精米機1

農業機械の簡単メンテナンスTOPへ戻る





カンリウ精米機MRB330で、ロール軸のベアリング交換です。

手でロール軸を回すと、ベアリングのグリースが切れた感じでゴロゴロと音がします。
がたつきも少しあります。

排出部を外します。

外した排出部(前カバー)です。

Vベルトとプーリを外し、側板を止めているネジを全て外します。

ロール・ハウジングをごっそり外します。

網受枠を外し、除糠網を外しておきます。

除糠網は、まだ破れていないので交換しません。

精米機の内部です。

中央に見えるのは落とし口ですが、貼ってある隙間材が破れるとお米が漏れます。

頭部10㎜のボルト3本を外し、ロール・ハウジングを分離します。

ロール軸を抜きます。

左写真は、ロール軸の軸頭を角材に打ち付けているところです。

ハンマで軸頭を叩くより手早いと思っただけです。

取り外し前に、耐水ペーパ(#800くらい)などで軸の表面をしっかり磨いておく事が大事です。

途中からは軸頭に鉄の丸棒などをあてがって、その上をハンマで叩きます。

丸棒を垂直にあてないと軸頭が潰れる恐れがあるので、慎重に行います。

ロール軸が地面を突かないように、馬ジャッキの足の部分、鉄パイプ、角材を利用し、ストロークを稼ぎました。

ロール軸が抜けました。





軸受ハウジングからベアリングを外すため、スナップ・リング(穴用)を外します。

スナップ・リングを外したら、防塵板を外します。

反対側から、ベアリングを叩いて外します。

鉄の丸棒などをあてがって、その上をハンマで叩きます

左写真は、先にプーリ側のベアリングを外しています。

外したベアリングで、上がプーリ側、下がロール側です。

ロールは少々摩耗していますが、まだ精米できているので交換しません。

左からコンベア・ロール、研米羽、精白ロールの並びです。



三菱(カンリウ)循環型精米機B-80J2の除糠網を交換しました。

ここで精米されますが、使い続けると摩耗して穴が開き、米が糠とともに落ちてしまいます。





過去の記載 / その他の記載