羽林家 (中山家)

羽林家家系別分類表
中山
【なかやま】
本姓:藤原氏。華族類別録第六十類。
旧家
内々
一条家門流
藤原北家花山院流。権中納言藤原忠宗の三男(※公卿補任では二男となっているが、兄忠雅も二男と記載されているので三男とした。尊卑分脈も三男となっている。)忠親を祖とする。
雲上明覧大全文久元年版巻末によれば、伝奏職として、五山・金戒光明寺・智恩寺・霊源寺・ 丹波法常寺・西宮・尾張東照宮御宮並神官・武州忍東照宮御宮金剛寺・尾州若宮八幡社家・ 足羽社社家・石州真福寺・播州月照寺・象頭山金毘羅・方広寺・美濃南宮社司・下州大平山別当・ 武家伝奏・西八条大通寺・座摩社とある。

家紋

杜若。
家業 花。
江戸期石高 200石。明治2年9月26日(1869年10月30日)、忠能が永世禄千五百石を賜る (復古功臣賞典表)
明治期爵位 侯爵。明治17(1884)年7月7日忠能侯爵授爵〔現代華族譜要〕
菩提所 蘆山寺。
居所 石薬師通北側。

中山家系図

花山院家忠 ┳ 忠宗 ┳ 忠光
  ┃   ┣ 忠雅 〔⇒花山院鷹司五辻
  ┃   ┣ 忠親 ┳ 女子(順徳院女房)
  ┃   ┃   ┣ 女子(宜秋門院御匣)
  ┃   ┃   ┣ 兼宗 ┳ 忠定 ┳ 道平(侍従)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 基雅 ┳ 家親 ⇒            
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 経親(侍従)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 道紹(阿闍梨。遁世)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┗ 女子(庭田経資室)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 師親
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 良兼(延暦寺。法印)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┗ 宗覚(延暦寺。大僧都)
  ┃   ┃   ┃   ┣ 仲親
  ┃   ┃   ┃   ┗ 良豪 ┳ 良兼(延暦寺。法印)
  ┃   ┃   ┃   ┗ 宗覚(延暦寺。僧都)
  ┃   ┃   ┣ 忠季 ┳ 親平 ┳ 有親
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 性親
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┗ 明親
  ┃   ┃   ┃   ┗ 円兼(延暦寺)
  ┃   ┃   ┣ 兼季 ┳ 覚済(東寺。金剛王院。醍醐座主。
  ┃   ┃   ┃   ┃   東寺一長者。法務大僧正)
  ┃   ┃   ┃   ┣ 親豪
  ┃   ┃   ┃   ┣ 忠海(仁和寺。心蓮院。法印大僧都。
  ┃   ┃   ┃   ┃   ※仁和寺諸院家記作忠明男)
  ┃   ┃   ┃   ┣ 女子(藤原〔月輪〕基家室)
  ┃   ┃   ┃   ┗ 女子(女御代大納言局)
  ┃   ┃   ┣ 忠明 ━ 忠朝(侍従従五位下)
  ┃   ┃   ┣ 親覚(仁和寺。東寺二長者。円楽寺。号内大臣法印。法印。
  ┃   ┃   ┃   大僧都。保元元(1156)年生。
  ┃   ┃   ┃   建暦3年9月29日(ユリウス暦:1213年10月14日)入滅)
  ┃   ┃   ┣ 雅明(延暦寺。少僧都)
  ┃   ┃   ┣ 忠輔(散位従五位下)
  ┃   ┃   ┣ 覚敒(興福寺)
  ┃   ┃   ┣ 親慶(園城寺。大僧都鎌倉御堂別当)
  ┃   ┃   ┣ 覚紹(仁和寺。円楽寺。法印。少僧都)
  ┃   ┃   ┗ 女子(三条公房室。実親母)
  ┃   ┣ 覚成(仁和寺。法務大僧正。東寺一長者。号保寿院)
  ┃   ┣ 覚深(仁和寺。阿闍梨)
  ┃   ┗ 女子(藤原公行室)
  ┣ 忠能
  ┣ 忠兼
  ┣ 家光
  ┗ 尋覚
┳ 家宗(侍従)
  ┣ 定宗 ┳ 親雅 ┳ 満親 ┳ 女子(権大納言局)
  ┃   ┃   ┃   ┣ 定親 ┳ 親通 ┳ 宣親 ┳ 康親
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 重親(庭田重経嗣)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 深雅(家譜作源雅。
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   (醍醐寺報恩院。
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   母法印兼寿女。
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   大僧正。一長者)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 光尊(家譜作光深。
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   南都。修南院。
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   大僧正。母同。
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   広橋守光養子)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 女子(母同。典侍興子。
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   勧修寺尹豊卿妾。
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   *家譜によれば、
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   女子二人は、康親の次)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┗ 女子(母同。教行寺兼e律詩妻)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 女子下冷泉政為室。為孝母)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┗ 恵光(恵光山本隆寺開山)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 親輔(従五位下。系図纂要作満親男)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┗ 賢深(醍醐寺。大僧正)
