H o m e  

郷土史の資料

日高の祭り

日高の徳本

熊野九十九王子

和歌山の祭り

クイズ


  和歌山県
         日 高 地 方 、 万 葉 集
 の 歌

       

  巻 一

中皇命(なかつすめらのみこと) 
10    君が代も我が代も知るや磐代(いはしろ)の岡の草根をいざ結びてな
             
君之齒母 吾代毛 所知哉 磐代乃 岡之草根乎 去来結手名
             
あなたの命も私の命も知っている磐代の岡の草に 安全を祈りさあ結んで行きましょうか

  
                                                
                           
光照寺の碑 左の碑は141の歌

中皇命
12 
(あ)が欲りし野島は見せつ底深き阿胡根(あこね)の浦の玉ぞ拾(ひり)はぬ
             
吾欲之  野嶋波見世追  底深伎阿胡根能浦乃  珠曽不拾
      
わたしが見たいと思っていた野島は見せてくれましたが、底の深い阿胡根の浦の真珠はまだ拾っていない

                      
            
野島の浜                              歌 碑

川島皇子(かわしまのみこ)

34   白波の浜松が枝の手向(たむけ)ぐさ幾代まてにか年の経ぬらむ
             
白浪乃  濱松之枝乃  手向草幾代左右二賀 年乃經去良武
      
白波寄せる浜辺の松の枝にかけた手向の品は幾年くらい年が経たものだろう
      

 
  巻 二  

有間皇子
141   磐代の浜松が枝を引き結びま幸(さき)くあらばまた還り見む
             磐白乃  濱松之枝乎  引結真幸有者  亦還見武  
               
碧代の浜の松の枝を引き結んでおくが,、幸運にも無事でまた帰ってきたならばまた見よう

                                       
                                              
結び松の碑 

有間皇子
142   家にあれば笥に盛る飯を草枕旅にしあれば椎の葉に盛る
             家有者  笥尓盛飯乎  草枕旅乎之有者  椎之葉乎盛
        家にいるときは笥に盛って神に供えたご飯、草枕に寝る旅なので椎の葉に盛る

                                 歌碑は海南市藤白坂にあります
 

長忌寸意吉麻呂(ながのいみきおきまろ)
143   磐代の岸の松が枝結びけむ人は還りてまた見けむかも
               
磐代乃  崖之松枝  将結人者反而  復将見鴨
       
磐代の岸の松枝を結んだという人は帰りの際にまた見たのであろうか

                                        

長忌寸意吉麻呂

144   
磐代の野中に立てる結び松心も解けず古(いにしへ)思ほゆ
               
磐代之  野中尓立有 結松情毛不解  古所念 
       
磐代の野中に立っている結び松、心も解けないままに昔の人のことが思われる

山上臣憶良
145   鳥翔(つばさ)成す有りがよひつつ見らめども人こそ知らね松は知るらむ
               
鳥翔成  有我欲比管  見良目杼母人社不知 松者知良武
        鳥が空を翔けめぐりながら松を見ているであろう、人にはわからないだけ松は知っていよう

柿本朝臣人麿
146   後見むと君が結べる磐代の小松が末(うれ)をまた見けむかも
               
後将見跡  君之結有 磐代乃子松之宇礼乎 又将見香聞
       
後で見ようと有間皇子が結んでおいた磐代の松の枝を、又見たであろうか 

                            岩代海岸にある岩代王子

 巻 三

博通法師(はくつうほうし)
307   
はた薄(すすき)久米の若子が座(いま)しけむ三穂の石室は見れど飽かぬかも[荒れにけるかも]  
               
皮為酢寸 久米能若子我伊座家牟 三穂乃石室者  雖見不飽鴨[一云 安礼尓家留司毛]
      
久米の若子が居られた三穂の岩屋だが、今では余りにも荒れはてていることよ 

博通法師
308   
常磐なす石室は今も在りけれど住みける人そ常なかりける
               
常磐成  石室者今毛  安里家礼騰住家類人曽  常無里家留
      
昔と変わらない石室は今もあるが、以前住まわれていた人ははや亡くなって居られない 

                         
「久米の石室(いわや)」の洞窟内から

博通法師 
309   石室戸(いはやど)に立てる松の樹汝(な)を見れば昔の人を相見るごとし
             石室戸尓 立在松樹  汝乎見者昔人乎 相見如之 
       
