藤原氏北家  頼宗孫〔中御門・持明院・園・坊門・白河・高倉〕

一つ上の階層に戻る
〓藤原北家系図W〓
道長 ┳ 頼通 ┳ 師実 ┳ 師通 ┳ 忠実 ┳ 忠通AT-@-a
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┗ 頼長 ┳ 兼長
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 師長
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┗ 隆長
  ┃   ┃   ┃   ┣ 家政〔室町・法性寺(AT-@-b)〕
  ┃   ┃   ┃   ┗ 家隆
  ┃   ┃   ┣ 家忠花山院
  ┃   ┃   ┣ 経実大炊御門
  ┃   ┃   ┣ 能実
  ┃   ┃   ┗ 忠教難波・飛鳥井〕
  ┃   ┗ 通房
  ┣ 頼宗中御門・持明院・園・坊門・白河・高倉
  ┣ 能信 ━ 能長 ━ 基長
  ┣ 顕信
  ┣ 教通 ┳ 通基
  ┃   ┣ 信長
  ┃   ┗ 信家
  ┣ 長家 〔御子左・京極・冷泉・五条(長家孫)〕
  ┗ 長信
頼宗孫〔中御門・持明院・園・坊門・白河・高倉〕
頼宗 ┳ 兼頼 ━ 宗実 ┳ 宗兼 ┳ 資兼(散位。従五位下。母大和守橘成経女)
  ┃   ┃   ┗ 弁暁(東寺。法印)
  ┃   ┣ 基隆 ┳ 忠頼
  ┃   ┃   ┗ 実澄
  ┃   ┣ 宗明 ━ 兼海(醍醐寺。阿闍梨)
  ┃   ┗ 女子(藤原長忠室。能忠顕能母)
  ┣ 俊家 ┳ 宗俊 ⇒〔中御門 AT-@-f-2
  ┃   ┣ 師兼 ┳ 家輔(正五位下。右少将。母宮内卿藤原憲輔女)
  ┃   ┃   ┗ 俊保
  ┃   ┣ 基俊 ┳ 基明(散位。従五位下。母肥前守藤原定成女)
  ┃   ┃   ┣ 能仲 ┳ 孝能 ━ 良弘
  ┃   ┃   ┃   ┣ 賢仲(延暦寺。法橋)
  ┃   ┃   ┃   ┗ 聖尊(園城寺。阿闍梨)
  ┃   ┃   ┣ 皇覚(延暦寺。号椙生)
  ┃   ┃   ┣ 猷算(園城寺。阿闍梨)
  ┃   ┃   ┣ 光覚 ━ 覚遍(興福寺)
  ┃   ┃   ┗ 実顕(本名覚敏。東大寺。興福寺。散位従五位下。阿波権守)
  ┃   ┣ 基頼 ┳ 俊保 ━ 覚証(延暦寺)
  ┃   ┃   ┣ 通基 ┳ 通親(従五位下。筑前守。早世。母同通重)
  ┃   ┃   ┃   ┣ 通重 ⇒〔一条 AT-@-f-3
  ┃   ┃   ┃   ┣ 基家 ⇒〔持明院 AT-@-f-4
  ┃   ┃   ┃   ┣ 良基(延暦寺。阿闍梨)
  ┃   ┃   ┃   ┣ 長基(延暦寺。法眼)
  ┃   ┃   ┃   ┣ 女子(藤原公通室。実宗母)
  ┃   ┃   ┃   ┗ 女子(或藤原実綱室)
  ┃   ┃   ┣ 覚基
  ┃   ┃   ┗ 女子
  ┃   ┣ 宗通 ┳ 信通 ┳ 行通 ┳ 信宗 ┳ 信全
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┗ 円智(園城寺。阿闍梨)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 信覚
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 通時
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 行信
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 清通
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 伊信
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┗ 真仙(仁和寺)
