無職 お金を借りられる

無職だとお金を借りられる?

仕事をしていない、いわゆる無職の状態の時にお金は借りられるのでしょうか?仕事をしていないからこそお金のピンチがあるのだから、何とか借りられないものだろうかと考えるものです。

 

しかし、どのような金融商品でも毎月の安定した収入が申し込み条件となっています。その収入で返済していくわけですから、収入がないと借りても返せないということになり、やはり無職の状態では借り入れはできないわけです。

 

ただし、専業主婦あるいは専業主夫のように配偶者に安定した収入があることが分かれば、申し込みができるローンはたくさんあります。また、クレジットカードの家族カードなどではキャッシング機能が付いているものもあり、これもお金を準備することができる方法ではあるでしょう。

 

また、無職の状態からアルバイトや仕事を始めた場合は、すぐに申し込みをしても収入が安定しているかどうかに疑問を持たれ、借り入れできないことが多いのです。1ヵ月収入があっただけでは、その後もずっと続くかどうかは分からないと考えられてしまうということです。

 

「ではどれぐらい働いたら、借り入れを申し込むことができるの?」と疑問を持ちますね。前年度の年収の規定があるローンのことを考えれば、1年は勤務しないと借り入れを申し込めなさそうです。

 

しかし、実際はアルバイトやパートでは半年程度続けて勤務していれば、申し込みができるといわれています。一定の収入が半年程度続いていれば申し込みができます。また、正社員の場合なども特に1年以上勤務した方でないと申し込みができない、新入社員は申し込みができないといった規定があるローンでなければ半年程度の勤務は目安になるでしょう。

 

ただし、正社員の方の場合は1年勤務した後でないと賞与がいくらぐらいかというのははっきりとせず年収が明確になりませんから、限度額設定が少なくなるのは避けられません。

 

無職の状態ではお金を借りることができませんし、働き始めてすぐの状態でも申し込みをしても審査に通らない可能性が高いのです。