  ┃   ┃   ┃   ┣ 有親(左少将従四位上。入道応永)
  ┃   ┃   ┃   ┣ 定我(花山院忠定養子。善門院僧都)
  ┃   ┃   ┃   ┣ 尊助(本名政助。権大僧正)
  ┃   ┃   ┃   ┣ 女子(政子。後花園院典侍。従五位上)
  ┃   ┃   ┃   ┣ 女子(条子。同典侍)
  ┃   ┃   ┃   ┗ 行融(※仁和寺諸院家記による。猶子。
  ┃   ┃   ┃       皆明寺。法印。「済法印舎兄。
  ┃   ┃   ┃       号大納言法印)
  ┃   ┃   ┗ 尊雅(延暦寺。定法院)
  ┃   ┗ 女子(宗子。典侍)
  ┗ 女子(崇光院御宇女房大納言典侍)
孝親 ┳ 熈長甘露寺伊長為子。*家譜作経頼次項)
  ┣ 親綱 ┳ 慶親 ┳ 元親 ┳ 英親 ┳ 親量(従五位下。早世七才)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 篤親 ┳ 男子(早世)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 兼親 ┳ 栄親
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 秀憲(母同。越前国
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   誠照寺相続。
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   法印。権大僧都)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 男子(母家女房。
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   正親町為実子)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┗ 女子(母同栄親)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 定綱(従五位下。早世)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 孝廉(従五位下。遁世)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 幸親庭田重条嗣。改重孝)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 尊誠(花山院定誠養子)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 女子(左少弁柳原資堯朝臣室)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┗ 女子
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 男子(早世)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 女子(早世)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 女子
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┗ 女子(早世)
  ┃   ┃   ┃   ┣ 女子
  ┃   ┃   ┃   ┗ 女子
  ┃   ┃   ┣ 寛済(醍醐寺。報恩院。大僧正)
  ┃   ┃   ┗ (家譜によれば、一本同腹兄弟14人云々)
  ┃   ┣ 為親〔中山冷泉
  ┃   ┣ 憲応(醍醐寺。報恩院。法眼。号成就院)
  ┃   ┣ 女子(後陽成院典侍親子。覚深親王・承快親王母。
  ┃   ┃   慶長13年2月11日(1608年3月27日)卒〔系図纂要・仁和寺御伝〕)
  ┃   ┣ 女子今出川季持室。宣季母)
  ┃   ┗ 女子
  ┣ 経頼大炊御門経名嗣)
  ┣ 源俊(菩提山。僧正)
  ┣ 禅海(仁和寺。真光院〔仁和寺諸院家記〕。石山座主。
  ┃   大僧正〔仁和寺諸院家記作権僧正〕。永禄10(1567)年生〔仁和寺諸院家記〕。
  ┃   慶長3年8月28日(1598年9月28日)入滅〔仁和寺諸院家記〕)
  ┣ 女子
  ┗ 女子
┳ 男子(母勧修寺高顕女)
  ┣ 愛親 ┳ 忠尹 ┳ 女子(母家女房。早世)
  ┃   ┃   ┣ 忠頼 ┳ 男子(母家女房。早世)
  ┃   ┃   ┃   ┣ 男子(母同忠能。早世)
  ┃   ┃   ┃   ┣ 女子(母同。早世)
  ┃   ┃   ┃   ┣ 忠徳(従五位下)
  ┃   ┃   ┃   ┣ 忠能 ┳ 忠愛(母園基茂養女〔実松浦清十二女〕愛子)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 男子(母同。早世)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 女子(母同。早世)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 女子(慶子。母同。明治天皇母。
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   天保8年11月28日(1837年12月25日)生
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   〔皇親系附録。「明治天皇御降誕と大阪」作
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   天保6年11月28日(1836年1月16日)〕。
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   (従)一位局〔明治天皇御降誕と大阪〕。
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   安栄〔明治天皇御降誕と大阪〕。
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   皇親系附録によれば、
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   任典侍。今上天皇即位叙
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   従五位上進従二位。
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   中山家譜によれば、
