No.26 南紀ツーリングwithあっ晴れ
04/07/17〜18


 今回は、ツーリングクラブ「あっ晴れ」さんの企画にのっかっかって行ってきました♪楽しさ満載♪



<一日目>
■出発 5:50
 うわ〜・・・今回も睡眠時間3時間で、出発してしまった。暑かったので、勝手に目が覚めたが!確実に晴れ以外ないこの週末ではあったが、カッパは外せない。今回のツーで私が一番早起きなんだろうなーと思いつつ、ninaさんの待つ待ち合わせ場所へGO!

■奈良→R24→和歌山「道の駅万葉の里」7:30着
 走りながら・・・ATMを探しまくった。コンビニATMにも立ち寄るが、時間外とのことで金を出してくれやしない!(汗)お金ないんだけど〜、大丈夫かしら?
 8:00にninaさんと待ち合わせだったが、早めについて朝ご飯食べようと魂胆があったため、予定通り30分早めに到着。リンゴを剥き剥きして頬張り、握ってきたおにぎりを胃に入れる。そうこうしているうちにninaさん登場!!
 「おはようございます!」と挨拶するが、横に怪しいチャリダー男がninaさんを占領している。
 なんと、偶然にも「バルタン」さんというバイク乗りの方とたまたま出くわしたらしく、atsuは紹介してもらう。なんだか、アクチィブな方らしい。この方とはきっといつかまた会うだろうと思われるので、ここでの紹介は省かせて頂く。

■次なる待ち合わせへ 万葉の里8:45発→県道13→R424→R370→海南市
 海南市のコンビニにてナーさんと合流。ナーさんとは昨年以来の2度目のご対面ともあり、やや感動気味。少々だべって、出発。

■次なる待ち合わせへ R42→県道22→ドンドン広場(吉備町)11:00
 R42は混み混み。皆さんどこへ行くのですか?R42が通っている有田市は有田ミカンで有名なミカンの産地。山々はミカン畑で覆われていた。一体、何時が待ち合わせ時間なのか分からぬまま、渋滞気味の道を走ります。
 ドンドン広場へ到着♪ これで全員揃ったみたいよ♪
 合流メンバー:クマさん(2)、マサちゃん(3)、taroさん(2)、楽さん(2)、ピッポエレキバン?さん(初)、BABさん(初)
 総勢、9名でのツーリングスタート♪

楽さんの新車赤ドカが、まぶすうういい〜(>_<)!!








■R424→道の駅「日高川龍遊
 出発して間もなく・・・マサちゃんにハプニング。atsuもこれまで同様の事態を巻き起こしたことがあるし、ホント同情。分かる、分かるんだよその気持ち!!本人が一番焦るんですが、結構周りは冷静なもんなんですよね。とにかく不幸中の幸いか、良い部分でポッキリ折れたのでそのままツーリング続行!
 R424は日高川沿いをゆったり登っていくルート。混んでないし快適ルート。寝不足のatsuは、寝てしまいそう・・・なくらいに気持ち良いよ。信号もないしね〜(^^)
 道の駅には川へおりていく階段があり、こんな風に近づけるのです。子ども達が川遊びしてて、おいらも入りたい〜、な気分に。











 さて、今から、どういうルートを取る?どこで何をする予定?何を食べるの?
 今回のリーダーはクマさん!さて、クマさんのリーダーぶりを拝見。・・・・・すると・・・・

なにやらninaさんにレクチャーを受けまくってます。
ninaさん「ここに行けばこういう宿があって・・・・予約は・・・・」とペーパーを渡しながら説明するninaさん。  キョトンと聞いているクマさん。

こんなお二人の姿をみて、
「初めて受験会場に一人で行くことになった不安な息子と肝の座った母の図」とタイトルを付けそうになりました。っていうか、タイトルを付けました(笑)。

 ま、焦らず、クマさんを信じて(?)今回は着いていこうと決意したatsuでした。

■R424→県道198→R311(熊野街道中辺路)→渡瀬温泉(昼食)
 県道198の長いトンネルは、暑い今日みたいな日は天国です♪涼しいし、直射日光は当たらないし♪普段はトンネルは嫌いなんですけどね。今日は、このトンネルがずっと続いてくれたら・・・と思うくらい、暑い日だったのです(泣)
 そして、先日世界遺産に指定された熊野古道を走ります。
 「ここを修行僧達が昔は歩いていたのか・・・」と思うと、ちょっと感動。(10秒くらい)
 お昼ご飯は渡瀬温泉横にある食堂にて。
 親子どんぶりを食べながら、唐辛子ダイエットとリンゴダイエットを伝授。暑い時は辛い物がGOOD&ヘルシーだーねー。

 ここのお風呂は以前入ったことがありますが、広くて、いろいろな温度があって、気持ちいいよー。







■R311→R168→(新宮市)R42→那智勝浦(宿
 途中の道の駅「熊野川」にて、ninaさんとピッポエレキバン?さんが、お帰りに(泣&寂)
ここまで一緒に来てくれてありがとう♪ 万歳三唱をもって、送り出す。万歳が思いっきり出来るって、気持ちいいことなんだ。
最近万歳した?

