お金を借りやすい

お金を借りやすいのはどんな職業?

サラ金という言葉があったぐらいだから、サラリーマンが一番お金を借りやすいと考える方も多いですよね。
実際に企業に勤めている方は、毎月定期的に安定した収入が入ってきますから、申し込み条件を満たしていることも多いですし、借りやすいと言ってしまってもよいかもしれません。

 

お金を借りやすい順番

  1. 公務員
  2. 正社員
  3. 契約・派遣社員
  4. アルバイト
  5. 個人事業主

 

しかし、現在では勤務形態も多様化しています。
「サラリーマンでないとお金を借りられない」こういった状況ではなくなっているのです。
住宅ローンといえば安定した収入がないと申し込めないものですが、派遣社員や契約社員の方でもフラット35なら申し込みができるというケースも増えています。

 

カードローンやキャッシングなら、正社員のみならずアルバイトの方も申し込みができます。収入の大きさが重要なのではなく、一定の収入がきちんと毎月あるのかということと、それに応じた借入額にしているのか、ということが大切になるといえるでしょう。

 

勤務して間もない正社員と、アルバイトであっても10年以上も続けているという場合の信用度は同じということにはならないでしょう。
ですからお金を借りたい場合は、簡単に転職しないようにしてできるだけ勤続年数を延ばすことで信用度を高めるという方法もあるのです。

 

どのような職業に就いていても、それには関わりなくお金が必要になることはあるものです。そんな時に、お金を借りるという方法を知っていてそれを利用できればやはり安心感は違うものでしょう。
この職業だからお金は簡単に借りられる、この職業だと絶対にお金は借りられない、こういったことは言えなくなっています。各金融機関によって申し込みできる条件を規定していますから、申し込みができるローンを探すことも難しくありません。

 

不況が落ち着いたという雰囲気が世の中には溢れていますが、消費税が上がったことも含めてさほど実感できていないということもあります。
お金が十分にあると感じている方のほうがまだまだ少ないのではないでしょうか。節約なども伴うマネープランを上手に活用していくことは、職業に関わらず今後も生活していく上では必須になるでしょう。

 

  おすすめ順 実質年率 限度額
プロミス
プロミス
4.5%〜17.8% 1万円〜500万円
モビット
モビット
3.0%〜18.0% 1万円〜800万円
アコム
アコム
4.7%〜18.0% 1万円〜500万円