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   従二位、宮人元典侍。
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   系図綜覧詰所系図によれば、権典侍。
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   「明治天皇御降誕と大阪」によれば、
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   安政6年7月辞典侍、称新宰相、
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   慶応3年3月叙従五位上、
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   慶応4年8月叙従三位、称三位局、
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   任大典侍、
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   明治3年9月叙従二位、
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   明治22年3月叙正二位、
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   明治33年1月叙従一位、
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   明治40年10月5日逝去〔明治天皇御降誕と大阪〕)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 公董(正親町実徳嗣)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 女子(母同。早世)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 女子(母家女房。早世)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 男子(母同忠愛。早世)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 男子(実清水谷公正末子。東大寺龍松院)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 男子(東大寺正観院)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 男子(母家女房。興福寺惣珠院)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 忠光 ━ 女子(仲子。嵯峨公勝妻。
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   慶応元年閏5月11日(1865年7月3日)生)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 男子(母家女房。早世)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 女子(母同忠愛。早世)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 女子(栄子。母家女房。庭田重胤養女)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 女子(康子。本多正憲夫人)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 勝任(板倉勝殷養子)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 女子(兎美子。実正親町公董長女。
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   正親町実正夫人。*華族家系大成)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┗ 定平(野宮定功為子。*系図纂要による)
  ┃   ┃   ┃   ┣ 女子(能子。勘解由小路光宙夫人)
  ┃   ┃   ┃   ┣ 基万(園基茂嗣)
  ┃   ┃   ┃   ┗ 男子(母同。早世。系図纂要によれば、忠能の下に
  ┃   ┃   ┃   能成(従五位下返上位記)という子があるので、
  ┃   ┃   ┃   或いは、同一人物か?)
  ┃   ┃   ┣ 女子(母同忠頼。早世)
  ┃   ┃   ┣ 女子(母家女房。早世)
  ┃   ┃   ┣ 女子(母同忠頼。早世)
  ┃   ┃   ┣ 女子(母家女房。早世)
  ┃   ┃   ┣ 女子(尹子。大炊御門経久室。経尚母)
  ┃   ┃   ┣ 女子(母家女房。早世)
  ┃   ┃   ┣ 男子(母家女房。早世)
  ┃   ┃   ┣ 男子(母同忠頼。園為実子)
  ┃   ┃   ┣ 女子(母同。早世)
  ┃   ┃   ┣ 女子(母家女房。早世)
  ┃   ┃   ┗ 女子(母同。早世)
  ┃   ┣ 韶有(母同。英彦山座主孝宥養子)
  ┃   ┣ 男子(母同。早世)
  ┃   ┣ 女子(母同。早世)
  ┃   ┣ 女子(母同。早世)
  ┃   ┣ 男子(母同。早世)
  ┃   ┣ 女子(母家女房。真宗東坊室)
  ┃   ┣ 寛尹(母同忠尹。従五位下。後出家、日巌院権僧正法印)
  ┃   ┣ 女子(母家女房。道明寺三之室号大和尚春寿)
  ┃   ┣ 男子(母同忠尹。河鰭為実子)
  ┃   ┣ 女子(母家女房。今城定成室。定章母)
  ┃   ┣ 女子(母同忠尹。早世)
  ┃   ┣ 女子(砥予子。母家女房。藤波寛忠室。光忠母)
  ┃   ┣ 女子(母同。早世)
  ┃   ┣ 女子(母同。早世)
  ┃   ┣ 男子(母同。早世)
  ┃   ┣ 女子(母同。早世)
  ┃   ┣ 女子(母同。早世)
  ┃   ┣ 男子(母同。早世)
  ┃   ┣ 女子(母同。野宮定静室。定祥母)
  ┃   ┣ 女子(母同。仁孝天皇典侍従三位績子。元名愛子。
  ┃   ┃   明治8(1875)年2月12日薨)
  ┃   ┣ 重基(母同。庭田重能嗣)
  ┃   ┗ 女子(母同。道明寺一之室照範)
  ┣ 秀実(母勧修寺高顕女。越前国誠照寺相続)
  ┣ 女子(母同)
  ┣ 女子(理子。母家女房。光格天皇典侍)
  ┣ 男子(母同。早世)
  ┣ 女子(母同)
  ┣ 男子(母同。早世)
  ┣ 愛徳(母同。花山院長熈嗣)
  ┣ 隆師(母同。四条隆叙嗣)
  ┣ 男子(母同。早世)
  ┣ 女子(母同。夭折)
  ┗ 女子(母同。早世)

