自己紹介
お馬さん

omiyoです!(^ ^)

私は、omiyoです。
小学、中学、高校、短大、社会人の時、仲の良いお友達は、皆omiyoと、私を呼びます。
ですから、皆さん、omiyoとお友達になって、いろいろな、お話しませんか?
昭和38年9月9日、香川県観音寺市で、生まれました。
親戚のおじいちゃんが、名前をつけたそうです。
2才になって、皆で、東京都江東区に引っ越し。
兄弟は、兄と弟の3人。真ん中の女の子なので、箱入り娘のように、両親の愛情を受けて、素直に幸せに育ちました。
今あるのも、両親のおかげです。
感謝しています。
お父さん、お母さん、ありがとう!
ずぅ〜と、東京都江東区で、生活していました。
短大は、幼児教育科を出て、保母さんになりました。
子供が、大好きで、子供の中で、生活することができ、とても幸せでした。
そして、平成元年11月、結婚して、東京都港区に、引っ越しました。
天王洲アイルは、チャリで、10分。
品川駅から5分の社宅だったので、銀座、渋谷は、電車に乗ると、10分の距離。
飲みに行くには、とても良い環境でした。
ところが、長男を幼稚園に入れようとした時、年中が、1人。年長が、3人。全園児4人ということで、悩みました。
その時、高校時代の友達が、「子供が、いっぱい、いるよぉ〜」ということで、埼玉県浦和市に引っ越しすることに、なりました。
そして、今富士山の見える場所で、住んでいます。
子供は、土のある場所で、育てたいと思いました。
家族は、パパ2才年下です。
長男は、平成2年生まれ。長女は、5年生まれ。次女は、8年生まれ。
5人家族です。そして、犬のレドが、1匹。
ここまで、読んで頂き、ありがとうございます。
お疲れ様でした。
omiyoをヨロシク!!(^ ^)
お馬さん

omiyoの素顔

omiyoの素顔に、せまります。
omiyoは、小学生の時、幼稚園児に、見えました。
中学生に、なったら、小学生に、間違われ、
高校生に、なったら、中学生に、思われて、
短大生になったら、高校生に。
社会人になったら、学生に・・・。(学生というのは、幅、広いです)
・・・・・ということで、omiyoは、実年齢より、若く見えます。
omiyoは、常に、実年齢を、わかってほしいのだけれど、omiyoのことを、知らないまわりの人達は、必ずと言っていいほど、はずれです。
年を、ご丁寧に、さば読んで頂けます。

今でも、omiyoが、一人でいると、独身だと、勘違いしてくれる人がいます。そして、3人、子供が、いるんですよ。
・・・・というと、必ず、驚かれます。
そして、次に、出る言葉が、必ず、「若いのに、エライわね。」
本当の年を話すと、「そうなんだぁ〜。若く見えるね〜」という言葉が、かえってきます。
童顔なもので。ガキくさいもので・・・・。
昔は、本当の年を当ててほしかった。
でも、今は、35才に、なってからは、若く、見えるのもまぁ〜いいか。悪くないな。って、思うように、なりました。
やっぱり、年をとったんだなぁ〜。
でも、omiyoは、まだまだ、やる気、満々です。
チャレンジ精神は、いっぱい、あります。
初めてのこと、いろいろ、体験したいです。
お馬さん

おじいちゃん!

