Top理容人生
contents項目top
アニマルゾーンtop
Welcome to a animal zone





 
人を知らんと欲すればまず動物を知れ
 人は人間が考えるほど利口ではなく、動物は人間が考えるほど馬鹿ではない。
動物についてWEB検索する。
     
ムービーメーカで編集してYouTubeに投稿し、埋め込みコードでサイトに取り込む。2014.4
YouTubeのマイチャンネル
を見る 


 
    外部リンク
東山動植物園TOP 動物高画質写真  東山動植物園
名古屋の動物病院一覧 動物の鳴き声  中国名大熊猫を動画で見る
鶏の種類  動物への接し方   巨大動物図鑑
日本の動物園めぐり 国際生物多様性の日  動物ミステリーゾーン
富士サファリP 日本モンキーパーク  京都大学霊長類研究所
美人猫の館 
黒猫がマウスを追います
 愛、動物博  かわいそうなぞう
動物水彩画  浜松動物園    Tenple of crts 
動物陶器 ビデオ猛獣対決 アニマルプラネット
燕の巣立ちへ 銀杏の採りかた  横浜市ズーラシア
nora猫騒動 苔の寄せ植え  animaru救え絶滅動物
蝉の巣立ち プレコストムス  THE ANIMALS
故郷のビオトープ 日本の世界自然遺産
アクアトト岐阜 ミナミヌマエビの胎卵生態ゲット  .zooネットワーク 
 FacebookページBoxの作り方

    Tweet

東山動植物園


 
名古屋市東山動物園で日本猿がサル山から脱走した騒動があり、塀をかさ上げし2010年4月13日がリニューアルオープンでした。
  たまたま店が定休日で出かけると一般カメラマンに混じりテレビ局が取材に来ていて、飼育係りも様子を眺めていました。現場「下の写真」を眺めると灰色部分がかさ上げした塀部分ですが、これだけ高低差があれば素人でも高い鉄柱から低い塀に跳躍しやすいと感じましたね。
 今回塀をかさ上げして鉄柱の頭に踏ん張れないような無数の突起をつけたそうですが、設計の段階で気がつかないことが気になります。まさに人は人間が考えるほど利口ではなく、動物は人間が考えるほど馬鹿ではない。です。
 当園は市民のアオシスとして旭山動物園に倣い今後もさまざまな工夫や改修が計画されていて市民には楽しみですが、改修に先立って動物の能力をみくびっていた人間の浅知恵を、脱走猿「ご先祖さま」が知らせてくれたことは幸いなことでした。(^−^; 脱走したのが猛獣でなくてよかった!。\(◎o◎)/ !
  写真右の向かって右が人間に一泡吹かせて反省を教えた感謝すべきご先祖さまです。横向いていますネ。



一回目のムコドノの脱走。
ムコドノは野性猿で勝手に猿山に入り込み、先住の7匹のメスに8匹の子を産ませた猛者。??(? ???) 日本猿は成人すると群れを離れる習性があるとは言え、衣食住で昼寝付、7匹のメスに囲まれた桃源郷を捨てたご先祖さまの行動は驚く。真似ができないね。 ( ゚ω゚;)
外部から進入できればいつでも脱出できる。安住は生物の生きる本能からすると頽廃かも知れない。
ムコドノはしいの実などが多い隣接する植物園で60名の刺客から悠々と逃げてスリルを楽しんでいるようだ。今回はヒトが反省して写真のように灰色部分の塀をかさ上げしてその上鉄柱の上に針のような突起をつけたが、野性の能力はそれを凌ぐ跳躍力で,「人間はヒトが考えるほど利口ではなく、動物はヒトが考えるほど馬鹿ではない」。2012.10
自作の動物動画YouTube投稿
その他の動画
ペットのような可愛いハエトリグモの顔 犬のように投げたものをもってきて尾をふる猫
 あれから4ヶ月のミーチャン  ミーチャン ジョコビッチに猫パンチ
 nora猫その3。不思議な縁 猿のおねだり  nora猫その2  飼いやすいモツゴ2 
 nora猫その1  モツゴの飼い方    あれから4ヶ月のミーチャン
 鶏の種類 名古屋農業センター  動物の絵 動物たちの自画像  猫のいる風景
 愛知牧場  我が家のビオトープ 猫の天国と地獄  ハクトウ鷲
 アカンベーする東山動物園の袋手長猿
 
