沖縄女流美術家協会

沖縄女流美術家協会40年のあゆみ

1974.4 「郷土の女性作家による絵画展」 主催:リウボウ 会場:リウボウ6F
1975.11 第2回「郷土の女性作家による絵画展」 主催:リウボウ 会場:リウボウ6F
第2回展後、協会結成の気運高まる
1977.7 沖縄女流美術家協会結成
会長久場とよ
副会長山本文子
事務局長宮良瑛子
会計安村芳子
書記国吉和子(仲本)
委員大見謝文、長田成美(上原)
1977.9 「沖縄女流美術展」 主催:沖縄女流美術家協会 後援:リウボウ 会場:リウボウ6F
協会結成後、初の展覧会であるが、前記「郷土の女流作家による絵画展」を発展的に継承することとし、本展より第3回展とした
1978.6 「第4回沖縄女流美術展」 主催:沖縄女流美術家協会 後援:リウボウ 会場:リウボウ6F
合評会を行う
1979.6 「第5回沖縄女流美術展」 主催:沖縄女流美術家協会 後援:リウボウ 会場:リウボウ6F
小品卸売コーナーを設ける
合評会を行う
1980.2 「沖縄女流美術家協会小品展」 企画:文化画廊
文化画廊のオープンを祝って
1980 県立美術館の設立要求署名活動を行い、会員十数名で県議会と県教育庁に陳情
1980.5 「第6回沖縄女流美術展」 主催:沖縄女流美術家協会 後援:リウボウ 会場:リウボウ6F
「九州女流美術家協会展」に会員10名招待出品 朝日新聞社の好評を得る
1981.5 「第7回展」 主催:沖縄女流美術家協会 後援:リウボウ 会場:リウボウ6F
1982.6 「第8回展」 主催:沖縄女流美術家協会 後援:リウボウ 会場:リウボウ6F
1983.6 「第9回展」 主催:沖縄女流美術家協会 後援:リウボウ 会場:リウボウ6F
会員 金城俊氏の遺作を陳列
1984.7 「第10回展」をむかえる 主催:沖縄女流美術家協会 後援:リウボウ 会場:リウボウ6F
第10回記念画集発行
協会結成時の会員20名から、38名の大世帯となり、県内外の公募展で活躍している会員も多くなる
1985.7 「第11回展」 主催:沖縄女流美術家協会 後援:リウボウ 会場:リウボウ6F
1986.4 「第12回展」 主催:沖縄女流美術家協会 後援:リウボウ 会場:リウボウ6F
1987.7 「第13回展」 主催:沖縄女流美術家協会 後援:那覇市 会場:那覇市民ギャラリー(セントラルビル5F)
1988.7 「第14回展」 主催:沖縄女流美術家協会 後援:那覇市 会場:那覇市民ギャラリー(セントラルビル5F)
14回展より彫刻部門展示
1989.1 「尚家文化遺産の公的機関による沖縄県内保有設置を要求する」署名簿を添えて県教育庁に要請行動
1989.5 「女流美術春の小品展」 企画:サロン・ド・ミツ
1989.6 「第15回展」 後援:那覇市 会場:那覇市民ギャラリー(セントラルビル5F)
第15回記念名護移動展 会場:名護市民会館
名護市の画家、永山信春氏と森川久子氏の尽力を得る
1990.7 「第16回展」 後援:那覇市 会場:那覇市民ギャラリー(セントラルビル5F)
1991.7 「第17回展」 後援:那覇市 会場:那覇市民ギャラリー(セントラルビル5F)
1992.6 人事改選
会長久場とよ
副会長山本文子
事務局長田辺和恵
副事務局長山本千葉子
1992.7 「第18回展」 後援:那覇市 会場:那覇市民ギャラリー(セントラルビル5F)
1993.5 臨時総会にて人事改選
会長久場とよ
副会長山本文子
事務局長山本千葉子
副事務局長上原成美
1993.9 「第19回展」 後援:那覇市 会場:那覇市民ギャラリー(パレットくもじ6F)
1993.10 '93県内画家展望展パート供峅縄女流美術展」 主催:読谷村教育委員会・読谷村立美術館 会場:読谷村立美術館