  ┃   ┃   ┃   ┣ 信経 ┳ 経重(実従四位下藤原宗保男。従五位下)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 頼経(得業。長谷寺別当)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┗ 尊信(延暦寺)
  ┃   ┃   ┃   ┗ 女子(藤原公隆室)
  ┃   ┃   ┣ 伊通 ┳ 為通 ┳ 伊忠(散位。従五位上。母源師頼女)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 泰通 ⇒A
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 性禅(仁和寺。阿闍梨)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 猷玄 ━ 栄全 ━ 栄賀
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 女子(民部卿室通成母)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┗ 智秀(季通為子)
  ┃   ┃   ┃   ┣ 伊実 ⇒〔白河 AT-@-f-5
  ┃   ┃   ┃   ┗ 女子(呈子。九条院。母藤原顕隆女。
  ┃   ┃   ┃       藤原忠通為子。保安2年12月22日(ユリウス暦:1122年1月31日)生
  ┃   ┃   ┃       〔女院記・皇親系。尊卑分脈の出家年齢から
  ┃   ┃   ┃       計算すると天承元(1131)年生〕。
  ┃   ┃   ┃       久安6年2月16日(ユリウス暦:1150年3月16日)叙従三位。
  ┃   ┃   ┃       同年4月28日為女御。6月22日為中宮。
  ┃   ┃   ┃       久寿2年8月15日(ユリウス暦:1155年9月13日)為尼清浄観。
  ┃   ┃   ┃       保元元年10月27日(ユリウス暦:1156年12月11日)皇后宮。
  ┃   ┃   ┃       保元3年2月3日(ユリウス暦:1158年3月5日)皇太后。
  ┃   ┃   ┃       仁安3年3月14日(ユリウス暦:1168年4月23日)院号。
  ┃   ┃   ┃       安元2年7月8日(ユリウス暦:1176年8月14日)崩
  ┃   ┃   ┃       〔皇親系9月19日〕)
  ┃   ┃   ┣ 季通 ┳ 伊長 ┳ 慶宗 ━ 定快
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┗ 房能(延暦寺。阿闍梨)
  ┃   ┃   ┃   ┣ 任慶(仁和寺。権少僧都。※仁和寺諸院家記
  ┃   ┃   ┃   ┃   静定院にある季通男の仁経僧都
  ┃   ┃   ┃   ┃   と同人か?号大夫僧都。
  ┃   ┃   ┃   ┃   寛有阿闍梨付法。天治元(1124)年生。
  ┃   ┃   ┃   ┃   元久2年10月15日(ユリウス暦:1205年11月27日)入滅)
  ┃   ┃   ┃   ┣ 行忠(園城寺。阿闍梨)
  ┃   ┃   ┃   ┣ 範源 ┳ 俊範 ━ 静明 ┳ 明超
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┗ 良範(延暦寺) ┗ 仁承
  ┃   ┃   ┃   ┗ 智秀
  ┃   ┃   ┣ 成通 ┳ 泰通〔実為通男〕
  ┃   ┃   ┃   ┗ 有通
  ┃   ┃   ┣ 重通 ⇒〔高倉 AT-@-f-6
  ┃   ┃   ┣ 定通(左少弁)
  ┃   ┃   ┣ 良延(延暦寺。法橋)
  ┃   ┃   ┣ 宗海(醍醐寺。民部卿阿闍梨〔三宝院伝法血脈〕。定海弟子)
