます。

ロールは叩いて抜きますが、割れないように樹脂ハンマを使います。

あまり違いが分かりませんが、先端のほうが少し減っていますね。

ロール止めです。

左が新品です。

除糠網の交換です。

上の網2つが新品です。
破れていないし厚みもあるので、もったいないと思いますが…。





過去の記載 / その他の記載