←CatsGo!Move your mouse! 















カウンター翻訳Translation
Top理容人生

contents項目top
アニマルゾーンTop
AnimalZone
美人猫の館
Adorablecat
room
  

左上に注目!マウスを絵のなかで動かすと左上から
黒ネコが現れて追いかけます。
 
There are cat chasing a mouse.
 


 マウスを追いかける猫が現れるので桜の咲く田畑で遊ばせよう。屋根の上や桜の木、畑の柵、お婆さんの背中に駈け登ったり、ネギ畑を走らせてみよう。動かさないとすぐにグーグー居眠りしるよ〜 。人と動物と自然が一体した穏やかで幸せで大切にしたい光景。「猫じゃらし」のボタンも面白いぜ〜!。 
YouTubeの投稿画像は「追いかけ猫NO1」で一発検索
 
play among the chasing cat picture. 
「美人猫の館」で700万件中一位で検索
動かないときは再起動を!。
 こちらは文字がマウスを追います
ホームページ×ネット=優れたパホーマンス
 猫を飼うと幸せになる。

 ワンコは主人に従う僕、猫は人間の対等なパートナーという振る舞いです。
前者は人間の役に立つ利口さと従順さがあり、後者は家庭内では対等の関係で仲間意識。同じ家族の一員だが
前者はボスに従う配下。後者は対等な兄弟の信頼関係。

今日核家族&高齢者社会となり独居老人が増えて孤独死や痴ほう等で寂しい末路です。
この独居老人を元気づけるのがこのペットによる信頼関係です。

殺処分を待つ子犬、子猫の小さな命を預かって育てる行為が、家族や仲間を得て孤独から解放されるだけでなく、
長寿の健康体をつくるのです。行為は明確な目的をつくり生活にリズムをもたらし、正面を向いて歩けるようになる。
近年「長寿の健康体は自分で作れる」という研究が学者から発表されたが、その意味は「自分の欲望を満たす目的
ではなく、他人や社会のための行動が長寿の健康体をつくる」です。

主は家族のために働き、妻は家族の健康のために料理をつくる。良い家庭はこのような他者愛であり
難しくもないし、珍しくもない。この穏やかな愛が生物として、体内の老廃物を排出させる遺伝子が働き
排出する数値が高くなって老化を遅くする。

愛とは自己愛ではなく他者愛であるべきで、その愛が良い結果、健康体をもたらす。愛に始まり愛に終わる。
   鶏の種類      
Artの入り口 
生物多様性の日 
 文字の追っかけ
 和み猫
 

 
   
The mansion of a beauty cat
マウスで下の猫じゃらしして遊ぼ〜!

    
Amazon商店で玩具を探す

  外部リンク
東山動植物園TOP 動物高画質写真  アニマルプラネット
名古屋の動物病院一覧 動物の鳴き声  中国名大熊猫を動画で見る
鶏の種類  動物への接し方   巨大動物図鑑
日本の動物園めぐり 国際生物多様性の日  動物ミステリーゾーン
富士サファリP 日本モンキーパーク  京都大学霊長類研究所
  美人猫の館  愛、動物博  かわいそうなぞう
動物水彩画  浜松動物園    Tenple of crts 
動物陶器 ビデオ猛獣対決 東山動植物園
燕の巣立ちへ 銀杏の採りかた  横浜市ズーラシア
ビァジョッキ  苔の寄せ植え  animaru救え絶滅動物
蝉の巣立ち プレコストムス  THE ANIMALS
 4面花器の回転 故郷のビオトープ 日本の世界自然遺産
アクアトト岐阜 アフリカサイ  .zooネットワーク 
猫とネットで遊ぶバンデカムで収録
 
 
   

 横置き型スライドショー

 神秘、孤高で愛らしき伴侶たち
 
 マウスで遊ぶ猫ちゃんのどこを触れ
れば
じゃれる 鳴くのどを鳴らすだろうか?
外部猫サイト Tenple of crts  
 ブログペット「迷子の黒猫 Maukie」
 

