管理機、耕運機のエンジンまわり5

農業機械の簡単メンテナンスTOPへ戻る





クボタ管理機TR60で、燃料タンクの交換です。

見ての通り凄いサビが発生しています。

燃料コックのレバー回りから燃料が漏れていた事もあり、燃料コックも交換します。

+ネジを2本外し燃料コックを外します。

燃料タンクを外します。

燃料タンクは、頭部12㎜の長ボルト2本で固定されています。

新しい燃料タンクが届くまでに、キャブレータ掃除もして新しい燃料コックを取り付けておきます。

新品の燃料タンクを取り付けます。

燃料ゲージもキャップも付いた燃料タンクASSYです。

新品の燃料タンク内です。

市販の錆取り剤を使って錆を落としても良かったですが、やはり交換のほうが仕事が早くすっきりします。





関東農機の管理機K452で、低回転域でのハンチング症状でエンジンの調子が悪いです。

キャブレータ掃除になるので、頭部10㎜のナット2本を外してエア・クリーナを取り外します。

ラジオ・ペンチを使って、キャブレータからガバナ・ロッドとロッド・スプリングを外します。

また、燃料ホースも外します。

これでキャブレータは外れます。

取り外したキャブレータです。

まずはフロート・チャンバ・ケースの固定ボルトを外して、パッキンを切らないようにフロート・チャンバ・ケースをゆっくり外します。

そして、全ての部品を外します。

キャブレータから外した部品です。

全てにキャブレータ・クリーナを吹き付け、メイン・ジェットとメイン・ノズルは穴が通っている事を確認しておきます。

燃料コックのストレーナ・カップも外して掃除しておきます。

左写真に網(フィルタ)載っていませんが、同様にきれいにしておきます。

ハンチングの症状なので、パイロット・ジェット、スロー・ジェット、スロー・エア・ジェットの掃除を重点的に行います。

このキャブレータの場合、+ネジを外した穴がロビン・エンジンで言うパイロット・ジェットになります。

パイロット・ジェットにキャブレータ・クリーナを吹き付け、メイン・ノズルが取り付く穴にあるスロー・ジェットからクリーナ液が出てくる事を確認します。

はっきりとクリーナ液が出てこれば良しです。

今回は、この穴が少し詰まっていました。

ベンチュリの右側にある小さな穴がスロー・エア・ジェットです。

この穴にキャブレータ・クリーナを吹き付けます。

前項のパイロット・ジェットとベンチュリの奥のスロー・ポートとアイドリング・ポート(アイドル・アジャスト・スクリュの先端が入る穴)から、クリーナ液が出てこれば粗方OKです。

もちろん、メイン・エア・ジェットにもキャブレータ・クリーナを吹き付け掃除しておきます。

メイン・ノズルが取り付く穴からクリーナ液が出てこれば粗方OKです。

最後はコンプレッサでエア吹き掃除します。

湿式のエア・クリーナをきれに洗浄します。

パーツ・クリーナとウエスできれいにした後は、コンプレッサでエア吹き掃除です。

オイル・レベル線までエンジン・オイルを入れます。

キャブレータを組み付けエンジンに取り付けたら、ガバナ・ロッドとロッド・スプリングを取り付けます。

エア・クリーナを取り付け、ナットを締めて固定します。

チョーク・レバー支持部のゴムが一部破れていましたが、向きを変えて取り付けておきました。

エンジンをかけてスロットル・レバーを最低回転位置にし、アイドル・アジャスト・スクリュを回してアイドリングが安定するように調整します。

ハンチング症状は無くなり、全回転域でエンジンの調子が良くなりました。



icon







過去の記載 / その他の記載