道成寺の七不思議                                 目次へ          

                                     道成寺 小野俊成院代

四、鐘楼の位置

道成寺の仁王門をくぐってすぐのところに、「鐘巻之跡」という石碑があります。ここが初代の鐘楼(しょうろう)の跡で、安珍が焼け死んだ所と言い

伝えられて来ました。
 

ところが、この言い伝えは間違いらしいことがわかりました。

道成寺は昭和60年代に、境内の発掘調査が行われ、法隆寺を左右逆にした伽藍配置であったことがわかりました。とすれば、法隆寺に今も残る

鐘楼の位置を、左右逆にして道成寺にあてはめて見ると、道成寺の初代鐘楼の場所が推定できることになります。

そうして割り出された位置は、言い伝えと全く違うところでした。
 

では、どうして言い伝えを間違ってしまったのでしょうか。

それは「道成寺縁起」の構図に原因がありそうです。

絵巻物は、長い絵巻を少しでも短く、分かりやすくするため、物語の順に絵を描きます。

安珍が逃げてきて、仁王門をくぐり、釣鐘に隠される、という順番で描かれ、その絵巻を使いながら毎日「絵解き」という説明をくり返す内に、「鐘楼

は仁王門の近くにあったに違いない」と思うようになったのではないでしょうか。

                                                           道成寺縁起(部分)

一方、法隆寺との比較で割り出された場所には、入相桜(いりあいざくら)という桜の植え込みがありました。この桜は、江戸時代の「紀伊国名所

図絵」にも出てくる大木で、三十三本の支柱で支えられ、六間(約10メートル)離れた本堂の縁側まで枝が届き、縁側から桜を和歌に詠んで、短

冊を枝につるせた、と記されています。

安珍清姫伝説にちなむ文楽が作られた時、この桜にちなんで「日高川入相花王」(ひだかがわいりあいざくら)と名付けられるほど、江戸時代に

は有名な大木でした。

 

紀伊国名所図会

文楽

古今和歌集に能因法師の和歌があります。

              山里の 春の夕暮れ 来て見れば 入相の鐘に 花ぞ散りける

お寺の鐘は、日の出と日没のころに六つずつ打つことが多いようです。このうち夕方の鐘は、日の入り合い時に打たれるので「入相の鐘」(いりあ

いのかね)と呼ばれます。

道成寺では、いつの時代か釣鐘がなくなり、鐘楼の跡を踏み荒らさないように桜が一本植えられたのではないでしょうか。夕方になり、「ああ、本

当なら入相の鐘を打たねばならないのに」と思いながら見上げるうちに、その桜はいつしか入相桜とよばれるようになったのではないでしょうか。
 

入相桜は、大正まで残り、和歌山県の天然記念物に指定されていましたが、幹が折れ、指定は解除されました。今は二代目か三代目の桜が枝

を広げています。

子孫の桜があるので、この植え込みは発掘調査されませんでした。ただ、その周囲からは焦土が見つかりました。道成寺の初代鐘楼と推定され

る場所付近で、なんらかの火事があった可能性があります。

真相をご存じなのは、道成寺に千年以上立っておられる仏様方だけなのでしょう。

 

                                            、三重塔の秘話     目次へ     御開帳と秘仏