管理機、耕運機のエンジンまわり2

農業機械の簡単メンテナンスTOPへ戻る





クボタ管理機TR60でエンジンの調子が悪いです。

中~高回転は問題ないのですが、アイドリング状態でハンチングします。
という事でキャブレータを取り外し分解掃除をします。

エア・クリーナの吸入口の蓋は、割れていたため最初に外してあります。

取り外したキャブレータとエア・クリーナです。

他はチョーク・レバーとインシュレータ、燃料コックの固定ネジなどです。

キャブレータを取り外す前に、燃料コックのフィルタとストレーナ・カップをきれいに掃除しました。

キャブレータのフロート・チャンバ・ケースを外してみると、そこそこ汚れています。

とりあえず部品を全て外します。

フロート・チャンバ・ケースの内面にこびり付いた汚れは、キャブレータ・クリーナを吹き付けてからマイナス・ドライバで削り取ってきれいにします。

ここから掃除後の写真が続きますが、低速のハンチング症状は主にエア・ジェット、パイロット・ジェット、スロー・ジェット間の詰まりが原因です。

ベンチュリの右側に2つの小さな穴がありますが、上にある方が低速時に影響するエア・ジェットです。

ボディの上側で頭部プラス・ネジ(栓)を外すと奥にパイロット・ジェットが見えます。
これは外す必要ありません。

よくある頭部マイナス・ネジで、この穴の栓を兼ねているタイプのパイロット・ジェットではありません。





キャブレータ・クリーナのノズル先端をエア・ジェットに真っ直ぐ入れて吹き付けます。

左写真ではパイロット・ジェットの上にキャブレータ・クリーナのノズルが見えています。

ベンチュリのアイドリング・ポートにキャブレータ・クリーナの洗浄液が出てきますが、ここは滅多に詰まることはないと思います。

今度はキャブレータ・クリーナのノズル先端をパイロット・ジェットに真っ直ぐ入れて吹き付けます。

この穴からスロー・ジェット(後項写真)までがよく詰まります。

メイン・ジェットを外すと奥にスロー・ジェットが見えます。

パイロット・ジェットから左写真のスロー・ジェットにキャブレータ・クリーナが出てくると、穴が通った事になります。

何度か吹き付け暫く待ちます。

今回の低速時のハンチング症状はこの部分の詰まりが原因です。

ニードル・バルブは左写真のようにフロート引掛け部であるプッシュ・ピンが、内蔵スプリングによって外へ押されているタイプです。

指で押し込んでいたプッシュ・ピン(前項写真)を離したら内蔵スプリングの力によって戻ります。

キャブレータ・クリーナを吹き付けプッシュ・ピンがスムーズに出入りするか確認します。

キャブレータは分解したら全てきれいにすることが基本です。

キャブレータの分解掃除を終えてフロート・チャンバ・ケースを取り付けるところです。



icon







過去の記載 / その他の記載