omiyoのおじいちゃん、おばあちゃんを紹介します。
父方のおじいちゃんは、omiyoが、小1の時、夜中、おじいちゃんが、死んだ夢!を、見ました。omiyoは、「おじいちゃんが、死んじゃったぁ〜!!」と、言って、泣いたことを、昨日のことのように、思いだします。朝、5:00頃、田舎から、電話が、鳴り、おじいちゃんが、死んだことを、知らされました。
父方のおばあちゃんが、亡くなったのは、omiyoが、小4の時!
母方のおばあちゃんが、亡くなったのは、忘れもしません。
omiyoが、中学3年。都立高校の入試!の日。
家に帰ると、お母さんが、田舎に帰る支度をしていました。
あの姿!は、目に焼きついて、言葉で、どう表現していいのか、わかりません。
とても、悲しかった出来事です。
そして、今、omiyoには、母方のおじいちゃん!だけが、そばにいます。
・・・と言っても、一緒に暮らしている訳ではなく、おじいちゃんの家は、香川県観音寺市伊吹町!に、あります。
おじいちゃんは、明治40年7月7日!七夕の生まれです!
omiyoは、おじいちゃんが、大好き!です。
とても、物知りで、かしこい人です。
現在、91才。今年の七夕の誕生日になると、92才になります。
おじいちゃんは、昔、豚を、飼っていました。
omiyoは、小学生の時、夏休み!になると、田舎に、1ヶ月位、遊びに行っていました。
毎日、瀬戸内海の海!で、泳いでいました。
あの頃の海!は、今よりも、はるかにきれいで、海の底が、見えるほどです。
キラキラ・キラキラ、宝石が、こぼれたような、青い青い海。
透き通った、魚が、見える海!でした。
omiyoは、小学生の時の夏休みの自由研究!で、「豚について」を、発表しました。
母親の兄弟は、関西地方に集中!して、住んでいます。
だから、おじいちゃん、おばあちゃんも、よく、東京!に、遊びに来ました。来ると、2ヶ月・3ヶ月は、いました。
中学、高校時代のomiyoは、おじいちゃんから、昔の話!を聞くのが、大好き!でした。
omiyoは、日本史・世界史・歴史が、大好き!でした。
おじいちゃんは、omiyoが、聞くことを、丁寧に優しく、教えてくれました。
本当の戦争!を知っている、戦争体験者!です。
おじいちゃんは、何にでも、チャレンジ!する、精神!を、持っていて、常に、フットワーク!が、軽く、一人で、どこでも、行ってしまう人です。
それに、外見!が、とっても、かっこいいです。
紳士です。おしゃれな帽子をかぶって、杖を持って!
でもね。腰は、まがってなくて、まっすぐで、とっても、かっこいいのです。
だから、omiyoは、おじいちゃんと、よく、歩きました。
信仰心!のある人で、おじいちゃんと、浅草・雷門に、よく行きました。お寺や、仏像!お城、博物館、博覧会・・・・いっぱい、でかけました。
1番印象!に残っているのは、omiyoが、23才頃!
二人で、四国一周!をしたこと。
四国の周遊券!を、買って、一週間かけて、回りました。
道後温泉!坂本龍馬の桂浜!徳島にある釣橋!小豆島!桃太郎の鬼が島・女木島!他、いろいろです。
泊まった所も、行きあたりばったりで、YHや、民宿、他、いろいろです。
そんな、おじいちゃんが、現在、パーキンソン病!に、なりました。
難病です!
今は、筋肉が、落ち、やせてしまって、ちょっと、ぼけも、入って・・・・。香川県観音寺にある、病院で、入院中です。
いつも、前向きで、リハビリ!を、がんばっています。
そんな、おじいちゃんが、omiyoは、大好き!です。
いつまでも、元気で、いてほしい!です。
お馬さん

ありがとう!(^ ^)

omiyoは、現在37才。
37年生きてきて〜思うこと。
いろんなことがあったなぁ〜。
いろんな人と出会って、大切なもの!
いっぱいもらった気がする。

omiyoの大切な3人の子供達。
omiyoにいろんなこと教えてくれる。

命の大切さ。
命の尊さ。
子供と一緒に見つめていきたい。


omiyoは、保母の仕事!
大好き(^ ^)

子供達の世界でいると、世界が新鮮。
キラキラ輝く子供の目!
大好き(^ ^)

子供って、ころぶんだよね。
でも、すぐに立って、
自分で、手をパンパンして、
また、歩くの。

いつも前を向いて歩くの。
時には、走って、
時には、立ち止まって・・・。

アリやチョウチョを見たり・・・
水たまりがあると上から、石を落としてみたり・・・。

いろいろなものに対して、
好奇心と観察力がすごい!

前向きな姿勢は、目をみはるものがある。

素敵な世界。


これからも、omiyoは、人生を楽しみたい。

omiyoの部屋を通して、たくさんの人達と
お話することができた。
「どうもありがとう!」(^ ^)

これからもomiyoをよろしく〜♪♪
ゲストブックの書き込み!
メール!
ありがと〜う!!

omiyoは、貴方の言葉に励まされたり、
勇気をもらったり、
元気になったりしてる。

感謝してます。
どうもありがと〜う!!(^ ^)

これからも、少しづつですが、
更新していく予定。

暇だなぁ〜。
と、思ったら、
omiyoの部屋!遊びに来てね。
待ってるね。(^ ^)
お馬さん

新たな気持ち

omiyoは、今江戸川区に住んでいます。

現在39才です。
今年の9月の誕生日に40才になります。

年だけ考えるとすごいなぁ〜って、思います。
大人の女性の仲間入り。
40代って、なんだか、とってもワクワクです。

友達と話をすると、40才になるのが、嫌だぁ〜
と、言う声も聞かれます。
あちこち、ガタがきた話も出てきます。

でも、なんか嬉しいのです。
「やったぁ〜!!」って、感じなんです。

大人の女・いい女・何でもできちゃう・
自由な時間・自分磨きの時間

友達と10年したら、旅行に行きたいねって、
話しています。

40代に、いろんな事が起こりそうで、
新しい自分発見もできそうで、
なんだかとっても嬉しいのです。

芸能人の40代で、輝いている女性や
自分を持っている身近な先輩女性のように、
私も自分を見失わずに、一歩一歩歩いていきたいです。

omiyoの部屋をやめてしまおうと何度か考えました。
そんな時、応援してくれる方達の声に励まされ、
又、今年も頑張って、いや、ぼちぼち、
のんびりと、マイペースで、更新できていけたらと
思います。

新しい出会い・友達ができる事を期待しながら、
これからも、omiyoの部屋を
どうぞヨロシクお願いします。
お馬さん
戻る