 さて、リーダークマさんのナイスリードにより(念願のATMもたどり着け)、宿を発見。

 那智勝浦駅から徒歩1分30秒という素晴らしい立地条件にありながら、なんと素泊まり2500円というとってもグッドな値段で提供。
 民宿♪な雰囲気です。
 中もなかなかえかったよ。民宿っぽくてさ。

 民宿に着く頃、BABさんは家に帰らねばならないらしく、再び万歳三唱で送り出す。そして入れ違いに「宴のみ参加」の、ふさん(初)が颯爽とバイクに乗って、ご登場。福山雅治かと思いました。

■宴 in 那智勝浦
あああ〜、今日はもうバイクに乗らなくて良いんだ!  ってことは、アルコールOK?OKよね?
勝浦のシーンとした町並みをあるき、郷土料理(魚介類)の味わえそうな感じの店を発見!値段はよくわからんが、宿代が安くすんだだけに、少々は良いんじゃないの〜?(にやり)
早速ビールで乾杯♪ うまい、旨すぎる! こんなに幸せで良いのかーーー?

まずは焼き物ですたい!
大アサリ、サザエ、なんとか貝。
atsuはまわりの皆さんに
「海の無い県なんだから、しっかり食べて♪」と心優しきお言葉を頂き、遠慮無く食べましたがな!おいピー。
ところで、おいらは、サザエの緑色のシッポが大好きなんだけど〜!
嫌いだというクマさんからそこの部分だけをGET!う、うめえええ。




 そしてお次は、勝浦名物のマグロ。
 今回はマグロのカブト煮を注文。
 シェフ自ら、めん玉が好きだという楽さんのために、サーブします。
 これも、うまか〜。コラーゲン配合〜。ピチピチ復活。

 そして、たわいもない会話が繰り広げられ、atsuは思った。
 つい最近まで知りもしなかった、この人達と出会えて、気兼ねなくアホに喋れる・・・・・・う〜ん、すべてはバイクのおかげだな〜。

 宴終了後は、今度は「ふ」さんのお見送り。恒例の万歳三唱にて!

■勝浦・・それは温泉・・風呂タイム
 ほどよく酔っぱらった我々は、近くの温泉(隣のホテルにある)へ足を運ぶ。また、長風呂をしてしまった。
 風呂上がりのAtsuのセクシーネグリジェ姿の後ろから・・押し殺したような笑い声。(byクマさん)
 ??何が一体おかしいの? どうやら、セクシーネグリジェなのに、首タオル、ウエストポーチ、トレッキングシューズの出で立ちが、「近所の風呂上がりのおばさん」風だったらしい。  受けを狙ってないのに、笑われると、いや〜ん、atsu、はずかすいいい〜(*^_^*)。もうう〜、見つめないでってばあああ〜。
 

■風呂上がり〜寝るまで
 コンビニにアルコール調達し、部屋で宴。一体いつ寝るの?とか誰も言い出さずに、夜は着々と更けて行く。
 霊感の強いクマさんが明るく語る心霊体験。
 そんな話に、柄に似合わず、真剣にびびっている楽さん。
 そんな話があったことさえ知らず、眠りこけるtaroさん。
 しょーもないCMにツッコミを入れたくなるatsu。
 思い出し笑いし始めると、一人で1分おきに笑い転げるマサちゃん。(思い出しわらい=Hなのよ♪)
 そんな、我々を暖かく見守る、大人な女性、ナーさん。


<二日目>

■那智の滝
 那智の滝、未経験者マサちゃんを引き連れて、那智の滝マイナスイオンツアーへ。
 はい、記念撮影♪
そして、何故か、こんな山奥に白く光る太陽が!?→→








「祝・世界遺産登録」スペシャル番組を作成するため、撮影体制に入っているNHK諸君。
19日に放送したらしいんだけど・・・見るの忘れてたわ(^^;)
 どなかた見ました?