1994.9 「第20回展」 後援:那覇市 会場:那覇市民ギャラリー(パレットくもじ6F)
第20回記念画集発行
1994.10 '94県内画家展望展パート供峅縄女流美術展」 主催:読谷村教育委員会・読谷村立美術館 会場:読谷村立美術館
1995.6 総会にて人事改選
会長宮良瑛子
副会長田辺和恵 西村立子
事務局長山本千葉子
副事務局長上原成美
会計藤本春枝 藤崎静子
1995.7 島袋光裕生誕記念芸術文化賞団体賞受賞
1995.9 「第21回展」 後援:那覇市 会場:那覇市民ギャラリー(パレットくもじ6F)
1995.10 '95県内画家展望展パート供峅縄女流美術展」 主催:読谷村教育委員会・読谷村立美術館 会場:読谷村立美術館
1996.6 総会にて人事改選
会長宮良瑛子
副会長大見謝文 田辺和恵
事務局長西村立子
副事務局長池宮城友子
会計照屋万里 友知雪江
1996.9 「第22回展」 後援:那覇市 会場:那覇市民ギャラリー(パレットくもじ6F)
沖縄県文化振興基金助成事業
1997.9 「第23回展」 後援:那覇市 会場:那覇市民ギャラリー(パレットくもじ6F)
日本芸術文化振興会文化振興基金助成事業
1998.9 「第24回展」 後援:那覇市 会場:那覇市民ギャラリー(パレットくもじ6F)
日本芸術文化振興会文化振興基金助成事業
1999.9 「第25回展」 後援:那覇市 会場:那覇市民ギャラリー(パレットくもじ6F)
日本芸術文化振興会文化振興基金助成事業
25回記念画集発行
1999.10 「第25回記念宮古移動展」 後援:平良市・宮古芸術友の会・二紀会・K.K.琉球海運・K.K.中央倉庫 会場:宮古中央公民館
「第25回記念石垣移動展」 後援:石垣市・八重山文化協会・八重山美術会・K.K.琉球海運・K.K.中央倉庫 会場:石垣市民会館
2000.6 総会にて人事改選
会長宮良瑛子
副会長大見謝文 中島イソ子
事務局長西村立子
副事務局長池宮城友子
会計照屋万里 友知雪江
2000.9 「第26回展」 後援:那覇市 会場:那覇市民ギャラリー(パレットくもじ6F)
2001.9 「第27回展」 後援:那覇市 会場:那覇市民ギャラリー(パレットくもじ6F)
2002.6 沖縄女流美術家協会規約を改正し、顧問を設ける 顧問:久場トヨ
2002.9 「第28回展」 後援:那覇市 会場:那覇市民ギャラリー(パレットくもじ6)
インターネットにホームページを開設
2003.6 総会にて人事改選
会長宮良瑛子
副会長中島イソ子
事務局長西村立子
副事務局長仲本和子
会計国吉典子
顧問久場トヨ
2003.9 「第29回展」 後援:那覇市 会場:那覇市民ギャラリー(パレットくもじ6F)
2004.3 「沖縄県立美術館を考える会」に参加し沖縄県と協議
2004.9 第30回記念画集発行
2004.10 沖縄美術家協会30周年記念「沖縄女流美術展」 主催:沖縄女流美術家協会・読谷村立美術館 会場:読谷村立美術館
2004.11 第30回記念「沖縄女流美術展」 主催:沖縄女流美術家協会 共催:那覇市 会場:那覇市民ギャラリー(パレットくもじ6F)
2006.人事改選で、事務局長に仲本和子がなる。   
2009・人事改選で会長・西村立子 事務局長・山本千葉子 顧問・宮良瑛子 「第35回記念展」に旧会員の作品を陳列。35年の歩みコーナーを設け、年表、画集、写真展を展示する、   
2011・人事改選で事務局長になかもと潮路がなる。「第37回女流美術展」で東日本大震災チャリティー展を開催し、募金を日本赤十社に寄付。  
2013・人事改選で事務局長に眞榮田文子がなる。
↑TOPへもどる