中山家公卿一覧

藤原 忠親
[ 天承元(1131)年 〜 建久6年3月12日(ユリウス暦:1195年4月23日) ]
花山院忠宗三男。母藤原家保女。号中山内大臣、或堀川、或三条。法名・静和。
長寛2年正月21日(ユリウス暦:1164年2月15日)任参議。
建久5年12月15日(ユリウス暦:1195年1月27日)出家。
正二位・内大臣。
※法名は、諸家知譜拙記による。系図纂要によれば、静如。
中山 兼宗
[ 長寛元(1163)年 〜 仁治3年9月3日(ユリウス暦:1242年9月28日) ]
忠親一男。母右中弁藤原光房女。
建久6年7月16日(ユリウス暦:1195年8月22日)任参議。
正二位・大納言。
中山 兼季
[ 治承3(1179)年 〜 ? ]
忠親三男。母平時忠女。
建保6年正月5日(ユリウス暦:1218年2月1日)叙従三位。
寛元元(1243)年5月出家。
従三位・非参議。
中山 忠定(本名忠房)
[ 文治4(1188)年 〜 康元元年10月18日(ユリウス暦:1256年11月6日) ]
兼宗一男。母藤原重家女。
建保6年正月5日(ユリウス暦:1218年2月1日)叙従三位。
康元元(1256)年10月出家。
正二位・参議。
※没日は10月25日とも、11月日とも。
中山 忠明
[ 寿永2(1183)年 〜 ? ]
忠親男。母平時忠女。
仁治2年正月5日(ユリウス暦:1241年2月17日)叙従三位。
建長3(1251)年出家。
従三位・非参議。
※出家日は建長5年とも。
中山 基雅
[ 生没年不明 ]
忠定男。母家女房。
建長7年12月13日(ユリウス暦:1256年1月12日)叙従三位。
正嘉2年11月8日(ユリウス暦:1258年12月4日)出家。
正三位・非参議。
藤原 家親
[ 生没年不明 ]
基雅男。母姉小路実世女。法名・覚如、或いは証信。
延慶2年3月23日(ユリウス暦:1309年5月3日)任参議。
文保元年5月4日(ユリウス暦:1317年6月13日)出家。
従二位・参議。
※出家日は、諸家知譜拙記によれば、9月。
中山 定宗
[ 文保元(1317)年 〜 応安4/建徳2年3月15日(ユリウス暦:1371年4月1日) ]
家親男。
貞和5/正平4年9月13日(ユリウス暦:1349年10月25日)任参議。
従二位・権中納言。
中山 親雅
[ 文和2/正平8(1353)年 〜 応永9年5月27日(ユリウス暦:1402年6月27日) ]
定宗男。法名・宗雅、祐元、祐雅。
康暦2/天授6年12月14日(ユリウス暦:1381年1月10日)任参議。
応永2年6月20日(ユリウス暦:1395年7月7日)出家。
正二位・権大納言。
中山 満親(本名親兼)
[ 応安4/建徳2(1371)年 〜 応永28年4月26日(ユリウス暦:1421年5月27日) ]
親雅一男。法名・祐親。
応永9年8月22日(ユリウス暦:1402年9月19日)任参議。
応永28年4月16日(ユリウス暦:1421年5月17日)出家。
正二位・権大納言。
中山 定親
[ 応永8(1401)年 〜 長禄3年9月17日(ユリウス暦:1459年10月13日) ]
満親男。法名・祐繁。
応永28年12月21日(ユリウス暦:1422年1月14日)任参議。
文安5年6月23日(ユリウス暦:1448年7月23日)出家。
