コンバインの穀粒搬送1

農業機械の簡単メンテナンスTOPへ戻る





クボタ・コンバインSR30の2番処理ケースの摩耗で、ケース上部に穴が開きライナの止めネジ(サラコネジ)が無くなっています。

このように酷い状態です。

ライナはケース内側からサラコネジ、ケース外側からナット(頭部10㎜)で固定されています。

全てのサラコネジを交換しましたが、殆どが共回りして取り外せなかったので、裏からナットをディスク・グラインダで削ったり、ボルト・クリッパで強引に千切ったりして取り外しました。

新品のサラコネジでライナを固定します。

ライナ(ケース内側の板)自体は、まだ厚みもあり破れていないので交換しませんでした。

本来ならライナもケースも交換するのが賢明かもしれませんが、今回は鉄板を当てて溶接で修復しました。

溶接跡は塗装すると目立たなくなります。






クボタ・コンバインAR218で、オーガが排出時にとてもやかましい音がします。

手で回すと、必ず決まった位置でゴツゴツとした感触があります。

何か異物が混入した感じもないので、とりあえず順番に外していきます。

ここまで取り外すことになってしまいました。

オーガ位置検出センサも外すことになるので、組み付け終了時にはオーガの基準位置をECUに記憶させ直す必要があります。

やはりベベル・ギヤが破損していました。

ギヤ交換終了して組み付けに入る時は、縦横スクリュの位相(終わりと始まり)に気を付けて接触しないようにします。





過去の記載 / その他の記載