桓武平氏 〔繁盛孫・岩城〕

繁盛孫

海道を称す。
繁盛 ┳ 兼忠 ━ 高衡 ━ 兼衡 ━ 盛兼 ━ 邦隆 ━ 兼隆(右衛門大夫)
  ┣ 維茂 ┳ 繁貞 ━ 繁清 ┳ 維貞 ┳ 繁賢 ┳ 維繁(右衛門尉。従五位下)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┗ 実茂
  ┃   ┃   ┃   ┣ 清賢
  ┃   ┃   ┃   ┗ 貞賢
  ┃   ┃   ┣ 繁忠(従五位下)
  ┃   ┃   ┗ 忠清(従五位下)
  ┃   ┣ 繁兼 ┳ 貞兼(従五位下。奥山平大夫)
  ┃   ┃   ┗ 女子(*系図綜覧作繁成女。庶ョ部。後拾作者)
  ┃   ┣ 繁成 ━ 貞成 ┳ 康家(城太郎)
  ┃   ┃   ┗ 永基 ┳ 永家(足太郎)
  ┃   ┃   ┣ 長成(加地三郎)
  ┃   ┃   ┗ 助国 ┳ 資永 ━ 資盛
  ┃   ┃   ┗ 長茂
  ┃   ┗ 繁職 ┳ 繁家(奥山三郎)
  ┃   ┣ 繁綱(所衆。号今津六郎*系図綜覧によれば善勝の号)
  ┃   ┣ 喜勝(*系図綜覧作善勝。験者)
  ┃   ┗ 澄心(宝幢院検校。阿闍梨)
  ┣ 維幹 ┳ 為賢(従五位下)
  ┃   ┗ 為幹(従五位下)
  ┗ 安忠〔岩城
繁雅 ┳ 信繁 ┳ 繁茂 ━ 遠繁 ━ 繁行(蔵人。検非違使)
  ┃   ┣ 繁俊(従五位下)
  ┃   ┣ 女子(藤原顕雅妾。雅藤母)
  ┃   ┗ 女子(北畠師行母)
  ┣ 季繁 ┳ 繁兼
  ┃   ┗ 繁朝
  ┣ 度繁 ┳ 繁親
  ┃   ┣ 繁高(民部少輔。正四位下)
  ┃   ┗ 女子(法名阿仏。安嘉門院四条右衛門佐。冷泉為相母)
  ┗ 邦繁 ━ 繁綱

岩城

 
寛政重修諸家譜によれば、代々常陸国府中に住した為、常陸前司とよび、成衡の時、陸奥国岩城に 移住し、その子隆衡(家譜・寛永譜作隆平)より岩城を称したという。
豊臣秀吉に麾下し、所領を安堵されるが、関ケ原の戦いで、西軍に属し、所領没収となる。その後、川中島一万石を与えられ、元和八年に一万石が加増された。
華族類別録第十一類。 出羽亀田藩二万石、後一万八〇〇〇石。外様。柳間。
葬地は、華族名鑑によると、橋場 総泉寺。
明治17(1884)年7月8日に隆治が子爵を授爵〔現代華族譜要〕