■R42南下→古座川町(昼食)
 さて、今回の目的でもある、古座川のウナギを喰うぞおお企画。「おれ、知っている」という楽さんを先頭に、店を目指す。
 「うな丼6つ!」って注文したのに、3人前しかないだって? おいおい、困るんだよね〜、大将。はるばる来てるんだからさあ。
 仕方ないので、大人な人々は「天丼」に変更。atsuは・・・もちろん、大人なんだけど・・・「うな丼」を無言に意思表示。
  
 こんな感じなのよ。
 今まで食べたウナギと違い、結構あっさり、こんがりってな感じだったわ。
 ウナギにもいろいろあるんだなあー、と感心した。
 スーパーの総菜コーナーで売っている、皮が噛み切れないウナギはもう二度と要らないが、ウナギは基本的に大好きなんだな♪
 気分も、ウナギ昇りになるし、なんと言っても「夜の食材」。
 今晩、寝れるかな(*^_^*)・・・とわけの分からない心配をした私。
 それにビタミンAも豊富でしょ?鳥目気味のatsuには欠かせない食材なのよね。みなさん、以後、お知りおきを!



■R42→橋杭岩

ふふ・・。台風ツーリングのリベンジさ。



橋杭GALも発見。





さああ〜、とっとと次に行くよ〜。


■県道41→県道40(紀伊大島)
 atsuは初めて紀伊大島へ渡りました。なんと言っても楽しみの一つはループ構造になっているくしもと大橋を渡ること。
 そして、次の目的は、きんかんソフトクリームなのだ!!

 ソフトクリームをイメージすると、ちょっと違うんだな。シャーベットでもないし。
 でもねええ、美味しいのよ。是非食べてみて!ね!ここの先をずっと歩くと灯台もある。
 そして、トルコの軍艦がこの大島に座礁したことから「トルコ」と縁が深い土地らしいよ。
 そんな事も勉強したかったのだけど「トルコ記念館」の入館料500円と書いてあり、行く気が失せる。
こういうところはタダにしなきゃ、誰も入らないのではないでしょうか?タダにして、「ああ〜、大島とトルコってそういう関係なんだ〜」って心に刻んでもらった方が、どれだけ価値があるか。
お金で買えない物・・それはマスターカードで買おうよ。Pliceless!


 近くに、トルコ民芸品店もあり。











■潮岬(本州最南端!)
 最南端未体験のマサちゃんに、感動を味わってもらい、おおらかな女性になってもらうために、向かった。
 「ほら、あれが最南端だよ!」と教えた瞬間、atsuの心に・・・・「20代に負けてられないわ!」という女独特の醜い競争心が、30過ぎたてのatsuの胸の内をかすめた。 ダッシュ!!
 正直、30過ぎとは思えないくらい、身軽に走れた自分に驚きを隠せなかった。そして、20代マサちゃんより先に到達してしまった。普通は、ここで、大人らしく、わざと転けて受けを狙った上に、後輩に勝利を譲るのが美しき姿であったのだろう。フライングして、ゴメンね、マサ。
 でも、そのかわり、私は良いことを教えてあげた。「次に、彼と来た時は、こうやって、二人で走るのよ♪青春の1ページを飾るのよ」と。その瞬間、マサの目は潤み、希望に輝いた。がんばろうね〜(^^)/

 それにしても、最南端だけあって、めちゃくちゃ暑かったわ。
 恋人岬へ向かう途中、ナーさんが別ルートへ。旦那様と待ち合わせなんだって〜。いや〜ん!
 万歳で見送ります。

■R42西へ→恋人岬(すさみ町)
 正直・・・寝てた。真剣、やばかった。
さて、atsuも初体験となる恋人岬へ向かう。なぜ恋人岬なのだろう??

到着。
←うわ、なんて、色気の無い場所!!
誰が小便なんてするの、もう!ここで、卑猥な妄想がatsuの頭を駆けめぐったが、文章にするのをあえて辞退させて頂きます。







はい、見るべき場所はこちらです→→
波と波が合わさってるでしょ?この姿が、恋人や夫婦が出会う、っていう意味があって、恋人岬なんだって!右側からの波と、左側からの波がぶつかり合ってるでしょ?なかなか粋なネーミングをするものですね〜。



そして、触ると御利益があるという、卵?
あ、右側は、生卵ですね。優しく扱ってね。
撫で撫で♪









■R42→白浜町
 ここで、クマさんの友人だという、ダンディいなハーレー乗りのおじさま(初)と合流。そういえば名前を聞き損ねたな。
 初対面だというのに、全員にコーヒーを奢って下さる、陽気で素敵な方でした♪
 奇絶峡ラインを一緒に走ることになりました。

