モアのエンジンまわり1

農業機械の簡単メンテナンスTOPへ戻る





オーレック・ウイング・モアWM716TLのエンジンです。

空冷式なので防塵カバーが目詰まりすると空気を十分に吸入出来ず冷却効率が悪くなります。

防塵カバーを外してコンプレッサできれいに吹き掃除しました。



オーレック・ウイング・モアWM606Eです。

草刈機はどうしてもゴミを多く吸い込むのでオーバ・ヒートする可能性があります。

スタータ・ケースを外してみます。

フライホイール(ファン)に大量のゴミが詰まっていました。

前項の716とは違い防塵カバーがありません。

ファン・ケースを外して掃除する必要があります。



オーレック・ハンマナイフ・モアHR661Aでキャブレータから燃料が漏れてきます。

キャブレータを取り外し分解掃除します。

燃料が漏れる(オーバ・フロー)症状はニードル・バルブの膠着やバルブ・シート面にゴミが付着するなどが原因ですが、せっかくなので全てきれいに掃除します。

このニードル・バルブはプッシュ・ピンが付いたタイプですが、プッシュ・ピンの動きが悪いです。

このようにプッシュ・ピン回りにキャブレータ・クリーナを吹き付け、指でプッシュ・ピンを押して浸み込ませます。

指でプッシュ・ピンを押し込んで離したら直ぐ内蔵スプリングの力でピンが軽々出てくるまで、ピンの上下を繰り返します。

バルブ・シート面の摩耗もないので燃料漏れはこれで止まります。

全ての掃除を終えたら部品を組み付けていきます。

ニードル・バルブはフロートに掛けながら取り付けます。





オーレック・ウイング・モアWM726TLのエンジン・オイル交換です。

搭載エンジンはクボタGR170です。

刈り高さを一番高くしてからドレン・ボルト(頭部14㎜)を取り外します。

ガイド車輪(左前輪)も1番下に下げる(刈り高く)とエンジンはまずまず水平になります。

低床の廃油箱が必要です。

エンジン・オイル注入口は前面右側にあります。

キャップにゲージが付いていますが、エンジン・オイルは上限レベルまで入れます。

大体ですが1ℓ弱入ります。
少なすぎても多すぎてもいけません。



オーレック・ウイング・モアWM616のリコイル・スタータ修理です。

中心の留めビスが左ネジになっています。
左ネジのビスは珍しいです。





過去の記載 / その他の記載