Nikon NAV-17HW

Nikon NAV-17HW side view
Nikon NAV-17HW。ゴム見口はテレビューのものに交換した。

4本目に購入した極超広角アイピース。 NAV-12.5HW + EiC-H10の星像が極めてシャープで最高に楽しめたので同じシリーズのNAV-17HWも同様にシャープな像が得られる事を期待してすぐ購入してしまった。

このアイピースは2インチスリーブ端から合焦位置までの長さが非常に長い。 単体でもEiC-H14使用時でも約58mmもある。 これはフランジバックから57mm+2/-4mmが最適位置のパラコア2でギリギリ許容範囲に収まる長さだ。(ただしパラコア2の可変バレル下部には直径46mm、厚さ1.5mmの「絞り」があるため完全に奥までアイピースを入れることが出来ない。私はパラコア2の絞りをカニメレンチで外して完全に奥まで挿入できるように改造した。) なお実際の運用ではアイピースは可変バレルを A [-10.4mm]のポジションにして突き当たりまで入れて固定することになる。

この非常に長い2インチスリーブ内はぎっしりと前置レンズ群が詰まっているようで、非常に重たい。 前置レンズ群を可能な限り視野絞位置より前に出すことで、超広角とシャープな星像を実現する解をニコンは見つけたのだろう。 なお2インチスリーブ端から合焦位置までの長さを他の極超広角アイースと比較すると、Ethos 17mmで約45mm、Ethos 21mmで約51mmであり、NAV-17HWの約58mmはやはり際立って長い。

入射レンズ側から内部をのぞき込むと2インチスリーブ内側面はつや消し塗装されてない。 少し目を離して射出レンズ側から鏡筒内の反射を見るとスリーブ内部が明るく見える。 コントラストに影響が無いので塗装を省略したといった判断なのだろうか?

付属のEiC-H14は思いのほか薄い。 レンズがぎっしりと詰まっているような感じで、重い。 先端に2インチフィルターネジが切ってある。

付属のゴム見口はまったく役に立たない。毒を食わば...のウェブページを参考に、テレビューのゴム見口(アイガードエクステンダー)に交換した。

サークルの後輩が所有するEthos 17mmと比較を行う機会を得た。 バックグラウンドの暗さ、星像のシャープさの両方において、NAV-17HWの方がEthos 17mmより勝っていた。 サイドバイサイドで比較すると違いは明らかだ。 ただしNAV-17HWのほうは目の位置がシビア。 アイレリーフが長いため最適な位置に目を位置しないとブラックアウトが生じてしまう。 これはテレビューのゴム見口で解決するが、この他にもNAV-17HWはアイピースの光軸と目の光軸が一致しないと視野周辺の一部が白く光って見えてしまうこともある。 顔を平行移動させ、目を適切な位置にもっていくことで解決する。 この現象はNAV-12.5HWでは感じなかった。

Nagler Type4 17mmとの比較では、星像のシャープさに有意な違いは見られなかった。 見かけ視野が広い分、NAV-17HWのほうが見ていて楽しい星像だった。 しかし星の色に関してはType4 17mmではっきりと識別できるのにNAV-17HWでは殆ど色は判らず、どれも白っぽく見えた。

NAV-17HW + EiC-H14とEthos 13mmとの比較では星像のシャープさに有意な違いは見られなかった。 ただしEthos 13mmで見える本当にかすかな微光星がNAV-17HW + EiC-H14では見えなかった。 (このかすかな微光星はNAV-12.5mmでも見えなかったので瞳径が違うことがその理由ではないと思われる。) レンズ枚数の違いからくる透過率の高さが原因だろうか? なお私のEthos 13mmは恒星か青っぽく見えるのに対し、NAV-17HW + EiC-H14ではニュートラルな発色をしているように思う。 そのため私はEiC-H14は普段は使わず、NAV-17HWは17mmのアイピースとして使用している。

参考までに、これらの比較はサークルの後輩でもあるオカPさんのブログ「賑やか観望@安達」「送別観望会@蔵王→安達」にも詳しく書かれている。

Nikon NAV-17HWのスペック
焦点距離17mm (16.9mm)
視野絞直径30.1mm
見かけ視野102度
アイレリーフ16mm
射出レンズ直径34.9mm
重量888g
レンズ構成7群10枚
ピント位置0.0mm
パラコア2位置A [-10.2mm]
生産国日本