■R42→県道29(奇絶峡)
 さ、ここで、taroさんと楽さんは本領発揮! ブーーーーーんと、飛ばして見えなくなってしまいました〜。
 必死で追いつこうとしましたが、手強い!それに、昨日出発の時に部屋を散らかして来たことを思い出し、今は死ねない、事故れない・・・と思い直し、冷静になる。俺には嫁も、子もいないけどさ・・。
最終地点で、なんと、ナーさん&旦那さんと偶然の遭遇!ビックリ。
ここで、再び、送り出し、ハーレーおじさまともここでお別れ。

■R371(高野龍神スカイライン)
 さて、本日ラストのイベント、スカイライン走り。
 atsuはこの道、適度なカーブで景色もよく、好きです。とか言ってまだ2回目ですけど(汗)
 山越えだけあって、下界とは大違いの寒ーーーい空気。寒さむ。
 
護摩山スカイタワーの駐車場より。
寒いので下りましょう♪
日も暮れてきますよ〜。











■スカイライン終点→R371北上・南下(泣)→R480→R370北上→R24
 終点で、和歌山組の皆さんとお別れ。今度はatsuは見送られる側に。
楽しい二日間だっただけに、これからひとりぽっちで走るのか・・・・と思うと、ちょっと寂しかったねー。
寒いので上からカッパ着て出発。で、通ったことのないR371で奈良へ帰ることにした。
すると・・・・何?真っ暗・・・・細い〜・・・ワインディング??急な下り・・・・超怖い!!
私、結構小心者なの。霊の話なんて大して怖くないんだけど「ひとりぼっちの見知らぬ闇」が超怖いの!!!!助けてええええ。
きっと、もうすぐで橋本市だわ・・と信じつつひたすら下った。
すると、対向車が、すううっと、私の横へ止まる。「橋本のところで、通行止めになってるよ。Uターンして戻ってね」と教えてくれた。
その車が過ぎると、再び闇・・・。この急な下り坂でUターン?っていうかさあ・・・ガソリンやばくない?ここで泊まりたくないんよ(泣)
おそるおそる、バイクを取り回し、・・・ここで、転かしたら、誰も手伝ってくれない〜。怖い。なんとか必死で取り回し、バイクの方向転換完了。
坂道発進OK。 こうして、再び高野山へ登るatsuであった。(大泣)
「おい!入り口のところに”本日通行止め”って書いておかんかい!こら!」

今度は、一度通ったことのある、R370で走る。広い道だけど、相変わらず車は通らず、不安になりつつもR24へ入ることが出来た。

■詐欺セルフサービスガソリンスタンド。
 R24に出て最初のスタンドを発見。ほっ、ガス欠にならずに済んだ。
 セルフサービス・・・。タンクは空っぽだったので、1000円以上はかかるなーと思い、機械に2000円投入。給油。
 おい、おつりが出ない? ? その代わりカードが出てきた?
 「あのーー、おつりが欲しいんですけど」
おっさん「あのね、おつりはプリぺイドカードとし出て来るンよ。」
 「はあ、、このカードですか?他に使えるスタンドあるんですか?」
おっさん「いや、うちだけなんだよ。また来てよ」
って、おい!そんなしょっちゅう橋本なんて来ないって!
それにしても、もし、通りすがりの旅行者が、千円札無くって1万円札いれて給油したらどないするねんやろう・・・・と思った。詐欺、詐欺じゃああ!!!!!

■夕ご飯@オークワ橋本店











オークワで食材を買い求め、駐車場で怪しくディナー。
好物の餃子(30%off)と、サラダ(半額)とお約束のリンゴ。
なんか、めっちゃ疲れてさー、ここで、寝ようかと思ったくらいよ。

ここから家まで約1時間でしたが、急に肩がコリコリになってきました(泣)
家に到着は11:30。
風呂を沸かすのがめんどくさく、車に乗って大型銭湯へ。んで、贅沢に併設されてるマッサージを予約。帰ってからさっさと寝ました。3:00就寝。良いのよ、明日はお休みじゃない♪ 

■おわりに
 今回ご一緒して頂いた皆様、楽しいひとときをありがとう!思い出に焼き付きそうなくらい楽しかったですよ。皆さんのナイスキャラは愛すべきモノですね〜。では、また会う日まで♪(尾崎きよひこ)


ちなみにご一緒したメンバーもまた違った視点でレポートを書いております。
 
マサさんのレポート
 
楽さんのレポート

ツーリングレポートTOPへ  あっつGO!!TOPへ