石室の戸口に立っている松の木を見れば、昔の人に会ったようです

河邊宮人
434   風早(かざはや)の美保の浦廻(うらみ)の白躑躅(しらつつじ)見れども寂(さぶ)し亡き人思へば
            
  加座ハ夜能  美保乃浦廻之白管仕  見十方不怜  無人念者
       
風早の美保の浦べの白つつじ、見ていると亡くなった人のことを思いさみしい


河邊宮人
435   
みつみつし久米の若子がい触ふりけむ磯の草根の枯れまく惜しも
 
             見津見津四  久米能若子我伊觸家武  礒之草根乃  干巻惜裳
       
勇ましい久米の若子が触れたであろう磯辺の草、枯れてしまいほんとに惜しいことよ


                      
  久米の石室

 巻 四
 
1220  妹が為玉を拾ふと紀の国の由良の岬にこの日暮らしつ
                為妹  玉乎拾跡  木國之  湯等乃三埼二此日鞍四通
       
あなたの為に真珠の玉を拾おうとして、紀の国の由良の岬に夕暮れまで居りました

1228  
風早(かざはや)の三穂の浦廻を榜ぐ船の舟人騒く波立つらしも
                
風早之  三穂乃浦廻乎  榜舟之  船人動  浪立良下
       
風早の三穂の浦を漕いでいる船の舟人騒いでいる、風が強くなってくるのかも

                              
       
                       海岸の岩に嵌められた歌                                  三尾の湾

巻 七

1343  言痛(こちた)くばかもかもせむを磐代の野辺の下草吾(あれ)し刈りてば
          
事痛者 左右将為乎  石代之  野邊之下草  吾之苅而者[一云 紅之 寫心哉 於妹不相将有
      
噂がたつともなんとかなりますよ、磐代の野辺の下草はわたしが刈り取ります
       
  

巻 九  

1668   白崎は幸(さき)くあり待て大船に真梶繁貫(まかぢしじぬ)きまたかへり見む
                 
白埼者 幸在待  大船尓 真梶繁貫又将顧
      
白崎は待っていて下さい、大きい舟に梶をたくさん通してまた見に来ます
       
 
           
 
                            白 崎                                                          歌碑

 

1669 南部の浦潮な満ちそね鹿島なる釣する海人(あま)を見て帰り来む
                 
三名部乃浦  塩莫満  鹿嶋在釣為海人乎 見變来六
        南部の浦の潮いっこうに満ちて来ない、鹿島で釣りしてる海人を見てから帰って来た  

                       
                     鹿 島                           歌 碑                                   

1670 朝開き榜ぎ出て吾(あれ)は由良の崎釣する海人を見て帰り来む
                
朝開  滂出而我者  湯羅前釣為海人乎  見反将来
       
朝明けにわたしは漕ぎ出て、由良の岬で釣りをする人を見て帰って来たよ

1671  
由良の崎潮干にけらし白神の磯の浦廻(うらみ)を喘(あべ)て榜ぎ響(とよ)
              
 湯羅乃前  塩乾尓祁良志白神之 礒浦箕乎  敢而滂動 
         
由良の崎は引き潮だろうか、白神の磯の浦をあへて漕ぎひびいてる事よ

山上(やまのへ)
1716 白波の浜松の木の手向ぐさ幾代までにか年は経ぬらむ
                 
白那弥乃 濱松之木乃 手酬草幾世左右二箇  年薄經濫  
        
白波の立つ浜辺の松の木にある手向の品は幾年くらい年が経たものだろう

 

巻 十二

3037  殺目山行き交ふ道の朝霞ほのかにだにや妹に逢はざらむ
                殺目山徃反道之  朝霞 髣髴谷八  妹尓不相牟
       
切目山の行き交う道に出る朝霞の中に、ほのかにでも妹に逢えないものだろうか

                                    
                                  
中山峠中山王子)                          切目王子の歌碑(平成20年12月建立)

Home   このページのTOPへ