サクレクールはパリ18区、モンマルトルの丘の上にある寺院の名前です。

僕がフランスでの6年に渡る修行の最後に選んだのが
ここモンマルトルの丘のふもとにある1つ星レストランでした。

サクレクール寺院は
「これから帰るべき日本について思いをはせた僕にとって思い出深い場所」です。

それから6年の月日が経ち、お店をオープンすることになりました。

その名は、「奥沢サクレクール」

シェフ 高三潴 修 (たかみずま おさむ) (写真右)

 ホテル日航福岡で調理の世界に。
1992年にパリの日航ホテル就業のため渡仏。
その後3つ星レストラン「マルクヴェラ」をはじめ、
パリの「ターブル ダンヴェール」
プロヴァンスの「ラ フニエール」など
フランス各地の星付きレストラン7ヶ所で修業を積み98年に帰国
帰国後は日比谷「プロムナード」銀座「カフェブルー」に勤務。
 その後、三國清三氏に師事し
横浜「コートダジュール」でシェフを務める。

 2005年「もう一人のでっかい男」と「奥沢サクレクール」を開店。

店長 徳永 武 (とくなが たけし) (写真左)

静岡県出身
 1993年にホテル専門学校卒業後、単身パリに渡り、
パリの日航ホテルで 「もう一人のでっかい男」と出会う。
 その後、ドイツ、フランスのホテルのレストランで、
ヘッドウェイターや副支配人を歴任し2002年帰国。
1番の思い出は、ジャック・シラク大統領を接客したこと。
 帰国後は都内のカフェやホテルで勤務。
2005年「もう一人のでっかい男」と「奥沢サクレクール」を開店。
 その3年後 東急大井町線緑ヶ丘駅前に姉妹店 「フーヴェール」を開店。

 2人は、パリで出会ったころに語り合っていた「いつかお店を」
という夢を実現し、現在にいたる。

1