岩城系図

※安忠から成衡までの系譜は家譜・系図纂要に従う。
安忠 ┳ 則道 ━ 貞衡 ━ 繁衡 ━ 忠清 ━ 清隆 ━ 師隆
  ┗ 泰貞(平太夫。※岩城系図作則道男)
┳ 成衡 ┳ 隆祐(太郎。称楢葉。母二階堂宗祐女。法名常信)
  ┃   ┣ 隆衡 ┳ 隆守 ┳ 義衡 ┳ 照衡 ┳ 照義 ━ 朝義
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 政教(孫三郎。称石森。母大森氏)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┗ 義次(五郎。称片寄)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 胤清(十郎)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 基秀(三郎。頴谷某養子。後改号神谷。為家臣)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 清次(七郎。称鎌田)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┗ 資経(五郎。又資綱。称塩)
  ┃   ┃   ┃   ┣ 秀清(四郎。称絹合)
  ┃   ┃   ┃   ┗ 基清(八郎。称岩間)
  ┃   ┃   ┗ 承祐(大輔房)
  ┃   ┣ 隆久(三郎。称岩崎。母同。法名願信。家臣中山家祖)
  ┃   ┣ 隆義(四郎。称椎葉。法名昌信。母同隆祐。家臣白土家祖)
  ┃   ┣ 隆行(五郎。称行方。母同隆平)
  ┃   ┣ 女子(安信妻)
  ┃   ┗ 女子(忠信妻)
  ┗ 隆茂(左近大夫。成衡とは異母)
┳ 常朝 ┳ 清胤 ┳ 隆忠 ┳ 政隆(一云成隆。太郎。母白土長朝女。
  ┃   ┃   ┃   ┃   某年7月29日卒。法名悟山了公)
  ┃   ┃   ┃   ┣ 親隆 ┳ 女子(母岩崎三郎隆平女。
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   大館左衛門大夫隆景室)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 常隆 ┳ 盛隆(一云豊隆。次郎。
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   某年9月26日卒。法名素山恵公)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 由隆
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 隆時(大和守。富岡殿〔岩城系図〕)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 女子(田村大膳大夫義顕室)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 女子(中山長門守隆朝室)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 隆相(舟尾六郎)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 男子(植田四郎)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 女子(上遠野宮内長秀室)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 女子(那須壱岐守政資室。
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ※寛政重修諸家譜・
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   系図纂要による)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ┗ 隆安(※系図纂要による。
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   岩城小三郎。水谷祖)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 明的(栄銀斉〔系図纂要作栄養斉〕。
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   ※岩城系図作四男)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 隆景(好間三郎)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┣ 女子(母岩崎三郎隆平女。
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┃   佐竹右京大夫義舜室)
  ┃   ┃   ┃   ┃   ┗ 南潤(前堂和尚〔一曰然室〕。
  ┃   ┃   ┃   ┃   白鹿山弘源寺開基)
  ┃   ┃   ┃   ┣ 女子(中山讃岐守室)
  ┃   ┃   ┃   ┗ 隆通(上田但馬守。継菊田。※寛政重修諸家譜・
  ┃   ┃   ┃   系図纂要作隆道、家臣菊田六郎隆輔嗣)
  ┃   ┃   ┣ 隆冬(小川三郎。母家臣三坂氏女)
  ┃   ┃   ┣ 隆治(玉山孫四郎。母家臣駒木根氏女)
  ┃   ┃   ┣ 隆友(愛屋平四郎。母同)
  ┃   ┃   ┗ 女子(家臣中山隆祐室)
  ┃   ┣ 珠鷹(龍門寺住職)
  ┃   ┣ 隆興(白土民部大輔。家臣白土左衛門尉隆茂養子)
  ┃   ┣ 隆成(大館左衛門大夫。為家臣)
  ┃   ┗ 女子(足利僧庵室)
  ┗ 女子(東郷市之助妻)
┳ 重隆 (二郎太郎。左京大夫。従五位下。
  ┃   永禄12年6月14日(ユリウス暦:1569年7月27日)卒。
  ┃   月山明徹。葬地同朝義。
  ┃   室江戸但馬守某女)
  ┣ (二郎)
  ┣ 女子 (家臣好間某妻)
  ┣ 女子 (家臣窪田山城守某妻)
  ┗ 隆直 (太郎。那須高資養子)
┳ 女子 (母江戸但馬守某女。伊達晴宗室)
  ┣ 女子 (母同。佐竹義昭室)
  ┗ 親隆 (実伊達晴宗長男。母重隆女。初宣隆。
      孫次郎。左京大夫。従四位下。
      文禄3年7月10日(1594年8月25日)卒
      〔或15日〕。
      佐竹義昭女)
常隆 (左京大夫。従四位下。母義昭女。
    天正18年7月22日(1590年8月21日)卒。
    鏡山明心。
    室二階堂盛氏女)
┳ 貞隆 (実佐竹義重男。能化丸。忠次郎。
  ┃   母伊達晴宗女。天正11年生。
