コンバインの刈取搬送1

農業機械の簡単メンテナンスTOPへ戻る





イセキ・コンバインHL195で、刈取部の支点である軸受ケースが折れました。

こうなると刈取部は思うように昇降しません。

軸受ケースは軸受け兼、供給チェーン駆動ギヤ・ケースでもあります。

ケースは二つに割れますが、すでにケース下部が折れて上部の固定ボルトも変形しています。

ギヤは損傷を受けていないのでケースだけ交換です。

取り付け時、ケース接合面は液体ガスケットを塗付します。



クボタ・コンバインSR50で、刈刃と受刃の隙間調整です。

隙間はシムを減らして調整します。

頭部12㎜のボルトとナットを外しナイフ・クリップを外すと、左写真のように分解できます。

一応、外した順番を分かるようにしておきます。

全体でそれぞれ2枚づつシムを抜き、一番隙間が大きかったところで更に1枚抜きました。

刈刃を組み付け、ナイフ・クリップの固定ボルトとナットをしっかり締めます。

この時、刈刃全体が前後に遊ばないようにスライド・プレートを調整して組み付けます。

刈刃全体にエンジン・オイルを垂らし、ハンマでナイフ・ヘッドを左右交互に軽く叩きます。

この時、そこそこの重さで刈刃全体が左右に動けば問題ないと思います。

重い場合はナイフ・クリップの固定ボルト、ナットを緩め、シムを1枚追加して同じように確認します。

刈刃と受刃の隙間はこんな感じになりました。

ちなみに、刈刃1枚だけ刃先が破損していたので交換しています。





クボタ・コンバインR1-151で、突起ベルトが脱線しました。

倒伏した稲を向かって刈ったら、こうなったそうです。

突起ベルトはめり込んでそのままでは引き抜けなかったので、上カバーを固定しているボルトを外しました。

フレームやカバーなどの変形、破損は特になかったので、そのまま突起ベルトを取り付けました。



クボタ・コンバインSR195で、ボルトの増し締めです。

どのコンバインにも言える(小型は特に)ことですが、刈取部の下部ケースのボルトやナットはよく緩んでくるので、定期的に増し締めしましょう。

緩んだまま使用していると、ベベル・ギヤが破損するなど故障の原因になります。





過去の記載 / その他の記載