自己破産 借りられる

自己破産経験があっても借りられる?

自己破産経験があればお金を借りられるかどうかを知りたいものですね。一生に渡って影響が大きそうな自己破産ですが、その後の借り入れは絶対にできないのでしょうか?

 

借りられるかどうかは、自己破産後にどれぐらいの期間が経っているかということが重要になります。個人信用情報機関での延滞の記録は、3つある情報機関によってそれぞれ残される期間が違っています。

 

銀行などが主に利用する情報機関KSC 延滞、代位弁済、任意整理は5年、自己破産では10年
クレジットカードなどの信販会社が利用するCIC 延滞と任意整理は5年、自己破産の記録は7年
消費者金融なども利用するJICC 延滞、任意整理、自己破産などは5年

 

ただし、各信用情報機関を銀行系だからといって絶対に銀行しか利用しない、ということもありません。各金融機関は申し込み者の情報を取得できるようになっていますから、銀行での延滞記録が消費者金融に分からないということはないと思っておきましょう。

 

自己破産をした後も5年から10年の期間を待てば、申し込みができるということにはなります。

 

しかし、一般的には自己破産経験者は、大手銀行や大手消費者金融等での借り入れは難しいと言われています。

 

期間を開けずにまた借り入れをしたいという状況に陥ることで、違法な業者に申し込みをしてしまう方も後を絶ちません。どうやっても借りられない状況があるにもかかわらず、おかしいと感じつつも異常に高金利の業者に申し込みをしてしまうのです。

 

また、信用情報機関の記録がなくなる期間待ったとしても、各金融機関が記録を残しているかどうかは申し込み者には分かりません。延滞や債務整理、自己破産をしたという記録は永遠に残されると言われています。

 

とある銀行で自己破産の記録が残ったとしましょう。時間をあけて信用情報機関の記録はなくなったとしても、その銀行の記録はなくなっていない可能性が高いのです。

 

そればかりか、最近では銀行と消費者金融の提携やグループ会社化が進んでいます。自己破産の記録が残っている銀行の系列消費者金融に申し込んだ場合は、その記録が元で否決になる可能性がかなり高いのです。

 

よく借金してはいけない、と言われるのはお金を借りるのがいけないのではなく、こういった状況に陥ってはいけないということだと考えておくべきでしょう。

 

しかし、できれば自己破産などの債務整理はせずに返済していくべきですが、現在どうやっても返済できない状況に陥っている場合には、そのままにしておいても何もよいことはありません。しかるべき専門家に相談し、対策をとるようにしましょう。

 

審査が甘い借りやすい消費者金融!