  ┃   元和6年10月19日(1620年11月13日)卒。
  ┃   雲山宗龍徹霄院。葬于橋場総泉寺。
  ┃   相馬義胤女)
  ┗ 政隆 (長次郎。称伊達)
┳ 女子 (母義胤女。佐竹義直妻)
  ┣ 吉隆 (能化丸。平次郎。四郎次郎。
  ┃   母同。従五位下。修理大夫。
  ┃   慶長14年生。
  ┃   寛永3年4月25日(1626年5月20日)
  ┃   佐竹義宣養子)
  ┗ 女子 (母同。黒田長興室)
宣隆 (実佐竹義重四男。母伊達晴宗女。
    初宣家。左兵衛。但馬守。
    従五位下。天正12年生。
    明暦2年7月25日(1656年9月13日)致仕。
    寛文12年8月27日(1672年10月17日)卒。
    月宮観心円通院。葬于龍門寺。
    室多賀谷重経女。継室真田幸村女)
┳ 重隆 (庄次郎。左京。伊予守。
  ┃   従五位下。母幸村女。
  ┃   致仕号月峯。寛永5年生。
  ┃   元禄17年2月18日(1704年3月23日)致仕。
  ┃   宝永4年12月11日(1708年1月3日)卒。
  ┃   雄山月峯大通院。葬地同貞隆。
  ┃   室佐竹義直女。
  ┃   継室本多重能女)
  ┣ 女子 (母同)
  ┗ 隆房 (甚次郎。主殿介。母同。
      正保4年7月19日(1647年8月19日)卒)
┳ 女子 (母某氏。石川乗政室)
  ┣ 景隆 (百助。権之助。母某氏。
  ┃   承応3年生。
  ┃   元禄9年4月18日(1696年5月18日)卒。
  ┃   室小笠原長次女)
  ┣ 女子 (母某氏)
  ┣ 女子 (母某氏。松平清当室。後、柳生俊方室)
  ┣ (弾正。称花園。母某氏)
  ┣ (平次郎。母某氏)
  ┗ 女子 (母某氏)
秀隆 (采女。伊予守。母長次女。
    従五位下。延宝元年生。
    享保3年10月25日(1718年11月17日)卒。
    智観道光常心院。
    室松平忠充女。
    継室内藤忠政女)
┳ 女子 (母忠政女)
  ┣ (千次郎。母同。早世)
  ┣ (栄次郎。母同。早世)
  ┗ 隆韶 (実伊達村興男。母三沢信濃某女。
      初清隆。久之助。左京。
      但馬守。河内守。従五位下。
      宝永4年生。
      延享2年8月29日(1745年9月24日)卒。
      挙山道揚真正院。葬地同宣隆。
      津軽信寿女)
┳ (早世。母某氏)
  ┗ 隆恭 (実伊達村望男。母某氏。初偏隆。
      村寿。隆光。鶴次郎。数馬。
      民部。伊予守。左京亮。
      従五位下。享保9年生。
      天明2年11月5日(1782年12月9日)卒。
      善明祖眼正法院。葬地同貞隆。
      戸田忠余女。継室加藤泰温女)
┳ 女子 (母某氏。早世)
  ┣ 女子 (母某氏。早世)
  ┣ 女子 (母某氏。早世)
  ┣ 女子 (母泰温女。早世)
  ┣ (早世。庄三郎。母某氏)
  ┣ 女子 (母某氏。細川斉茲室。
  ┃   天明5年8月19日(1785年9月22日)卒。
  ┃   法名恵眼院心月妙性)
  ┣ 隆恕 (熊吉。采女。伊予守。
  ┃   従五位下。母某氏。
  ┃   明和4年3月18日(1767年4月16日)生〔家譜〕。
  ┃   室松平乗祐女)
  ┣ 女子。 (母某氏)
  ┣ 女子 (母某氏。織田信応室。
  ┃   寛政3年6月24日(1791年7月24日)卒。
  ┃   法名玄光院円観妙義)
  ┗ (卯之吉。母某氏)
┳ 隆喜 (始亀次郎。後亀五郎。采女。
  ┃   従五位下。伊予守。母妾。
  ┃   寛政3年11月2日(1791年11月27日)生。
  ┃   嘉永6年12月16日(1854年1月14日)卒〔家譜〕。
  ┃   葬于亀田龍門寺〔家譜〕。
  ┃   法名龍徳院瑞雲慈霖〔家譜〕。
  ┃   先室板倉勝俊女。後室津軽寧親女)
  ┣ 長粲 (始百之助。前田信濃守。前田長英養子)
  ┣ 女子 (早世)
  ┣ 女子 前田利和室。
  ┃   文政12年6月25日(1829年7月25日)卒。
  ┃   法名恵照院円明浄智)
  ┣ 茂高 (幼名八十之助。後、清五郎。山本主水。
  ┃   山本茂村養子)
  ┣ 女子 (早世)
  ┣ 女子 (小堀富五郎政純室。
  ┃   天保5年11月16日(1834年12月16日)卒。
  ┃   法名雲宝院円台智鏡)
  ┣ 女子 (大久保忠富室。
  ┃   文政13年正月10日(1830年2月3日)卒。
  ┃   法名信常院妙修日行)
  ┣ 女子 (早世)
  ┣ (松野民三郎。松野八郎兵衛養子)
  ┣ 女子 (早世)
  ┣ 女子 (早世)
  ┣ 女子 (間宮諸左衛門信富室。
  ┃   弘化4年6月14日(1847年7月25日)卒。
  ┃   法名蓮清院花岳寿芳)
  ┣ 隆謨 (秀八郎。為家臣。
  ┃   文久3年5月3日(1863年6月18日)卒。
  ┃   法名凉雲院廓然了道)
  ┣ 女子 (佐野金蔵貞爵室。
  ┃   万延元年11月30日(1861年1月10日)卒。
  ┃   法名松院栄誉寿仙)
  ┣ 女子 (初間宮吉十郎縁組。離縁後、
  ┃   岡田左右助由之室。
  ┃   文久3年9月23日(1863年11月4日)卒。
  ┃   法名本皎院霊明貞深)
  ┗ 女子 (早世)
┳ 女子 (立花種温室)
  ┣ 女子 (浅野長祚室)
  ┣ 女子 (早世)
  ┣ 女子 (早世)
  ┣ (勝丸。早世)
  ┣ 女子 (佐竹義矩室)
  ┣ 女子 (大久保忠善室)
  ┣ 女子 (井上正茂室)
  ┣ 女子 (佐竹義矩室)
  ┣ 女子 (前田利豁室)
  ┣ (武三郎。早世)
  ┣ 隆興 (米吉。)
  ┣ 女子 (大久保忠善室)
  ┣ 女子 (早世)
  ┣ 女子 (家臣岩城亀三郎室)
  ┣ 女子 (家臣町田内蔵之助室)
  ┣ 女子 (家臣岩城繁三郎室)
  ┣ 隆永 (房之助。但馬守。生母妾。
  ┃   従五位下。
  ┃   天保7年6月4日(1836年7月17日)生。
  ┃   室戸沢正実妹)
  ┣ 隆信 (雅五郎。後、隆永養子)
  ┣ 女子 (佐竹石見室)
  ┣ 隆政 (濤三郎。修理大夫。後、隆信家相続)
  ┣ 幸厚 (鷹之助。岩城隆謨養子。後、隆政家相続)
  ┣ 女子 (家臣駒木根主膳室)
  ┣ 正養 (駒之助。三四郎。堀田正誠養子)
  ┗ 女子 (家臣町田潤助室。後離縁)
隆信 (雅五郎。母妾。
    天保9年4月10日(1838年5月3日)生。)
隆政 (濤三郎。修理大夫。
    天保13年7月12日(1842年8月17日)生。)
隆邦 (鷹之助。幸厚。
    天保15年4月13日(1844年5月29日)生。)
    室堀田正睦女満里子)
┳ 隆彰 (実堀田正誠男。亀五郎。
  ┃   文久3年10月8日(1863年11月18日)生)
  ┗ 女子 ()