  ┃   ┃   ┣ 伊覚(東大寺。阿闍梨)
  ┃   ┃   ┗ 女子(宗子。藤原忠通室。皇嘉門院母)
  ┃   ┣ 寛慶(天台座主。大乗房。 母藤原季範女。無動寺検校。
  ┃   ┃   寛徳元(1044)年生〔天台座主記〕。
  ┃   ┃   保安4年11月3日(ユリウス暦:1123年11月22日)入滅〔天台座主記・僧官補任〕)
  ┃   ┣ 俊範(園城寺。権律師)
  ┃   ┣ 寛澄(延暦寺。権律師)
  ┃   ┣ 済観(園城寺。内供奉)
  ┃   ┗ 女子(全子。従一位。藤原師通室。忠実母)
  ┣ 能長 ┳ 基長 ┳ 実兼(散位従五位下。母美濃守藤原基貞女。或藤原信家為子)
  ┃   ┃   ┣ 禅任(興福寺。三会已講)
  ┃   ┃   ┣ 覚顕(園城寺)
  ┃   ┃   ┗ 道覚(園城寺。少僧都)
  ┃   ┣ 長明 ┳ 定範(延暦寺。阿闍梨)
  ┃   ┃   ┣ 長憲(興福寺。得業)
  ┃   ┃   ┗ 信賢(延暦寺。無職。号腰禅師)
  ┃   ┣ 長忠 ┳ 能忠 ━ 延杲
  ┃   ┃   ┣ 顕能 ━ 延果(或能忠子同人)
  ┃   ┃   ┣ 円忠(園城寺。阿闍梨)
  ┃   ┃   ┗ 女子(藤原忠能室。長成母)
  ┃   ┣ 宗信 ┳ 能定 ┳ 惟忠 ┳ 基信(承明門院非蔵人)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┗ 惟兼 ━ 惟綱(安嘉門院蔵人)
  ┃   ┃   ┃   ┣ 定延(園城寺。阿闍梨)
  ┃   ┃   ┃   ┣ 定兼(仁和寺)
  ┃   ┃   ┃   ┗ 定真(仁和寺。権律師)
  ┃   ┃   ┣ 禎喜(仁和寺。円城寺〔仁和寺諸院家記〕。法務大僧正。
  ┃   ┃   ┃   東大寺別当。東寺一長者。世豪法印資。
  ┃   ┃   ┃   円教寺別当・六勝寺別当〔仁和寺諸院家記〕。
  ┃   ┃   ┃   牛車宣旨〔仁和寺諸院家記〕。
  ┃   ┃   ┃   康和元(1099)年生〔仁和寺諸院家記〕。
  ┃   ┃   ┃   寿永2年10月1日(ユリウス暦:1183年10月18日)入滅
  ┃   ┃   ┃   〔仁和寺諸院家記〕)
  ┃   ┃   ┣ 長幸(仁和寺。権大僧都)
  ┃   ┃   ┣ 良智
  ┃   ┃   ┗ 宗祐 ━ 忠成 ┳ 惟忠 ┳ 尊玄
  ┃   ┃   ┃   ┗ 覚悟
  ┃   ┃   ┗ 実忠(勾当)
  ┃   ┣ 長覚(園城寺。権大僧都。母但馬守橘則隆女)
  ┃   ┣ 仁豪(僧正。天台座主。南勝院。梶井。母下野守兼資女、或母憲方女。
  ┃   ┃   天台座主記によれば、永承6(1051)年生。
  ┃   ┃   保安2年10月4日(ユリウス暦:1121年11月15日)入滅)
  ┃   ┣ 覚仁(或覚仙。仁和寺。権律師。石山座主)
  ┃   ┣ 長寛(仁和寺。阿闍梨)
  ┃   ┗ 女子(道子。白河院女御。母源済政女)
  ┣ 基貞 ┳ 敦基 ┳ 敦雅 ━ 時基 ┳ 永澄 ┳ 澄尊
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┗ 覚昭
  ┃   ┃   ┃   ┗ 千永 ━ 千昌(延暦寺)
  ┃   ┃   ┣ 宗隆 ┳ 隆教 ━ 隆康
  ┃   ┃   ┃   ┣ 静尊(延暦寺。号七重禅師)
  ┃   ┃   ┃   ┣ 隆増 ┳ 宗清
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┗ 有綱
  ┃   ┃   ┃   ┗ 実晴(延暦寺。阿闍梨)
  ┃   ┃   ┣ 宗兼(造酒正。出羽守。正五位下)
  ┃   ┃   ┣ 相源(園城寺。阿闍梨)
  ┃   ┃   ┗ 観恵(尊卑分脈作寛恵。仁和寺。円楽寺。号周防法印。法印。
  ┃   ┃       康平7(1064)年生。
