♪ Masao Ohtomo NOW & THEN ♪

(since2017)



♪ ボサノバは心引き付ける不思議なサウンド‥そんな魅力を感じてみよう ♪


Ohtomo Guitar / Bossa Nova No.5 / 1971〜1978

PC,ブラウザにより再生環境が異なります(wmaファイルをダウンロードしてから再生)

♪ 01 Deixa ♪ バーデン・パウエル 03:21 , 3,175KB , 128kbps
♪ 02 Quebra Mar♪ ルイス・ボンファ 02:28 , 2,340KB , 128kbps
♪ 03 Apelo♪ バーデン・パウエル 04:03 , 3,840KB , 128kbps
♪ 04 Astonauta Samba♪ バーデン・パウエル 03:13 , 3,046KB , 128kbps
♪ 05 Agora e Cinza♪ ネコ 02:49 , 2,667KB , 128kbps
♪ 06 Jose Samba♪ ロジ−二ャ・デ・バレンサ 01:53 , 1,786KB , 128kbps
♪ 07 Garo Choro♪ ルイス・ボンファ 02:00 , 1,897KB , 128kbps
♪ 08 Canto de Ossanha♪ バーデン・パウエル 04:14 , 4,033KB , 128kbps


 
愛用ギター:フェルナンデス・ジェロニモ・ペーナ

 


♪ ブラジルで出会ったアミーゴ達 ♪

バ−デン・パウエル(ブラジル)2000年9月26日(満63歳没)

バーデンのサゥンドは人の3倍の音色と強烈な音を弾き鳴らす事です。音楽の 3要素を見事に表現した内容である。これにハマッタ人達は多分多いと思います。これに魅了されて40年にもなります。バ―デンの演奏はとても美しいハ−モニ−が心を包んでくれる喜びを教えてくれた。バ‐デンとの出会いは、まず初来日の「サンケ−ホ−ル」での初対面でした。ここでの印象は今までにないこれが 「サンバ ・ギタ−」 だと確信しました。バ−デンにブラジルへ来いと誘われて一年後にリオデェジャネ−ロでライブを聞きました。その後残念にも彼は忙しくて逢えなかった。それから、12年然、あの華やかなパリで再会した。嬉しかったねさなカフェ−で、コンサ−ト後に奥さんと3人でパリの小コ−ヒを飲んだのが最後でした。by Ohtomo


ロジ−二ャ・デ・バレンサ(ブラジル)Wikipediaではホジーニャ・ジ・ヴァレンサ:2004年6月10日(満62歳没)

1972年サンパウロのあるライブハウスで一週間のライブがあった。印象的だったのは演奏振りがとても男性的で素敵なスタイルだった。メンバ−の中ではリ−ダ-的存在であった。リハーサルの後メンバ−達と一緒にカフェする中で、メンバー達にステージ衣装をプレゼする面倒見の良い姉御派である。その日の演奏会は、私が今まで聞いていた演奏とは大違いであった。バ−デンの弟子だけあって乗りが違う力強い個性が感じられた。2週間の素晴らしい劇的な出会いであった。1992年に 心不全の為亡くなったと聞いている。残念な存在である ロジー二ャ・デ・パレンサ冥福を祈ります。出会いをありがとう。by Ohtomo


【大友正男プロフィール】 昭和23年4月5日、茨城県生まれ(2017年6月現在生存)

