ピザ窯−レンガ積み1(2008/04/13)


耐火セメント(アサヒキャスター13T)


土曜日は急用で作業できず、今週は日曜日だけの作業です。天気も今にも降り出しそうな曇り空...。
さらに今週は風邪をひいてしまい(子供の風邪がうつった)体調も万全ではありません。
でもゴールデンウィークを目標にしているので、少しでも進めようと思います。

先週末に耐火セメントとレンガを注文していました。
左のセメントがAGCセラミックス(株)のアサヒキャスター13Tです。
普通の耐火セメントは熱を加えないと硬化しませんが、これは通常のセメントと同じように常温で硬化します。
通販でしか手に入らないようです。1袋2000円ですが、送料に最低でもおよそ2000円掛かります。
25〜100kgまでは送料およそ4000円なのでまとめて買うほうがお得です。(送料は地域によって異なります)


ブリックヤード


レンガはコメリのインターネットショップで購入。「ブリックヤード」というレンガを用意しました。
コメリのネットショップで注文すると家まで運んでもらえます。(送料無料!!)
近所のホームセンターにも耐火レンガは売っていたのですが、素性がよくわからなかったのでこのレンガにしました。
SK32相当の耐火性能があります。1個148円で120個購入。


仮置き


とりあえず実際の大きさを把握するために仮置きしてみました。
結構大きいレンガ(115mm x 60mm x 230mm)なので、思ったよりも大きく感じました。
奥行き方向に4個並べる予定でしたが、3個半に設計変更。

火床


早速、火床となるレンガを敷き並べていきます。
アサヒキャスターは普通のセメントと比べると、ちょっと白っぽい色ですね。
目地を狭く取ったので、目地にセメントを入れるのに一苦労しました。


2段目


写真は2段目を積んでいる最中です。
ちなみに今週もカメラマンは次女です。
身長が低いので、ローアングルからの写真ですね。σ(^_^;)

この部分は燃焼室になります。
ピザ窯の形状は、かまぼこ型するかアンパン型にするかで悩みました。
当初の予定ではアンパン型を考えていましたが、結構 床面積が必要なので、頑張ってかまぼこ型にチャレンジすることにしました。
かまぼこ型の難所は天井部分のアーチですね。



目地埋め


目地を埋めているところです。
耐火レンガを積む際はレンガを乾いたまま積むようですが、すぐにセメントの 水分を吸ってしまい目地埋めもなかなか思うように行きません。
(通常のレンガ積みなら十分に水を吸わせてから積むのですが...)


今日はここまで


2段目を積み終えたところで、本日の作業は終了。
予定ではもう3段位積むはずでしたが、体調も悪いので早めに切り上げました。
アサヒキャスターは一袋目がもう少し残っていますが、足りるかな?


設計図


一応、左の画像が今回のピザ窯の設計図です。
焼き床と燃焼室を分けて、連続燃焼出来るようにするつもりです。

設計図は開発中の2xBuilder Ver2で設計しました。
レンガの大きさもブリックヤードに合せてあります。
Ver2からは円柱状の材料も扱えるようにする予定です。(左の設計図では煙突が円柱ですね)

ご意見、ご感想はこちらへどうぞ。

Home 前へ 次へ Top