  ┃   ┃       永治元年12月13日(ユリウス暦:1142年1月11日)入滅)
  ┃   ┣ 基仲 ━ 知仲 ┳ 経仲(本名仲盛。従五位下。越後権守。為藤原盛経子)
  ┃   ┃   ┗ 頼延(延暦寺。法眼。北野別当)
  ┃   ┣ 兼実 ┳ 忠仲 ━ 公智(阿闍梨)
  ┃   ┃   ┗ 知仲(或仲知。散位従五位下)
  ┃   ┣ 家俊 ━ 宗隆
  ┃   ┣ 時実 ━ 良信(阿闍梨)
  ┃   ┣ 貞禅(或兼実男。興福寺。権少僧都。母同時実)
  ┃   ┣ 永基(或兼実男。園城寺。験者)
  ┃   ┣ 女子(藤原公実室)
  ┃   ┗ 女子(藤原師実室)
  ┣ 能季 ┳ 有家 ━ 能忠 ┳ 保綱(爵。従五位下。木工権頭。民部丞)
  ┃   ┃   ┣ 保忠 ━ 能盛 ━ 有能 ━ 有国 ⇒B
  ┃   ┃   ┗ 女子(平信範室)
  ┃   ┣ 実覚(園城寺。阿闍梨)
  ┃   ┣ 季覚(延暦寺。阿闍梨)
  ┃   ┣ 宗覚(興福寺。少僧都)
  ┃   ┗ 陽伊 ━ 伊玄
  ┣ 頼観(仁和寺。徳大寺。円融寺別当。東寺一長者。権大僧都。
  ┃   治安3(1023)年生。康和4年4月6日(ユリウス暦:1102年4月24日)入滅)
  ┣ 女子(延子。後朱雀院麗景殿女御。母藤原伊周女)
  ┣ 女子(小一条院女御。源基平等母)
  ┣ 女子(昭子。或説藤原能信女。後三条院女御。母藤原伊周女。従三位〔皇親系〕)
  ┗ 女子源師房室。師忠母)
A⇒ ┳ 経通 ┳ 氏通(実中将正四位下藤原敦通朝臣男)
  ┃   ┣ 成恵(延暦寺。権律師)
  ┃   ┗ 女子(藤原高実室。忠基母)
  ┣ 国通
  ┣ 朝通(少将。近江守。母同経通)
  ┣ 広通 ┳ 俊氏
  ┃   ┣ 快恵(延暦寺。法印権大僧都。為国通卿子。号有栖川)
  ┃   ┣ 豪継(延暦寺。法印大僧都)
  ┃   ┗ 俊乗 ━ 俊誉 ━ 実鑑(延暦寺)
  ┣ 覚愉(延暦寺。遁世)
  ┣ 寛俊(仁和寺。慈尊院。号大納言法印〔仁和寺諸院家記〕。権少僧都)
  ┣ 道寛(仁和寺。法印権大僧都)
  ┣ 信宗 ━ 信全(園城寺。権大僧都)
  ┗ 女子
B⇒ 盛国 (加賀守。左衛門尉) ━ 景俊 (従五位上。若狭守。左衛門尉)
┳ 景継(加賀守。 ┳ 景清(左衛門尉) ━ 景康(左衛門尉)
  ┃ 左衛門尉) ┗ 女子(讃岐局)
  ┣ 盛継(左衛門尉) ━ 盛氏(左衛門尉) ━ 盛康(左衛門尉)
  ┣ 女子(遊義門院美濃。大炊御門冬氏室。氏忠母)
  ┗ 女子(藤原光久室)
藤原 頼宗
[ 正暦4(993)年 〜 康平8年2月3日(ユリウス暦:1065年3月12日) ]
道長二男。母四品盛明親王女(従三位明子女王)。
号堀河右大臣。
寛弘8年8月11日(ユリウス暦:1011年9月11日)叙従三位。
康平8年正月5日(ユリウス暦:1065年2月12日)出家。
従一位・右大臣。
※松木家譜等によれば、母明子女王は実源高明女。
公卿補任尻付
寛弘元年12月26日(ユリウス暦:1005年2月7日)叙従五位上(元服日)。
寛弘2年正月日任侍従。
6月日任右兵衛権佐(年13)。
寛弘3年3月4日(ユリウス暦:1006年4月4日)叙正五位下(自東三条第還御一条院賞)。
寛弘4年4月日任右近衛少将。
5月7日(ユリウス暦:1007年5月25日)叙従四位下。
同月遷任右〔左ヵ〕近衛少将。
同日兼美作権介。
寛弘6年3月日任右近衛権中将。
12月26日(ユリウス暦:1010年1月13日)叙従四位上(東宮年来御枇杷第。今日移御他所次賞)。
寛弘7年11月28日(ユリウス暦:1011年1月5日)叙正四位下(自東三条第還御一条院次賞)。
藤原 兼頼
[ 長和3(1014)年 〜 康平6年正月11日(ユリウス暦:1063年2月11日) ]
頼宗一男。母藤原伊周女。号・小野宮中納言。
長元3年3月8日(ユリウス暦:1030年4月13日)叙従三位。
正二位・権中納言。
藤原 俊家