 
猫の動画投稿一覧

 〇マウスを追う猫と遊ぶ
 〇犬のように投げたものをもってきて尾をふる猫

 〇やんちゃ盛りのミーチャンに苦肉の策
 〇あれから4ヶ月のミーチャン

 〇ミーチャン名古屋っ子になる。

Facebookから頂きました
自作ミーアキャット 
自作  
自作、今は亡きペット 
自作、今は亡きペット
あれから4ヶ月
2015年7月5日に我が家に来た野良猫ミーチャンは、掌に乗るサイズは約3倍、自分の名前を自覚し振り向いて、夜間にはゲージに入れるが、朝に出すと微妙に違う猫語を発してしばらくは離れません。
動物を含む動画投稿は250本のユーチューバー 投稿一覧
 猫の天国と地獄
 名古屋市動物愛護センター訪問 2014.5
YouTube投稿 
 4ヶ月前の野良の子猫 2015.7.5
岐阜県瑞穂市「旧穂積」の父の実家から7月4日に電話がきた。
「野良猫が4匹の子猫を連れて庭にくるのでそのうち捕まえて持っていく」
5日の朝「車庫に入ったから閉じ込めた。明日には持っていける。」
5日の昼「今捕まえたからこれから持っていく」
鳥かごに一匹づつ入った二匹が高速で我が家にやってきた。
「この子のほうがおとなしい」という助言でアメリカンショートヘアー風な子を貰った。
岐阜県瑞穂市の従兄弟邸のに遊びにきた親子

名古屋の拙宅です
その他のニャンコ衆

 
エッセイ和み猫     
 両足を開いて仰向きに寝た猫を陶器で作った。我が家の猫で飼い主を信頼した甘えのポーズである。この猫を陶磁器資料館の作陶室で受け取った時に、近くにいた生徒の一人が私に言った。『係り員から聞いたんだけど窯から出した時に悲鳴をあげたんだって、てっきり野良猫が入り込んで焼け死んだと思ったんだって』 
 猫は陶芸でよく作られる身近な動物だが小さくて座ったポーズが多い。この作品のような等身大で仰向きは見方によっては手足で空をつかんだ悶絶死に見えなくもない。気の毒なような我が意を得たような複雑な気持でした。
 この猫を通行人から見えるように店のウィンドウ脇にミニフトンに寝かせているのだが、通行人がこの猫を目に止めると多くの人が目を細めた笑みを漏らしてくれる。なかには近づいてしげしげと眺め和んだ表情を見せてくれる。 私はこうした通行人の反応を店内から眺めていて本望であった。
 陶芸に限らず芸術創作の主目的に他ならないからだ。一つの動物作品が他人を和ませることは生き物への愛とか生命を尊ぶことにつながり作者冥利につきる。私はこの猫をまねき猫ならぬ和み猫と名付けた。
こたつ寝の 背骨突き出る 老ひし猫    順風 1999.3

エッセイ肖像  水濁す かと水遁の術 使ふ                         かと「おたまじゃくし」のこと
 私たちは生活のなかで水辺や土、草花に接するとホット心休まるものを感じる。これは人間が自然の一員であることを本能的に察して心が癒されるのだろう。換言すれば現代はいかに反自然のなかの生活をしているかの現われかも知れない。そんな折に各地に大規模な水族館がオープンしているが、人間の自然回帰の血が騒ぐのだろう。また都市化、合理化、機械化されていく現代の拒否反応だろうか。
 全ての生物は水より誕生し私たちも母体の羊水より生まれでた。従って水辺にはさまざまな動植物が集合する。澄んだ水の世界には色も形もさまざまな魚たちがひれを巧みに操って優雅に小宇宙を泳いでいて、いつまでも見飽きない世界である。
 魚に限らず地球上の生物たちは何と不思議で個性的な形をしているのだろうか。飛ぶ鳥は飛びやすく、泳ぐ魚は泳ぎやすく、走り動物は走りやすいように、無駄のない美しい姿で環境に適応している。そして懸命にまた本能的に生を営む彼らの姿は立派で、表情も魅力的で私の創作意欲をかりたてる。小蛙一っ匹作陶するにしろ描くにしろ私は彼らの尊厳を損なはないよう文句を言はれないよう気をつかう。
 私が土とペン、筆で創る彼らの肖像は、失われていくかけがいのないものを自分の手で蘇らせたい、遺したいという愛惜の念であると同時に、川や海を守るためにはそこに棲む生物をいかに愛せるかの創作表現の追及である。
 1984. 
動画  我が家のペツトたち 関連サイトアニマルゾーンTop