コンバインの足まわり3

農業機械の簡単メンテナンスTOPへ戻る





クボタ・コンバインARN445で、ドライブ・シャフトのオイル・シール交換です。

オイル・シールを取り付けるところからです。

取り付けるオイル・シールは、軸付きのオイル・シールです。

軸付きオイル・シールから軸であるスリーブを外します。

オイル・シールを取り付けます。

外周部にリチウム・グリースを塗付してあります。
エンジン・オイルでも構いません。

付着している埃は、取り付け時はきれいに拭きとってあります。

オイル・シールの外径に合う(やや小さい)鉄パイプをあてがい、その上をハンマで叩いてオイル・シールを打ち込んでいきます。

片寄らないように均等に打ち込みます。

オイル・シールを打ち込んだ後の写真です。

次はスリーブの打ち込みなので、スリーブの内面(ゴム部分)全体にリチウム・グリースを塗付しておきます。
もちろん、エンジン・オイルでも構いません。

スリーブにドライブ・シャフトの直径より少しだけ大きい鉄パイプをあてがい、その上をハンマで叩いてスリーブを打ち込んでいきます。

片寄らないように均等に打ち込みます。

打ち込んだ時の金属音が変われば、奥まで入ったということです。

奥まで打ち込んでも、左写真のようにオイル・シールとスリーブの平面部分との間に隙間があるように見えます。

先の打ち込み前の軸付きオイル・シールを見れば分かりますが、隙間はあるけどリップ部がスリーブの平面部分にしっかり密着しています。

つまり、隙間があるように見えて然りで、リップ部がスリーブの平面部分にしっかり密着している事を確認できればOKです。

駆動スプロケットを取り付けます。

オイル・シールは、左右両方を交換しました。

固定ボルトをしっかり締め付けます。

ミッション・オイルを抜いてあるので、ミッション・ケースにミッション・オイルを入れなければいけません。

ミッション・ケースの検油ボルトを外し、ミッション・オイルをそのボルト穴から出てくるまで入れます。

このボルト穴がミッション・オイルのレベル・ゲージ代わりになります。





過去の記載 / その他の記載