[ 寛仁3(1019)年 〜 永保2年12月2日(ユリウス暦:1082年12月23日) ]
頼宗二男。母藤原伊周女。号・大宮右府、壬生。
長暦2年6月27日(ユリウス暦:1038年7月31日)任参議。
永保2年12月2日(ユリウス暦:1082年12月23日)出家。
正二位・右大臣。
藤原 能長
[ 治安2(1022)年 〜 永保2年11月14日(ユリウス暦:1082年12月6日) ]
能信四男(実藤原頼宗三男)。実母藤原伊周女。号・三条内大臣。
長久4年9月19日(ユリウス暦:1043年10月24日)任参議。
正二位・内大臣〔贈太政大臣正一位〕。
藤原 能季
[ 長暦3(1039)年 〜 承保4年8月1日(ユリウス暦:1077年8月21日) ]
頼宗五男。母相模守従五位下藤原親時女。号・伊勢中納言。
康平7年12月26日(ユリウス暦:1065年2月4日)任参議。
正二位・権中納言。
藤原 基長
[ 長久4(1043)年 〜 嘉保2年11月21日(ユリウス暦:1095年12月20日) ]
能長一男。母源済政女。
延久4年12月2日(ユリウス暦:1073年1月12日)任参議。
承徳2年12月26日(ユリウス暦:1099年1月20日)出家。
正三位・権中納言。
※没年は、尊卑分脈等による。
藤原 師兼
[ 永承3(1048)年 〜 承保3年3月2日(ユリウス暦:1076年4月7日) ]
俊家二男。母源隆国女。
承保元年12月26日(ユリウス暦:1075年1月15日)任参議。
正四位下・参議。
藤原 宗通
[ 延久3(1071)年 〜 保安元年7月22日(ユリウス暦:1120年8月17日) ]
俊家男。母備前守源兼長女。号・坊門。
寛治8年6月12日(ユリウス暦:1094年7月26日)任参議。
正二位・権大納言。
藤原 長忠
[ 康平元(1058)年 〜 大治4年11月3日(ユリウス暦:1129年12月15日) ]
能長男。母清仁親王女信子女王(或母昭登親王女)。号石山大蔵卿。
天永3(1112)年初見(参議従四位上、或去年12月26日任参議)。
大治4年10月5日(ユリウス暦:1129年11月18日)出家。
従三位・権中納言。
※尊卑分脈によれば、出家日は11日。
藤原 信通
[ 寛治5(1091)年 〜 保安元年10月23日(ユリウス暦:1120年11月15日) ]
宗通一男。母藤原顕季女。
永久3年8月13日(ユリウス暦:1115年9月3日)任参議。
従三位・参議。
藤原 伊通
[ 寛治7(1093)年 〜 長寛3年2月15日(ユリウス暦:1165年3月28日) ]
宗通二男。母藤原顕季女。号九条、又号大宮。
保安3年正月23日(ユリウス暦:1122年3月3日)任参議。
正二位・太政大臣。
藤原 成通(本名宗房)
[ 承徳元(1097)年 〜 ? ]
宗通四男。母藤原顕季一女。法名・栖蓮。
天承元年12月22日(ユリウス暦:1132年1月12日)任参議。
平治元年10月15日(ユリウス暦:1159年11月26日)出家。
正二位・大納言。
藤原 為通
[ 天永3(1112)年 〜 仁平4年6月13日(ユリウス暦:1154年7月25日) ]
伊通一男。母従四位上定実朝臣女。
久安6年正月29日(ユリウス暦:1150年2月28日)任参議。
正四位下・参議。
藤原 泰通
[ 生没年不明 ]
成通猶子(実藤原為通男)。母源師頼女。
寿永2年正月22日(ユリウス暦:1183年2月16日)任参議。
承元2年6月20日(ユリウス暦:1208年8月3日)出家。
正二位・権大納言。
藤原 経通
[ 安元2(1176)年 〜 延応元年10月13日(ユリウス暦:1239年11月10日) ]
泰通一男。母藤原隆季女。号・高倉大納言。
建保2年正月13日(ユリウス暦:1214年2月24日)任参議。
嘉禎2年4月8日(ユリウス暦:1236年5月14日)出家。
正二位・権大納言。
藤原 国通
[ 安元2(1176)年 〜 正元元(1259)年4月 ]
泰通二男。母中務少輔藤原教良朝臣女。
建保6年正月13日(ユリウス暦:1218年2月9日)任参議。