註:カタログスペックより実測値を優先して記載。括弧内は視野絞直径から計算した値。パラコア2は可変バレルをA [-10.4mm]のポジションにして突き当たりまでを入れて固定する。

参考写真

Nikon NAV-17HW top view
射出レンズ側から見たNikon NAV-17HW
Paracorr position
NAV-17HWのパラコア2位置。左がNAV-17HW単体、右がEiC-H14装着時。 共にA [-10.2mm]のポジションにして突き当たりまで入れて固定する。
Nikon NAV-17HW bottom view
入射レンズ側から見たNikon NAV-17HW。2インチバレル内は塗装されていない。

履歴

Nikon NAV-12.5HW + EiC-H10

Nikon NAV-12.5HW side view
Nikon NAV-12.5HW + EiC-H10。ゴム見口はテレビューのものに、2''スリーブはHowie Glatter Parallizerに交換した。

Ethos 13mmより焦点距離の短いアイピースが欲しいと思いEthos 10mmとどちらを買うか悩んだ末に購入したアイピース。 後輩がEthos 8mmを所有していたが仙台の空ではシーイングが悪く性能を発揮できていないようだったので10mm前後の焦点距離を探していた。 なお購入の決め手はアマゾン(amazon.co.jp)に新古品が安く出ていたため。

NAV-HWの見かけ視野は102度で見かけ視野100度のEthosより2度広いことになるがその違いは分からなかった。 射出レンズ直径は34.8mmありEthos 13mmより一回り大きい。 側面のゴムベルトは寒冷地で触っても柔らかく、冷たく感じず秀逸に思う。

ただし純正のゴム見口は全く役に立たない。カタログによると「目を密着できない高倍率観測時や駐車場などでの外乱光を防ぐため遮光フード」と書かれているが、私の場合はこれらの条件が全く当てはまらない。 40cmドブは少々額が触れようがびくともしないし、外乱光があるような所ではそもそも見ない。 メガネは外して観望する。 毒を食わば...のウェブページを参考にテレビューのゴム見口に交換して快適に観望できるようになった。

NAV-12.5HWにEiC-H10を付けるとパラコア2では最適位置で合焦できない。 そこで2''スリーブをHowie GlatterのParallizerに交換した。 まだ実測していないが計算上はこれでパラコア2の最適位置で合焦できる。

NAV-12.5HW単体とEthos 13mmを比較したところ、この2本のアイピースに有意な差を見いだすことは出来なかった。 覗きやすさでは間違いなくEthos 13mm。 そのため13mm前後のアイピースを選ぶならあえてNAV-12.5HWを選ぶことはないだろう。

次にNAV-12.5HWにEiC-H10を取り付けて10mmのアイピースとして使用した場合だが、これは特筆に値する。 驚くべき事に倍率が高くなったにもかかわらず、NAV-12.5HW単体やEthos 13mmと比較して明らかにシャープな星像が得られる。 カタログには「EiC-H10によってさらに収差(像面湾曲、非点隔差)を良好に補正します」と書かれているが、もともと10群12枚構成の焦点距離10mmのアイピースとして設計されたのではないかと思ってしまう。 きっと10群12枚で設計していて、あるとき最前の1群を外しても許容できる星像が得られることに気がついて取り外し可能な構造にしたんだろう。

いずれにしてもNAV-12.5HW + EiC-H10のシャープな星像は虜になる。 そのため私は常にEiC-H10を取り付けて10mmのアイピースとして使用している。 最高のアイピースだ。

Nikon NAV-12.5HW + EiC-H10のスペック
焦点距離10mm (10.1mm)
視野絞直径17.9mm
見かけ視野102度
アイレリーフ16mm
射出レンズ直径34.8mm
重量772g/685g
レンズ構成8群12枚
ピント位置?mm/-10.6mm
パラコア2位置? [?mm]/na
生産国日本

註:重量、ピント位置、パラコア2位置は Howie Glatter Parallizer/ 純正2''スリーブ 使用時の順に記載。 カタログスペックより実測値を優先して記載。括弧内は視野絞直径から計算した値。

参考写真

Nikon NAV-12.5HW top view
射出レンズ側から見たNikon NAV-12.5HW

履歴