正二位・権大納言。
中山 親通(本名教親)
[ 応永33(1426)年 〜 寛正3年5月25日(ユリウス暦:1462年6月22日) ]
定親男。
文安4年3月17日(ユリウス暦:1447年5月1日)任参議。
正二位・権大納言。
中山 宣親
[ 長禄2(1458)年 〜 永正14年10月4日(ユリウス暦:1517年10月18日) ]
親通男。法名・祐什。
文明13年8月29日(ユリウス暦:1481年9月22日)任参議。
永正3(1506)年9月出家。
正二位・権中納言。
中山 康親
[ 文明17(1485)年 〜 天文7年8月14日(ユリウス暦:1538年9月7日) ]
宣親男。母法印兼寿女。法名・祐清。
永正8年10月11日(ユリウス暦:1511年11月1日)任参議。
天文2年11月25日(ユリウス暦:1533年12月10日)出家。
正二位・権大納言。
中山 孝親
[ 永正9年12月18日(ユリウス暦:1513年1月24日) 〜 天正6年正月16日(ユリウス暦:1578年2月22日) ]
康親男。母正親町公兼女。号・光恩院。
法名・臨空〔系図纂要作光恩院月窓臨空〕。
天文7年4月28日(ユリウス暦:1538年5月26日)任参議。
従一位・准大臣。
「孝親公記」
中山 親綱
[ 天文13年11月23日(ユリウス暦:1544年12月7日) 〜 慶長3年11月28日(1598年12月26日) ]
孝親男。母五辻諸仲女。法名・相空〔系図纂要作常照院真月想空〕。
天正4年正月11日(ユリウス暦:1576年2月10日)任参議。
正二位・権大納言。
「親綱卿記」
中山 慶親
[ 永禄9年11月29日(ユリウス暦:1567年1月9日) 〜 元和4年4月10日(1618年6月2日) ]
親綱男。母白川雅業王女。法名・向空 〔系図纂要作西照院凉月向空〕。
天正17年正月6日(1589年2月20日)任参議。
従二位・権大納言。
中山 元親
[ 文禄2年12月12日(1594年2月2日) 〜 寛永16年8月26日(1639年9月23日) ]
慶親男。光林院観月梵空〔系図纂要〕
寛永4年正月29日(1627年3月16日)任参議。
正三位・権大納言。
中山 英親
[ 寛永4年4月15日(1627年5月29日) 〜 延宝2年2月18日(1674年3月25日) ]
元親男。 光浄院円屋宗空〔系図纂要〕
明暦元年5月22日(1655年6月26日)任参議。
正二位・権大納言。
中山 篤親(本名熈季)
[ 明暦2年11月25日(1657年1月9日) 〜 享保元年9月6日(1716年10月20日) ]
英親男(実正親町実豊末子)。母家女房。
敬徳院真空〔系図纂要〕
貞享元年10月23日(1684年11月29日)任参議。
従一位・権大納言。
中山 兼親
[ 貞享元年12月9日(1685年1月13日) 〜 享保19年10月25日(1734年11月20日) ]
篤親男。母家女房。号・後光恩院。
後光恩院明空〔系図纂要〕
宝永3年2月11日(1706年3月25日)任参議。
従一位・准大臣。
中山 栄親
[ 宝永6年11月9日(1709年12月9日) 〜 明和8年5月22日(1771年7月4日) ]
兼親男。母庭田重条女。松巖静空〔系図纂要〕
享保17年4月20日(1732年5月14日)任参議。
正二位・権大納言。
中山 愛親