 孫悟空のモデル キンシコウ 名古屋東山動物園 
 
 名古屋港水族館のイルカ 2014.3.18Picasaウエブアルバムのスライド
 
  「川魚のモツゴの飼い方」 
 
尾張4観音の龍泉寺&猫
 
 

   パンダの子育て
 
 テレビで「ムツゴロウのゆかいなパンダ物語」を見た。パンダは双子を産んだ時に母親は一匹だけを膝の上で育てる習性がありもう一匹は死ぬことになる。人馴れした飼育場のパンダが双子を生んだ場合は人の手により二匹とも育てて自然に返そうという記録の番組である。
 生まれた直後に捨てられる運命の子パンダを人間が拾い飼育室で育て、少し成長したころにその子パンダを連れて檻に入り隙をみて取り替えるのである。、
 目が見え歩けるようになると二匹の子パンダは初めに育てられた”親”を慕って「追い鳴き」をするようになる。母パンダが外の運動場出た時は育てられた弟パンダが追い鳴きし、人間に拾われた兄パンダは飼育人に追い鳴きをする。この時期を見計らって弟と母パンダの居る檻に兄パンダを置き去りにして飼育人は外へ出ると兄は飼育人を慕い追い鳴きをする。檻の中から飼育人の居る外へ出たがって鉄格子に顔を突っ込み激しく鳴く。するとその声に母パンダの本能がうずくのか、膝の上の弟を傍らに置いてむっくらと起きて歩き出し鉄格子に頭を突っ込ませている兄の後ろから身体を咥えて頭を出そうとする。
 この時の無理に引きずり出すことはせずに、角度を変えて頭が抜ける位置を探して慎重に取り出す親の行動は感動する。
 こうして兄弟はひとり立ちするまで母パンダに同じように育てられ野に返される。信頼できる飼育人だけが成せる技だが二匹の子パンダの乳を欲しがる時の鳴き声は同じだから親の本能でしよう。
 ムツゴロウ氏は感極まった表情で「動物はすばらしいですね!」氏のこの「は」は動物より優れた知能を持ちながら愚かな行動をとる人間への悲しみが言外に込められているような気がする。


 
 
  新春を飾った身近な動物たち  2005.1.7
   
 アニマル俳句 身近で小さな生き物たちの詩
若鮎の 河口堰超え 助けむか

捨て子猫 あやす少女は 子の匂ひ 
野鮎には 聞こえぬ囃し 川下る

出迎える 飼い猫死にて 寒の家 
農道で 動かぬ構え 夕蛙

水濁す かと水遁の 術遣ふ  

知らぬ世を 列なし泳ぐ 登り鮎
夜はふけて 明日をささやく 浅利かな

山路行く 足音途切れ 初音かな        
囀りの 静まる空の 広さかな


囀りの 鍬持つ人も 安らぎぬ          
登り鮎 荒らせ高巻 轟けり

釣人の 跡を汚して 鷺白し            
かとの群れ 水の中にも 日向かな

長雨に 蝉の初鳴き まとまらず         
鳴けばなほ 清流深む 河鹿かな

糸とんぼ 止まる釣竿 大過なし         
かなかなや 唇青し 水浴子

初鳴きの こうろぎ滲みて 長湯かな      
寒鯉の 動けば軋む 水の面

立て直し しても逆さに 金魚死す        
メダカの子 卵の中で ギョロ目しぬ
 て直 

ぺージtop↑