白水阿弥陀堂

白水阿弥陀堂(願成寺)

福島県いわき市内郷白水町広畑219
国宝。隣接する常盤神社の記念碑によると、阿弥陀堂は 永暦元(1160)年に岩城則道公の妻徳尼によって建立されたものという。
このページの先頭に戻る

  • 本サイトの公卿に関するデータは、
    東京大学史料編纂所公開用データベースに公開されている家譜、
    公卿補任(新訂増補国史大系53-57吉川弘文館。国史大系第9-11経済雑誌社)、
    尊卑分脈(新訂増補国史大系58-60下吉川弘文館
    新編纂図本朝尊卑分脈系譜雑類要集1-12吉川弘文館)、
    公卿諸家系図(土橋定代。続群書類従完成会。※知譜拙記)、
    系図纂要(名著出版)
    を基本として、その他諸史料で補完して作成しました。 知譜拙記と系図纂要からの出典には、その旨を注記してあります。
  • 菩提寺・居所に関しては、
    雲上明覧大全〔慶応4(1868)年版〕
    公卿諸家系図 土橋定代 (続群書類従完成会)のデータ〔※この2冊は同内容〕
    を基本としました。 家譜その他の系図史料等の葬地との異同は併記してありますが、
    実地調査はおこなっておりません。
  • 家業に関しては、諸家々業記、有職袖中鈔を基本とし、その他諸本で補完しました。
  • 家紋に関しては、
    雲上明覧大全〔慶応4(1868)年版〕を基本として、
    日本家紋総鑑 千鹿野茂(角川文庫)他、上述の事典などで補完・比較検討しました。
  • 年数の表記に関しては、ユリウス暦1582年10月4日までをユリウス暦に換算し、
    その翌日からをグレゴリオ暦に換算してあります。
    ユリウス暦の場合は、西暦の頭にユリウス暦であることを表記してあります。 ユリウス暦の表記がないものは、グレゴリオ暦であることを示します。
    和暦の改元の表記に関しては、改元した年の改元日から新元号の元年としました。
    西暦への変換に関しては、和暦の各月の大小の値を 「日本暦日原典」内田正男/著に従って、算出したものです。
  • 父母名などを表記する場合、公卿に関しては、官位官職、卿・公の尊称は省略しました。
  • 本サイトの情報を利用したことによって生じた、いかなる損害に対しても管理人は、補償の責任がないものとさせていただきます。