貞永元年8月26日(ユリウス暦:1232年9月12日)出家。
従二位・中納言。
※母名は、尊卑分脈・難波家譜等による。公卿補任では中務少輔教長朝臣女とある。松木家譜公卿補任に同じ。
AT-@-f-2〕 中御門 ------------------------
一つ上の階層に戻る
以下、中御門家を参照。

藤原 宗俊
藤原 宗忠
藤原 宗輔
藤原 宗能
藤原 宗成
藤原 俊通
藤原 信能(宗家)
藤原 宗平
AT-@-f-3

一条

能保の妻は、源義朝の娘(頼朝と同母)。一条家を介して、頼朝と九条家、西園寺家との閨閥が形成されている。
一条家系図
一つ上の階層に戻る
通重 ┳ 能保 ┳ 高能 ┳ 頼氏 ┳ 能基 ┳ 公仲 ┳ 能親 ━ 能氏 ━ 能頼      
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┗ 能行
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 能賢 ┳ 能俊 ━ 能定
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 能冬 ┳ 能季
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 女子一条公有室)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┗ 女子(中院通持室)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┗ 能春(従四位下。左少将。伊賀守)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 実貫(従四位下。左少将)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┗ 能源(延暦寺。僧都)
  ┃   ┃   ┃   ┣ 能清 ┳ 公冬 ┳ 実遠 ━ 公綱
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┗ 実連
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 頼保(伯耆守。従五位上)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┗ 宗房(左中将)
  ┃   ┃   ┃   ┣ 定氏 ┳ 実夏 ━ 公村
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┗ 冬頼(本名氏保)
  ┃   ┃   ┃   ┣ 禅海(醍醐寺。権少僧都)
  ┃   ┃   ┃   ┣ 女子小倉公雄母)
  ┃   ┃   ┃   ┗ 女子松殿良嗣室。頼房母。後、鷹司伊頼室。宗嗣母)
  ┃   ┃   ┣ 能氏(少将。母左衛門尉〔糟屋〕有季女)
  ┃   ┃   ┣ 行能(侍従。従五位下。母藤原兼光女)
  ┃   ┃   ┣ 能継(左中将。従五位上。母藤原隆季女)
  ┃   ┃   ┗ 女子藤原基家室。経家母)
  ┃   ┣ 信能 ━ 忠俊 ━ 雅俊(侍従。従五位下)
  ┃   ┣ 実雅 ━ 実顕(仁和寺。権大僧都)
  ┃   ┣ 能全(延暦寺。律師)
  ┃   ┣ 能性 ━ 乗恵 ┳ 覚基(園城寺)
  ┃   ┃   ┗ 俊宗(園城寺)
  ┃   ┣ 長能(仁和寺。法印。権少僧都。石山座主)
  ┃   ┣ 尊長 ┳ 長覚(延暦寺。阿闍梨)
  ┃   ┃   ┣ 能全 ━ 能顕 ━ 祐宗(延暦寺。法印)
  ┃   ┃   ┗ 仙尊 ━ 憲雅 ━ 尊能(延暦寺)
  ┃   ┣ 女子九条道家母)
  ┃   ┣ 女子中院通成母)
  ┃   ┣ 全子西園寺公経室)
  ┃   ┣ 保子花山院忠頼母)
  ┃   ┗ *女子円助法親王母?)
