ゆり板を使おう
仮オープン中、今後も補正ししていきます

(注意)ゆり板の使用法の流儀は産地や使う人によって違いがあります。
このページでは淘汰の説明を、次のページではセリ上げについて説明をします。
(1)重砂を沈める
(1)重砂を沈める
土砂は特に中心が一番高くなるよう山のように盛ります。量はかなり多くてもさばけますが体力に合わせて調整してください。
 
板の水平を保ちながら水につけて矢印の方向に小刻みに揺すります。それにより重い砂が下の方に沈み軽い砂が上に行きます。
多少、上部の砂が板の外に出ていきますがさして気にすることはありません。
(2)重砂を沈める2
(2)重砂を沈める2
重砂を沈める方法には(2)の方法もあります。この動作では支点に向かって重砂が集まります。ただし、表面に重砂が出てしまうことも多いため(2)のあとに必ず(1)の動作をおこない補正します。
(3)上部軽砂の分離
(3)上部軽砂の分離
 板を自分に向けて少し傾けたまま肘を伸ばして板を前に押し出します。
 
 板を水平にして手前に惹きつけます。板はあくまでも水平に、動作はゆったりとおこなう
 
 再び(1)の操作をおこない(3)の分離、この動作を砂が50cc以下になるまで繰り返す。 (1)の動作は大変重要でこれを怠ると砂金が板の中央部の一番下に移動しません。
(4)注意点
(4)注意点
自分が当初、多かった失敗です。
板を水中で水平に引かず、弧を描くように傾けて水面から出すと、残っていたはずの砂金がこぼれ落ちてしまうことが多々あります。動作はあくまでも水平にゆっくりと引くのが基本です。早く引きつけるより、ゆっくり引いた方が実は多くの砂が抜けるのです。
 
次のページからはセリ上げについて説明します。

| 前のページ | Index | 次のページ |

戻る