今すぐお金を借りたい時に即日でお金を借りる方法

今すぐお金を借りたいなら消費者金融がおすすめ!

今すぐお金が必要なとき、その借り入れ先は消費者金融が最も可能性が高くなっています。消費者金融では審査時間も短く、即日融資も可能です。

 

インターネットだけでも申し込みをした、その日のうちにお金を借りることも可能です。また時間によっては自動契約機を併用することもできます。

 

消費者金融の一番の特徴はスピードです。審査時間が短いことで、申し込みから借り入れまでの早さがあります。さらには、普段の借り入れや返済もスピーディーに行うことができ、サービスが充実しています。

 

 

お金を借りるランキング

プロミス
最短1時間 全国各地に自動契約機もあり、ネットでも申し込みができる。三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があると24時間振込キャッシングに対応。30日間無利息ははじめての借り入れ翌日から適用されるため無駄がない。借り入れや返済の方法も充実し、最もオススメの消費者金融。

 

30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

プロミス

実質年率 限度額 評価
4.5%〜17.8% 500万円

モビット
モビット WEB完結としてカードレスの申し込み方法がある。10秒で簡易審査結果表示のため今すぐお金を借りたい人には向いている。ただし、WEB完結申し込みをするためには三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の普通預金口座、そして社会保険証か組合員保険証を持っている必要がある。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

プロミス

実質年率 限度額 評価
3.0%〜18.0% 800万円

アコム

消費者金融業界で唯一クレジットカードの取り扱いがある。今すぐお金を借りるためには14時までに必要書類をFAXする必要がある。契約翌日から適用される30日間無利息があるため即日融資でも無駄がなく活用できる。

 

プロミス

実質年率 限度額 評価
4.7%〜18.0% 500万円

 

失敗しないお金を借りる方法

給料日までにはまだ日数があり、しかし手持ちのお金が無くなってしまったときどのようにするでしょうか?

 

節約すれば何とか過ごせるはずと意気込んでも、日数を重ねるほどに切迫してしまい、いよいよ今すぐお金を借りなければならないという状況になっているかもしれません。

 

また、急に用意しなければならないまとまったお金ができてしまうこともあるでしょう。

 

もちろん、真っ先に思い浮かべることがキャッシングである必要はありません。少々の金額であればあるほどに、何かしらの対策を講じることができるかもしれません。

 

ところが、悩んでいるうちにいよいよ万策尽きて借り入れを考えるようになるでしょう。

 

消費者金融であれば即日融資が十分に可能です。しかし、消費者金融でのキャッシングには恐怖があるでしょう。その漠然とした不安は、消費者金融を一つ一つ理解することで解消されるはずです。

 

消費者金融からお金を借りることは、決してマイナス要素ばかりではなく、使い方によっては賢い選択になることもあります。

 

即日融資なら消費者金融でお金を借りる

お金の借入先として私たちの身近には、消費者金融のほかに銀行カードローンもあります。なぜ、即日融資は銀行カードローンではなく消費者金融なのでしょうか?

 

銀行カードローンは一般的には申し込みから借り入れまでには3営業日がかかりますが、即日融資を扱うことはあります。それでは即日融資を扱う銀行カードローンを選択すればいいと思われるでしょう。

 

ところが銀行カードローンでは申し込みに際しての条件が非常に多くなります。

 

  • 前年度の税込み年収が200万円以上必要
  • 利用する銀行の口座が必要
  • 収入証明書類が必要

 

これは決して珍しい条件ではありません。さらに、銀行カードローンでは申し込み条件に保証会社による保証を受けられることというものがあります。

 

保証会社は契約者が一定期間返済ができなくなったときに、代位弁済を行ういわゆる保証人を同じ役割を持っていますが、その代位弁済というリスクを回避するために審査を行います。

 

銀行カードローンと保証会社、二つの審査が行われるということです。銀行カードローンに申し込みをするための準備と審査には時間がかかるということがお分かりになったでしょう。

 

消費者金融はそうではありません。
申し込みの条件は20歳以上で安定した収入があること本人確認書類の用意、これだけで消費者金融ではお金を借りることができます。

 

審査時間も30分ほどと短くなっており、即日融資も十分に可能です。
消費者金融は審査時間は最短30分と短く即日融資に向いています。

 

参照:お金を借りる利用条件|今すぐ借りれるランキングTOP3

 

最短の申し込み方法はネットもしくはネット+自動契約機

消費者金融の申し込み方法は豊富に用意されています。
インターネット申し込みでは24時間対応となっていることから、24時間いつでも借り入れができると勘違いされることもありますがそうではありません。

 

消費者金融の即日融資でお金を借りたい時には、2つの時間に気をつけましょう!

  1. 審査対応時間
  2. 振込キャッシング対応時間

 

24時間申し込みを受け付けているインターネットの公式ホームページでも、審査対応時間は決められています。
一般的には年中無休で9時から21時程度までとなっていますが、消費者金融により違いがあるため確認をしましょう。

 

即日融資を受けるためには契約が完了していなくてはなりません。その契約をするためには審査に可決していることが必要です。

 

そして、審査に可決するためには審査を受けなくてはなりません。だからこそ、審査対応時間には必ず気をつけることが大切です。
24時間申し込みでも、審査結果を受け取らなければ即日融資でお金を借りることはできないからです。

 

審査結果を受け取れば一安心です。
なぜなら、審査結果さえ受け取れば後は契約だけでしょう。

 

契約は時間や曜日によってインターネットにするのか、それとも自動契約機にするのかという選択肢があります。
その理由は借り入れの方法です。

 

ネットで契約をするとカードは後日自宅に郵送されることとなります。一方で自動契約機で契約をすると、その場でカードが受け取り可能です。
カードを受け取らなくても借り入れはできます。振込キャッシングです。

 

自分の銀行口座に消費者金融が融資金額を振り込む、それが振込キャッシングになりますがいつでも対応されているわけではありません。銀行営業時間に準じているため、一般的には平日の9時から14時30分ころまでに振込キャッシングの手続きを完了させていなければすぐに振込はできません。
対応時間外に振込キャッシングの手続きが完了すると、よく銀行営業日に振り込みがなされています。

 

審査結果を受け取ったら、時間によってネット契約にするのか自動契約機で契約をするのかを選択しましょう。

 

無利息期間を使ってお得にお金を借りたい

消費者金融だけではなく銀行カードローンであっても、その他のローンであっても、お金を借りると利息が加算されます。
金利があり、借入金額と利用日数の応じた利息が決められています。

 

消費者金融では一般的にはじめての利用では上限金利が適用されます。
そのため比較してみてもわかりますが18.0%が多くなっています。
ということは金利を比較しても変わりがないということです。

 

しかし、消費者金融の中にはプロミスやアコムのように無利息期間があるキャッシングがあります。
30日間という限られた期間ではありますが、その期間をいかに有効に活用するのかはキャッシングのコツになるでしょう。

 

プロミスの30日間無利息サービスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
消費者金融によって無利息期間の適用開始時期が異なるため必ずチェックをしましょう。