17歳で、本格的にクラシック・ギターを学ぶ。 22歳での多感な青年期に、単身ブラジルへ渡り、3年滞在、サンパウロ、バイーヤ リオ・デェジャネーロ等の街で、Bossa Nova ・ Samba ギタ-の特殊演奏法を究める。 この間、バ-デン・ パウエル、ロジー二ャデ・バレンサ、トニオ・ ラーモス 達の仲で磨き上げた。ブラジル・サウンドを確立する。彼等一流のア-ティストから、その非凡な才能を認められ絶賛を博する。 帰国後、コンサート・ライブ・ハウス、主にパシフィク・ホテルにある クラブ、エル・ベンセドールで Bossa・アミーゴ、を結成し、演奏活動をしていた。1981年、フランス・パリに滞在。そんな中で作曲を学ぶ中奇遇にも、バーデン・パウエルと再会、更に一段と磨きをかけた。私にとっての ギター音楽芸術は、「 クラシック ・ギター」という 本来的に表現の豊かな優れた楽器を更に極限的に活かし切って演奏することで、人の心の奥底にある、「 喜 ・ 怒 ・ 哀 ・楽 」を表現すること――。 (ベイタウン・ミュージック・セレクション Vol.26からの引用)

 


 
プラグインが必要です。
Baden Powell - Samba Triste - Europe


 
プラグインが必要です。
THE BOSSA NOVA YEARS (3) SYLVIA TELLES & ROSINHA DE VALENCA One Note Samba


 
プラグインが必要です。
Samba Triste Gt M,Ohtomo 2004.10.09 / Live in JAPAN


そして今

ブラジル時代の恩師たちは皆逝ってしまい‥加齢とともに音楽活動を一時中止していたが

近年は‥オオタカの魅力にはまり‥ 鳥の達人たち?と交流を深めるうちに

細胞が目覚め始め‥2017年春‥ふたたび羽ばたく兆し

人生まだまだ‥音楽活動再開マジか^^♪

(2017.03)


 

ブラジル時代のジャケットCDを手に‥御年69歳 2017.04.16@東京


 
プラグインが必要です。
オオタカの鳴き声に一喜一憂? 2017.04.16@東京


 
プラグインが必要です。
アミーゴ達は逝ってしまったが‥俺は元気だぜ! 2017.03.19-plus@東京



 
2017.06.17.14:00〜 大友正男ライブイン江戸川 2017夏

謎のグラサン夫婦『m&y』を結成して復活しました

@気まぐれ飛行船 3656-4252

 





【プログラム】

・イパネマの娘(アントニオ・カルロス・ジョビン)

・黒いオルフェ(ルイス・ボンファ)

・アペーロ(バーデン・パウエル)

・パリの朝・ささやき・哀愁の父母(大友 正男)…朗読と共に

・コンソラソン(バーデン・パウエル)

・別れの曲(フレデリック・ショパン)



 
2017.10.21.14:00〜 大友正男ライブイン江戸川 2017秋

謎のグラサン夫婦+2JO 『m&y&s』

@気まぐれ飛行船 3656-4252

 





【プログラム】

・黒いオルフェ(ルイス・ボンファ)

・ボンファに捧ぐ(ジョアン・ジルベルト)

・イパネマの娘(アントニオ・カルロス・ジョビン)

・星にさまよう(大友 正男)…朗読と共に)

・月に帰りたい(大友 正男)…朗読と共に)

・トリステーザ(ハロルド・ロボ&ニルティーニョ)

・ジェット機のサンバ(アントニオ・カルロス・ジョビン)

・ビリンバウ(バーデン・パウエル)

・別れの曲(フレデリック・ショパン)



 
大友ギターコラボレーション2017
 


 
プラグインが必要です。
2017.06.17@気まぐれ飛行船 Cafe+Gallery


 
プラグインが必要です。
東京のオオタカ2015+大友ギターコラボ


 
プラグインが必要です。
皆既月食20141008+大友ギターコラボ


 
プラグインが必要です。
カワセミのメロディ(ラ・セゾン)+大友ギターコラボ


 
プラグインが必要です。
カワセミのメロディ(きさらぎ2017)+大友ギターコラボ


ひきつづき‥東京都区内オオタカ村の愉快な仲間たちと

オオタカ観察な日々を‥楽しんでいます





This site is supported by photographer K.Asai


(注)このページの動作確認環境:Windows10、GoogleChrome/フォント=MSPゴシック


Copyright(C) Omocame World. All Rights Reserved

Omocame World