[ 寛保元年5月25日(1741年7月7日) 〜 文化11年8月18日(1814年10月1日) ]
栄親男。母勧修寺高顕女。神巖濶空〔系図纂要〕
宝暦11年2月18日(1761年3月24日)任参議。
正二位・権大納言・本座宣下〔明治17(1884)年贈従一位〕。
※華族類別譜によれば、実は、正親町実連男。
中山 忠尹
[ 宝暦6年9月15日(1756年10月8日) 〜 文化6年12月20日(1810年1月25日) ]
愛親男。母今城定種女。俊巖照空〔系図纂要〕
天明元年12月14日(1782年1月27日)任参議(右中将如旧)。同月25日拝賀着陣。同月26日聴直衣。
天明2年2月7日(1782年3月20日)叙従三位。
天明4年正月15日(1784年2月5日)叙正三位。
天明5年正月13日(1785年2月21日)任権中納言。同月28日拝賀。2月1日着陣。同日聴直衣。 同月26日直衣始。
天明6年2月3日(1786年3月2日)叙従二位。同月13日着陣。
寛政元年5月22日(1789年6月15日)兼左衛門督。補検非違使別当。。同月27日拝賀着陣。 同月28日直衣始。
寛政2年正月5日(1790年2月18日)叙正二位。正月15日為賀茂下上社伝奏。同19日着陣。
寛政3年11月28日(1791年12月23日)任権大納言。12月3日聴帯剣。同月4日拝賀着陣。 同月4日直衣始。
寛政6年9月6日(1794年9月29日)辞賀茂下上社伝奏(昨日分)。同10日為同社伝奏。
寛政8年7月3日(1796年8月5日)辞賀茂伝奏。
寛政10年4月28日(1798年6月12日)辞権大納言。
正二位・権大納言。
中山 忠頼
[ 安永7年後7月22日(1778年9月12日) 〜 文政8年5月21日(1825年7月6日) ]
忠尹男。母三条実顕女。円巖凉空〔系図纂要〕
寛政10年5月7日(1798年6月20日)任参議。
正二位・権大納言。
中山 忠能
[ 文化6年11月11日(1809年12月17日) 〜 明治21(1888)年6月12日 ]
忠頼次男。母正親町三条実同女〔「明治天皇御降誕と大阪」によれば、名前は綱子〕
天保11年3月27日(1840年4月29日)任参議。
明治元年時、従一位・准大臣(60才)。

摂家近衛家庶流中山

国史大系公卿補任の校訂によれば、摂家近衛家庶流の粟田口教経の孫忠定が中山を家名としている。

※系図は、 粟田口家系図 を参照。
中山 忠定
[ 正安2(1300)年 〜 康永3/興国5(1344)年11月 ]
左少将正四位下内基朝臣男。粟田口教経孫。
〔※公卿補任に父名不記載。尊卑分脈による〕
嘉暦3年5月8日(ユリウス暦:1328年6月16日)叙従三位。
従三位・非参議。
※生年は公卿補任の初見の年齢29歳から逆算したもの。系図纂要の没年齢44歳から計算すると正安3(1301)年生。
※没日は、系図纂要によると6日。
このページの先頭へ戻る

※最終更新日 2016.11.12

羽林家家系別分類表


南家高倉(藪)流
3家
※南家高倉流は、閑院家に従属。
中御門家
9家
花山院家
5家
四条家
7家
(園池⇒櫛笥庶流だが公屋が正親町三条実昭の猶子となった為、以降、閑院家となる。)
 四条家庶流大綱略系図
御子左家
4家
水無瀬家
5家
高倉家
2家

村上源氏
8家
宇多源氏
3家