  ┗ 女子(母同。藤原公衡室)
*円助法親王(後嵯峨天皇第一皇子)の母は、増鏡によれば、中将公宗女とあるが、該当する人物がいない。しかし、能保の娘も世代的に不自然とされる。
藤原 能保
[ 久安3(1147)年 〜 建久9年10月23日(ユリウス暦:1198年11月23日) ]
従四位下丹波守通重朝臣一男。母藤原公能女。法名・保蓮。
文治4年10月14日(ユリウス暦:1188年11月4日)叙従三位。
建久5年壬8月2日(ユリウス暦:1194年8月19日)出家。
従二位・権中納言。
※没年は建久8年10月13日(ユリウス暦:1197年11月23日)〔愚管抄〕とも。
藤原 高能
[ 安元2(1176)年 〜 建久9年9月17日(ユリウス暦:1198年10月19日) ]
能保一男。母従四位下行左馬頭兼播磨守源義朝朝臣女。
建久7年12月25日(ユリウス暦:1197年1月15日)任参議。
従三位・参議。
※生年は尊卑分脈の没年齢23歳から逆算。
藤原 信能
[ ? 〜 承久3(1221)年7月 ]
能保二男。母江口遊女(慈氏)。
承久2年正月22日(ユリウス暦:1220年2月27日)任参議。
従三位・参議。
※没日は尊卑分脈によれば、8月14日、吾妻鏡7月5日、歴代皇紀8月16日。
藤原 実雅
[ 建久7(1196)年 〜 安貞2年4月1日(ユリウス暦:1228年5月6日) ]
能保三男。母家女房藤原家恒女。西園寺公経為子。伊与宰相中将。
貞応元年8月16日(ユリウス暦:1222年9月22日)任参議。
貞応3年10月1日(ユリウス暦:1224年11月13日)配流越前国。
従三位・参議。
※配流日は吾妻鏡・鎌倉年代記によれば、10月29日。
※没日は吾妻鏡によれば、4月29日。
藤原 頼氏
[ 建久9(1198)年 〜 宝治2年4月5日(ユリウス暦:1248年4月29日) ]
高能三男。母藤原基房女。
嘉禎2年12月18日(ユリウス暦:1237年1月16日)叙従三位。
従二位・非参議。
※生年は、公卿補任の没年齢51歳から逆算。尊卑分脈によれば、没年齢は、53歳で、没日は6日。
藤原 能基
[ 承久2(1220)年 〜 弘安8年正月21日(ユリウス暦:1285年2月26日) ]
頼氏一男。母修理権大夫平時房女。
文永5年正月5日(ユリウス暦:1268年1月20日)叙従三位。
従二位・非参議。
※生年は、公卿補任の没年齢66歳から逆算。尊卑分脈によれば、没年齢は、65歳で、没日は28日。
藤原 能清
[ 嘉禄2(1226)年 〜 永仁3年9月1日(ユリウス暦:1295年10月10日) ]
頼氏二男。母修理権大夫平時房女。
文永6年5月1日(ユリウス暦:1269年6月1日)叙従三位。
正二位・参議。
※生年は、公卿補任の没年齢70歳から逆算。尊卑分脈によれば、没年は、永仁2年9月1日(ユリウス暦:1294年9月21日)69歳。
※母名は、尊卑分脈による。
藤原 公冬
[ 生没年不明 ]
能清男。山階実雄猶子。
正応2年8月7日(ユリウス暦:1289年8月24日)叙従三位。
永仁6(1298)年出家。
正三位・非参議。
藤原 実遠
[ 弘長2(1262)年 〜 永仁7年2月15日(ユリウス暦:1299年3月18日) ]
公冬男。号一条。
正安元(1299)年初見、従三位。
正三位・非参議。
※尊卑分脈によれば、没年は、徳治3(1308)年7月。
一条 公俊(能藤・公遠・公仲) ⇒  摂家一条家●別系
AT-@-f-4

持明院

一つ上の階層に戻る
以下、系図と公卿略歴は、持明院家を参照。
AT-@-f-5

白河

一つ上の階層に戻る
以下、白河家を参照。
AT-@-f-6
高倉
一つ上の階層に戻る
以下、高倉家を参照。